マタニティマークについて

マタニティマークを通した妊産婦にやさしい環境づくりにご協力ください

思いやりのある行動をお願いします。体調の悪そうな妊婦さんに気づいたら声をかけましょう。電車やバスなどで妊婦さんに席を譲りましょう。妊婦さんの近くでは喫煙をやめましょう。

マタニティマーク

 妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。
 国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指し、「マタニティマーク」を発表しました。マークは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲に妊婦であることを示しやすくするものです。また、交通機関、職場、飲食店等が、呼びかけ文を添えてポスターなどとして掲示し、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進するものです。

マタニティマークとは?

  • 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
  • さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

 マタニティマークのデザインは、ダウンロードして自由に使うことができます。通勤や、健康診査等の通院などにお役立てください。

マタニティマークの使用に関するお知らせ



 マタニティマークは厚生労働省が商標の登録をしています。妊産婦にやさしい環境づくりの推進を図るため国民に対して広くマークを普及する目的から、マタニティマーク使用規定に基づき使用する場合には、デザインを自由にダウンロードして使用することができます。使用方法については、マタニティマークのデザイン及び利用方法を御参照ください。

 ただし、マタニティマークを改変して類似するデザインを使用することは、商標権侵害に当たるためご注意ください。また、営利目的で使用することは差し控えていただきますようお願いします。
 
 マタニティマークは、妊産婦さんの安全性と快適さを確保するための大切なマークです。今後とも、妊産婦にやさしい環境づくりの推進に御協力お願いいたします。

関連資料

「健やか親子21」を推進しています

妊娠中から子育て中の親子とそのご家族が、自らの健康に関心をもち、学校や企業等も含めた地域社会全体で子どもの健やかな成長を見守るとともに、子育て世代の親を孤立させないよう温かく見守り支える地域づくりをすることを目指しています。

皆さんで、子どもが健やかに育つ社会を築くための取組です。厚生労働省ではすべての子どもが健やかに育つ社会の実現を目指し、関係者と一体となって「健やか親子21」を推進しています。(シンボルマーク「すこりん」健やか親子21)

問い合わせ

厚生労働省子ども家庭局母子保健課

電話番号
03-5253-1111(内線 4982)
FAX
03-3595-2680
メール
sukoyaka21@mhlw.go.jp