健康・医療新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

今までに報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告についての情報をお届けします。

 ※報告される医療機関・医師の方へ:報告方法はこちらをご覧ください。
 

報告された事例について

 接種後に生じうる副反応を疑う事例について、医療機関に報告を求め、収集しています。
 ワクチンと関係があるか、偶発的なもの・他の原因によるものかが分からない事例も数多く報告されます。透明性の向上等のため、こうした報告のあった事例を公表しています。
 収集した報告について、厚生労働省の審議会に報告し、専門家による評価を行います。こうした結果を公表するなどして、安全性に関する情報提供などを行っていきます。

 これまでに報告された副反応疑い報告については、下記の審議会の資料をご覧ください。

 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)

▷令和3年2月26日開催  
 令和3年2月17日~令和3年2月25日までの報告分の症例一覧はこちら(資料1 別紙)。
 これまでの報告によって、安全性において重大な懸念は認められないと評価されました。

 
 また、これまでの、アナフィラキシーについての報告事例一覧(3月8日更新、計8例)はこちらへ。

ページの先頭へ戻る

報道発表資料等

ページの先頭へ戻る