ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 看護関連政策> 助産所における連携医療機関確保について

助産所における連携医療機関確保について

 

平成29年に医療法が改正(平成29年10月1日施行)となり、
○出張のみによって分娩を取り扱う助産師についても、母児の安全確保の観点から、連携する医療機関を定めること
○妊産婦の異常に対応する医療機関名等について、担当助産師が妊産婦等へ書面で説明すること
が義務付けられました。

 

 

 

 

平成29年度厚生労働省看護職員確保対策特別事業において、「助産所における連携医療機関確保推進の手引き」を作成しましたのでご活用ください。

 

 

 

 

 

厚生労働省医政局看護課 看護企画係
東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
郵便番号100-8916
電話番号03(5253)1111 (内線:2654)

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 看護関連政策> 助産所における連携医療機関確保について

ページの先頭へ戻る