福祉・介護認知症施策について

1.認知症に対する取り組み

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)

今後の高齢化の進展に伴いこれまで以上に認知症の人が増えていくことが予測されることや、高齢化に伴う認知症の人への増加への対応が世界共通の課題となっていることを受け、厚生労働省は関係省庁と共同で「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~(新オレンジプラン)」を平成27年1月27日に公表しました。(平成29年7月5日改訂)

団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据え、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会を実現することを目指して、「認知症の人にやさしい地域づくり」を推進していくため、新オレンジプランの7つの柱に沿って施策を総合的に推進していきます。

これまでの認知症関係施策のあゆみ

これまでの認知症関係施策のあゆみ

ページの先頭へ戻る

2.調査研究

老人保健健康増進等事業

厚生労働科学研究

日本医療研究開発機構(AMED)研究

ページの先頭へ戻る

3.震災関連情報(認知症関係)

ページの先頭へ戻る

4.関係事項

ページの先頭へ戻る