業務・システム最適化

厚生労働省における業務・システム最適化のための取組

政府は、「業務・システム最適化指針(ガイドライン)」(2006年3月31日各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議決定)に基づき、ITを用いた業務の見直しや、各組織ごとに個々に作られてきた情報システムの集中化や一元化、あるいは旧式のシステムを最新のものに切り替えるといった取組(これらを「業務・シ ステムの最適化」といいます。)を進めることにより、国民サービスの向上と業務の効率化を目指した改革を行っています。

厚生労働省では、社会保険・労働保険分野などの業務について、それぞれ「業務・システムの最適化計画」を策定し、12業務についてこの計画に基づき、業務及びシステムの最適化に取り組んでいます。

厚生労働省の業務・システム最適化計画(本文・概要等)

厚生労働省の業務・システム最適化計画(本文・概要等)

厚生労働省における最適化に関するこれまでの取組み

厚生労働省における最適化に関するこれまでの取組み

府省共通業務・システムの最適化計画(各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議)

府省共通業務・システムの最適化計画(各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議)(別ウィンドウで開く)(e-Govのホームページ)

府省共通業務・システムの見直し方針(各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議幹事会決定)

府省共通業務・システムの見直し方針(各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議幹事会決定)(別ウィンドウで開く)(首相官邸のホームページ)