ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 子ども・子育て> 子ども・子育て支援> 保育関係> 就職準備金貸付事業の取組状況について

就職準備金貸付事業の取組状況について

 保育士確保が喫緊の課題となっている中、保育士としての資格を持ちながら働いていない方が再び、保育士として働ける環境を整備することが重要な課題となっています。

 厚生労働省としては、このような方に対する支援として、平成28年より、最大 40 万円の就職準備金の貸付を行っています。
各自治体の取組状況

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 子ども・子育て> 子ども・子育て支援> 保育関係> 就職準備金貸付事業の取組状況について

ページの先頭へ戻る