令和2年度「医療機関における外国人患者の受入に係る実態調査」について

厚生労働省では、各医療機関における外国人に対する医療提供体制の現状を継続的に把握することが重要であると考えています。
そのため、昨年度までに引き続き、医療機関を対象とした調査を行うこととしました。

〇調査対象
 ・全国の病院
 ・京都府及び沖縄県内の診療所・歯科診療所

調査対象の医療機関におかれましては、以下の作業要項及び調査票の記載を踏まえてご協力の程宜しくお願いいたします。
過去に外国人患者を受入れた実績がない医療機関におかれても調査にご協力いただきたく、重ねてお願いいたします。

調査には内容の異なるAとBの2種類の調査票をご用意しておりますので、A、B双方の作成をお願いいたします。
以下よりダウンロードし、Excel形式のままご記入の上、下記提出先へメールにより提出してください。
※当該調査票の動作環境としてMicrosoft Excel 2010以降のバージョンが必要です。

<病院ご担当者様へ>
 ・調査票A(病院用)(Excel)
 ・調査票B(病院用)(Excel)

<診療所・歯科診療所(京都府及び沖縄県)ご担当者様へ>
 ・調査票A(診療所用)(Excel)
 ・調査票B(診療所用)(Excel)

<作業要項>
 作業要項(PDF)

<調査票の提出先>
 調査票の提出先(メールアドレス)は9月末頃に掲載します。

<調査票の提出締切>
 ・調査票A:令和2年10月20日
 ・調査票B:令和2年12月16日

 

【照会先】

厚生労働省医政局総務課
医療国際展開推進室
(代表)03-5253-1111(内線2678、4116、4108)