ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 水道対策> 水道分野における国際貢献> 水道産業の国際展開推進のための取組> 令和元年度水道インフラシステム輸出拡大推進に係る調査・検討等一式

令和元年度 水道インフラシステム輸出拡大に係る調査・検討等一式

重要なお知らせ

  • 「ラオス-日本 水道カンファレンス2020(MaWaSU2共催)」開催案内(令和2(2020)年1月実施)
  • 「インドネシア-日本 水道施設の地震災害対策に資する耐震基準策定支援ワークショップ2020」開催案内(令和2(2020)年2月実施)

ページの先頭へ戻る

令和元年度水道インフラシステム輸出拡大に係る調査・検討等一式

 厚生労働省は、日本の水関連企業が有する技術を海外市場において提供することによって、アジア諸国における衛生的な水供給の確保に貢献するとともに、日本の技術・経験をアジアの持続可能な成長のエンジンとして活用し、アジアの成長を日本の成長に確実に結実させるため、日本の水道産業の国際展開を推進しています。
 このページでは、厚生労働省が実施している事業について、公募状況や実施状況などについて掲載しています。

「ラオス-日本 水道カンファレンス2020(MaWaSU2共催)」開催案内(令和2(2020)年1月実施)

参加者募集

 厚生労働省では、東南アジア地域の開発途上国に対する日本の水道産業の国際展開支援を目的として「水道インフラシステム輸出拡大に係る調査・検討」を実施しているところです。今年度はラオスを対象国の1つとし、JICAの実施する「水道事業運営管理能力向上プロジェクト(MaWaSU2)」と共催で、カンファレンス・現地ヒアリングを下記のとおり開催いたします。
 つきましては、本カンファレンス・現地ヒアリングに御参加いただく方を募集します。ラオスでの事業展開に関心のある日本国内の水道事業関係者の皆様の御参加を心よりお待ち申し上げます。なお、お申し込みの締切は令和元(2019)年11月末日とさせていただきます。
 
〇目的
 両国は、2019年2月のカンファレンスにおいて日本とラオスの水道分野における連携協力の議事録を取り交しており、今年度はそれらを実行・発展させるという位置づけの取組となります。
 「水道事業運営管理能力向上プロジェクト(MaWaSU2)」と連携し、ラオスの課題解決に向けて、次のテーマでカンファレンスの開催と現地ヒアリングを行います。
〇テーマ
テーマ1:ラオスで適用可能な本邦技術・製品の紹介について
テーマ2:技術協力・連携の現状と展望について
〇スケジュール
令和2(2020)年1月28日(火)~29日(水):カンファレンス
           1月30日(木) :カンファレンスと現地ヒアリング
〇カンファレンス等プログラム
 別添参照
〇応募対象者
 水道事業の海外展開についてご興味をお持ちの日本国内の民間企業
〇お申込方法
 カンファレンス等へのお申込みや詳細な日程等のお問い合わせは、下記事務局にご連絡ください。なお、旅費・宿泊費等については、実費負担となる旨、ご了承ください。
〇備考
 本調査・検討においては、現地の水道事業及び水道事業関係者に知見・交流のある日本国内の水道事業者等に同行いただく予定です。また、調整の結果、スケジュール変更等が生じた場合、下記事務局より参加申し込みいただいた方々へご連絡致します。
〇事務局問合せ先(事業受託者)
公益社団法人 国際厚生事業団(JICWELS) 北島
Email:jigyo@jicwels.or.jp
Tel:03-6206-1137

カンファレンスプログラム(PDF)

「インドネシア-日本 水道施設の地震災害対策に資する耐震基準策定支援ワークショップ2020」開催案内(令和2(2020)年2月実施)

参加者募集

 
 
 厚生労働省では、東南アジア地域の開発途上国に対する日本の水道産業の国際展開支援を目的として「水道インフラシステム輸出拡大に係る調査・検討」を実施しているところです。今年度はインドネシアを対象国の1つとし、インドネシア公共事業国民住宅省と共催で、標記ワークショップ・現地面談を下記のとおり開催いたします。
 つきましては、本ワークショップ・現地面談に御参加いただく方を募集します。インドネシアでの事業展開に関心のある日本国内の水道事業関係者の皆様の御参加を心よりお待ち申し上げます。なお、お申し込みの締切は令和元(2019)年11月末日とさせていただきます。
 
〇目的
 2019年3月にジャカルタにてインドネシア公共事業国民住宅省と共催にて実施した現地セミナー「水道分野の防災・減災等災害対策」において、インドネシア公共事業国民住宅省人間居住総局長より、日本への水道施設の地震災害対策に資する耐震基準策定支援が要請されました。今年度はそれらを実行・発展させるという位置づけの取組となります。
 インドネシア公共事業国民住宅省、インドネシア水道協会等と連携し、インドネシア当該課題の解決に向けて、次のテーマでワークショップの開催とその他現地面談を行います。
〇テーマ
 テーマ:水道施設の地震災害対策に資する耐震基準策定支援
〇スケジュール(現在インドネシアと最終調整中)
令和2(2020)年2月17日(月) :現地面談等
          2月18日(火)~20日(木):ワークショップ
          2月21日(金) :現地面談等
〇ワークショップ等プログラム
 別添参照
〇応募対象者
 水道事業の海外展開についてご興味をお持ちの日本国内の民間企業
〇お申込方法
 ワークショップ等へのお申し込みや詳細な日程等のお問い合わせは、下記事務局にご連絡ください。なお、旅費・宿泊費等については、実費負担となる旨、ご了承ください。
〇備考
 本調査・検討においては、現地の水道事業及び水道事業関係者に知見・交流のある日本国内の水道事業者等に同行いただく予定です。また、調整の結果、スケジュール変更等が生じた場合、下記事務局より参加申し込みいただいた方々へご連絡致します。
〇事務局問合せ先(事業受託者)
公益社団法人 国際厚生事業団(JICWELS)担当 北島
Email:jigyo@jicwels.or.jp
Tel:03-6206-1137

 セミナープログラム(PDF)


 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 水道対策> 水道分野における国際貢献> 水道産業の国際展開推進のための取組> 令和元年度水道インフラシステム輸出拡大推進に係る調査・検討等一式

ページの先頭へ戻る