子ども・子育てひとり親世帯臨時特別給付金

ひとり親世帯臨時特別給付金について

○子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより
 特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、臨時特別給付金の支給を実施
 しております。


○ひとり親家庭は、非正規雇用労働者の割合が高く収入が少ないなど、元々経済的基盤が弱く厳しい状況にある中
 で、その生活実態が依然として厳しい状況にあることを踏まえ、年末年始に向け、予備費を活用して、給付金の
 基本給付(2次補正分)の支給対象者に対して、再度、同様の基本給付の支給を実施。
 JILPT調査結果

支給対象者


1.基本給付(再支給分を含む。)
  児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付※1
   ※1 児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象になります
  (1)令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方
  (2)公的年金給付等※2を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方※3
      ※2 遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など
    ※3 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、
      児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が
      全額又は一部停止されたと推測される方も対象となります。
  (3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、
         収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方
2.追加給付
  新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付
  上記(1)(2)のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方

    支給額

    1.基本給付(再支給分も同額。)
      1世帯              5万円
      第2子以降ひとりにつき      3万円
      
    2.追加給付
      1世帯              5万円

自治体向け情報

自治体向け情報はこちら  

関連リンク

児童扶養手当

ページの先頭へ戻る