ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 原子爆弾被爆者対策> 被爆者に対する各種福祉事業

被爆者に対する各種福祉事業

原子爆弾被爆者(一般・特別)養護ホーム

 原子爆弾被爆者(一般・特別)養護ホームへの入所は、原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律第39条に基づくものであり、施設の運営及び入所者の生活に要する経費等を補助しています。

(1)原子爆弾被爆者一般養護ホーム

  定員 開設時期 運営者
広島:舟入むつみ園 100人 昭和45年4月 (公財)広島原爆被爆者援護事業団
長崎:恵の丘長崎 50人 昭和45年4月 (社福)純心聖母会

(2)原子爆弾被爆者特別養護ホーム

  定員 開設時期 運営者

広島:神田山やすらぎ園

倉掛のぞみ園

矢野おりづる園

100人

300人

100人

昭和57年6月

平成 4年7月

平成19年4月

(公財)広島原爆被爆者
      援護事業団

(社福)広島常光福祉会

長崎:恵の丘長崎

かめだけ

300人

55人

昭和55年4月

昭和55年7月

(社福)純心聖母会

(公財)被爆者福祉会

介護保険等利用被爆者助成事業

 介護保険法に規定する介護福祉施設サービス又は通所介護、短期入所生活介護若しくは小規模多機能型居宅介護等を受け、当該費用を負担する被爆者、及び老人 福祉法に規定する養護老人ホームまたは特別養護老人ホームに入所し、当該施設の入所に係る費用の一部を負担する被爆者に対して、利用者負担の軽減措置を 図っています。

訪問介護等利用被爆者助成事業

 介護保険法に規定する訪問介護等を受け、当該費用を負担する被爆者に対して、利用料自己負担分の助成を行っています。(所得制限があります。)

原爆被爆者相談事業

 各都道府県、広島市、長崎市に相談員を配置し、健康管理に関すること、医療に関することなど、被爆者の相談に応じ、助言指導を行っています。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 原子爆弾被爆者対策> 被爆者に対する各種福祉事業

ページの先頭へ戻る