ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 子ども・子育て> 子ども・子育て支援> 保育関係> 「不適切保育に関する対応についての調査研究」について

不適切保育に関する対応についての調査研究」について

 

児童福祉施設の設備及び運営に関する基準(昭和23 年厚生省令第63 号)第9条の2においては、「児童福祉施設の職員は、入所中の児童に対し、(中略)当該児童の心身に有害な影響を与える行為をしてはならない」との不適切保育や虐待を禁止する旨の規定が置かれています。

今般、令和2年度子ども・子育て支援推進調査研究事業「不適切な保育に関する対応について」(実施主体 株式会社キャンサースキャン)において、保育所内での不適切保育等を防止するための方策や発生したときの対応についての手引きの作成及び保育所内での不適切保育等に対する都道府県及び市区町村の対応等に関する実態調査を行いました。

本調査研究事業の結果について下記URL に掲載されておりますのでお知らせいたします。

また、厚生労働省にて本調査研究の概要資料を作成しましたのでこちらも併せて周知をお願いいたします。

○「不適切な保育に関する対応について」(実施主体 株式会社キャンサースキャン)
・(報告書)https://cancerscan.jp/research/801/

 

厚生労働省 子ども家庭局 保育課 企画調整係
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5253-1111(内線4839、4854)

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 子ども・子育て> 子ども・子育て支援> 保育関係> 「不適切保育に関する対応についての調査研究」について

ページの先頭へ戻る