ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2011年8月> 硫黄島遺骨帰還事業において厚生労働省が直接公募するボランティアの選考結果及び夏期特別派遣の延期のお知らせ



平成23年8月12日

社会・援護局援護企画課外事室

室長補佐 田邉 幸夫(3473)

専門官   黒木 信也(4520)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3595)2469

報道関係者各位


硫黄島遺骨帰還事業において厚生労働省が直接公募するボランティアの選考結果及び夏期特別派遣の延期のお知らせ


硫黄島遺骨帰還事業に参加されるボランティアのうち、将来の指導者層として政府の遺骨帰還事業に協力することが可能な方の公募を実施したところですが、選考の結果、下記のとおり8名を将来の指導者層に内定しましたのでお知らせします。
 一方、8月末から予定しておりました硫黄島遺骨帰還事業の夏期特別派遣は、硫黄島の渇水状況の改善が見込めず、派遣団員が在島することが困難なことから、派遣時期を延期することとなりました。


                                                記

1 硫黄島遺骨帰還事業において厚生労働省が直接公募するボランティアの選考結果について
 ・ 応募総数        23名
 ・ 応募者の平均年齢  47歳
 ・ 内定者           8名(20代 2名、30代 3名、60代 3名)
 ・ 内定者の平均年齢  42歳
※内定者については健康状況を確認したのち、正式決定されます。

2 夏期特別派遣の延期について
 8月末から硫黄島遺骨帰還事業の夏期特別派遣を実施することとしておりましたが、 8月中旬になっても硫黄島の深刻な渇水状況が改善せず、派遣団が硫黄島に滞在することが非常に困難であることから、本派遣を延期することとしました。
 なお、新たな派遣日程につきましては、渇水状況の改善を待ち、関係機関と協議のうえで決定する予定です。派遣日程が決まりましたらお知らせします。

ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2011年8月> 硫黄島遺骨帰還事業において厚生労働省が直接公募するボランティアの選考結果及び夏期特別派遣の延期のお知らせ

ページの先頭へ戻る