就業環境整備・改善支援事業

【事業の概要】

 厚生労働省では、事業場における適正な職場環境形成に向け、労働者を雇用する上で必要な労働時間、休日、賃金等労務管理及び労働災害防止のための安全衛生管理などに関する知識の習得のため、専門家によるセミナーや訪問支援を委託事業により無料で行っています。

1.労働条件自主点検

 自ら労働条件等を点検することができる簡易な自主点検表を事業場に送付し、問題がある場合に、自主的な改善を実施していただけるよう支援します。

2.基礎的な労務管理習得のためのセミナー

 労働者を雇用する上で必要な労務管理や安全衛生管理などの基本的なルールを分かりやすく説明します。参加者には、「やさしく分かりやすく」編集したテキストなどを配布し、社会保険労務士などの労働法の専門家がその内容について丁寧に解説します。

3.過重労働解消のためのセミナー

 「過重労働の現状と過重労働防止に向けた対策」、「取組事例紹介」など具体的事例を交えて、過重労働による労働者の健康障害防止に特化したセミナーを開催します。

4.訪問支援

 希望される全国の事業主の方を対象に、労働法の専門家である社会保険労務士などが個別に事業場を訪問し、事業主の皆さまの相談を伺いながら、それぞれの事情に応じた適切なアドバイスを行い、適正な就業環境を整備するお手伝いを行います。

〇事業の詳細及びお申し込みについては以下の広報用HPに掲載いたします。
  ・基礎的な労務管理習得のためのセミナー
  ・過重労働解消のためのセミナー
 
本年度の受託者は下記の事業者となります。
 受託者:キムラユニティー株式会社