【照会先】

[昭和館・しょうけい館に関すること]
 社会・援護局援護企画課
  課長補佐 萩原 史恵(内線3411)
  係長       齋藤 晋一郎(内線3413)
 (直通電話)03(3595)2235
[首都圏中国帰国者支援・交流センターに関すること]
 社会・援護局援護企画課中国残留邦人等支援室
  室長補佐 五十嵐 智明(内線3417)
  班長     佐藤 晶(内線3467)
  係長     神  しのぶ(内線4529)
(直通電話)03(3595)2456
(代表電話)03(5253)1111
 

報道関係者 各位

ドラマ『この世界の片隅に』とタイアップしたリーフレットを作成しました

~リーフレットは、本日(7月13日)からダウンロード可能~

 厚生労働省は、TBSのドラマ『この世界の片隅に』(TBS系列で7月15日スタート/毎週日曜日よる9時からオンエア)とタイアップします。その一環として、TBSテレビのご協力により、「戦中・戦後の労苦の継承」の啓発メッセージを掲載したリーフレットを作成しました。
 
 ドラマ『この世界の片隅に』では、太平洋戦争の激動の中で、苦しいながらも前向きに日々の暮らしを生きる主人公(北條すず)とその家族の姿が描かれています。
 
 今回のタイアップを通じて、戦後70年余りが経過しても戦争を風化させることなく、戦中・戦後に国民が体験した様々な労苦を後世へ継承していくことの大切さを伝えます。当省では、国民が経験した戦中・戦後の生活上の労苦を伝えるための施設として「昭和館」や「しょうけい館」の運営をはじめ、当時のことを語り継ぐことができる戦後世代の「語り部」の育成などの取組みを行っています。
 なお、今回作成したリーフレットは、公共施設などで自由にご活用いただけます。
 
■特設ページURL                         

*リーフレットデータのダウンロード期限は、平成30年9月28日(金)18時まで。
 
■添付資料



『この世界の片隅に』タイアップリーフレット