厚生年金保険料等の標準報酬月額の特例改定について

今般の新型コロナウイルス感染症の影響により休業した方で、休業により報酬が著しく下がった方について、一定の条件に該当する場合は、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定可能です。

特例の概要や手続等の詳細については、以下をご参照ください。

1 令和2年4月から7月までの間に休業により報酬が著しく低下した方の特例

  ・特例の概要(リーフレット):/content/12500000/000678240.pdf
  
  ・手続や申請書類等:https://www.nenkin.go.jp/tokusetsu/tokureikaitei.html



2 令和2年8月から12月までの間に休業により報酬が著しく低下した方などの特例

  ・特例の概要(リーフレット):/content/12500000/000679811.pdf

  ・手続きや申請書類等:https://www.nenkin.go.jp/tokusetsu/tokureikaitei2.html