雇用・労働新型コロナウイルスに伴う教育訓練給付制度に関するQ&A

教育訓練給付制度に関するお問い合わせ

※令和2年3月4日版からの変更箇所には下線を付しております。
 
(令和2年5月25日版)

 お問い合わせが多い事項について、以下のとおりまとめました。
 なお、各教育訓練実施者においては、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえ、手洗い、咳エチケット等の徹底に、ご協力をお願いいたします。
 また、対応を検討される場合には、養成施設設置規則や当該養成施設所掌省庁等が定める事項についてもよくご確認いただくようお願いいたします。

1. 通学制の場合の通信やオンラインの活用について
 目標資格に照らして適切に設定された受講・修了認定基準に従う限り、教育訓練の目標の達成のために、必要な手段において通信やオンラインを活用した補習等を行うことはさしつかえありません。
 なお、あくまで目標資格に照らして設定された受講・修了認定基準に従うべきものであり、例えば、養成施設設置規則や当該養成施設所掌省庁等との関係で通信やオンライン化が許容されていない場合についてまで許容するという趣旨ではありません。

2. 修了認定基準の取扱について
 目標資格に照らして実質的な判断(例えば一定の出席実績や添削提出実績等を前提として、正規の教育訓練課程をすべて正常に修了した場合と同等の職業能力の開発・向上があったことを検定等によって判断するなど)をするなど柔軟な運用を行うことはさしつかえありません。
 なお、あくまで目標資格に照らして設定された修了認定基準に従うべきものであり、例えば、養成施設設置規則や当該養成施設所掌省庁等との関係で修了認定基準等が緩和されていない場合についてまで許容するという趣旨ではありません。

3. 受講していた講座が中止されたことに伴う他の講座への転校等の扱いについて
 異なる対象教育訓練間での転校等の取扱いに準じて、柔軟に対応することは可能であるが、一方で、転校・統合前の対象教育訓練の受講開始日時点で、転校・統合後の教育訓練が指定を受けていることが必要です。
 また、転校・統合後の教育訓練施設の長が、転校・統合前後の対象教育訓練に同一性・連続性があり、当初から受講して修了したものと同等であると認定できる場合のみ「教育訓練修了証明書」の発行が可能なため、ご留意ください(例えば、一般的に通信制と通学制の講座の間では同一性は認められません。)。

4. 受講開始の延期について
 今般の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」等を踏まえ、受講開講日を延期させることは可能です。その際の教育訓練給付の受給資格確認については、柔軟な取扱を実施する予定です。
 受講生の募集を開始する前の段階で開講開始の延期を決定する場合は、開講月の変更の手続きを行って下さい。
 なお、受講開始を延期する講座について、当該講座の指定期間内に受講を開始できず、その後再指定を希望しない/再指定を受けられない場合には、別途ご相談下さい。

5. 訓練期間の終期の延長について
 目標資格に照らして訓練期間の終期の延長を柔軟に行うことはさしつかえありません。また、この延長は、教育訓練給付金支給対象教育訓練指定要領にいう「変更」には該当しないものと整理します。
 なお、あくまで目標資格に照らして設定された訓練期間に従うべきものであり、例えば、養成施設設置規則や当該養成施設所掌省庁等との関係で訓練期間の延長が許容されていない場合についてまで許容するという趣旨ではありません。
 ただ、教育訓練経費の増額・減額等を変更の手続き等をすることなく柔軟に認めるという趣旨ではありませんので、ご留意ください。


6.  教室の追加について
 当初、使用予定であった教室が使用中止や封鎖等で使用できなくなり、別の教室で開講することとなった場合には、教室の追加の手続きが必要です。速やかに必要な書類を指定窓口機関へ提出してください。


(参考)
○教育訓練給付制度(一般教育訓練)関係手引(https://www.mhlw.go.jp/content/000548010.pdf
○教育訓練給付制度(特定一般教育訓練)関係手引(https://www.mhlw.go.jp/content/000556472.pdf
○教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)関係手引(https://www.mhlw.go.jp/content/000622070.pdf

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ先

制度について

厚生労働省 人材開発統括官付若年者・キャリア形成支援担当参事官室

中長期的キャリア形成支援係

TEL:03-5253-1111(内線5398・5390)
 

教育訓練給付に係る相談・受給要件について

お住まいを管轄するハローワーク(https://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html
労働局(https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shozaiannai/roudoukyoku/