ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労災補償 > 労災レセプト電算処理システム > アフターケア委託費の電子レセプトデータの妥当性確認試験について

アフターケア委託費の電子レセプトデータの妥当性確認試験について

 アフターケア委託費の電子レセプト化のサービス開始に先立ち、レセプトコンピュータ(以下「レセコン」という。)メーカーにて作成した電子レセプトデータを使用した試験を実施することで、労災レセプト電算処理システムの品質確保を行うとともに、レセコン側との仕様整合性を確認することで、サービス開始後の問い合わせ・トラブルを防止することを目的として、アフターケア委託費の電子レセプトデータの妥当性確認試験(以下「妥当性確認試験」という。)を実施します。
 本ページでは、妥当性確認試験に関する実施スケジュール、参加申し込み方法、電子レセプトデータの作成方法について、レセコンメーカーに必要となる情報を公開・更新していきます。

1.妥当性確認試験の流れ

 妥当性確認試験への参加申し込みから、妥当性確認試験の実施の流れ(電子レセプトデータ提供、結果の返却)については以下のとおりです。
 ・レセコンメーカーは希望する場合は期日までに妥当性確認試験への参加申し込みを行ってください。
 ・参加申し込み完了後、レセコンメーカーは期日までに妥当性確認試験に使用する電子レセプトデータ(以下「試験用電子レセプトデータ」という。)を送付してください。
  送付先の電子メールアドレスは参加申し込み完了後に通知します。
 ・妥当性確認試験にて点検した結果については、結果返却日にレセコンメーカーへ電子メールで送付しますので、受領後は結果をご確認ください。

 妥当性確認試験への参加申し込み期間、並びに実施スケジュール(試験用電子レセプトデータ提供期限、妥当性確認試験の結果返却日)について以下に示します。

(1)参加申し込み期間
   令和2年9月7日 〜 令和2年10月16日(必着)

(2)実施スケジュール
   1回目 データ提供期限:令和2年10月28日、結果返却日:令和2年11月30日
   2回目 データ提供期限:令和2年12月23日、結果返却日:令和3年1月25日 (2回目の参加希望は1回目の結果返却時にご案内します。)
   ※2回目の妥当性確認試験は、1回目に参加したレセコンメーカーのうち希望者のみ対象となります。

2.参加申し込み方法

 妥当性確認試験への参加を希望するレセコンメーカーは下記電子メールアドレス宛てに、申請事項を本文に記載し送付してください。

(1)申請事項
 以下の事項を電子メール本文に記載してください。
なお、電子メールの件名は「【妥当性確認試験】参加申し込みについて(○○○○)」としてください。※「○○○○」はレセコンメーカー名称
  @会社名、A所在地、B郵便番号、C電話番号、Dメールアドレス(結果等返信先)、E担当者氏名


(2)申請先電子メールアドレス
  aftercare-rcpt@mhlw.go.jp

3.電子レセプトデータの作成について

 試験用電子レセプトデータの制約事項について示します。

(1)準拠する記録条件仕様
 令和2年度診療報酬改定対応の記録条件仕様に準拠したデータであることを前提とします(記録条件仕様はここを参照)。

(2)データ項目に関する制約事項
 試験用電子レセプトデータの各項目のデータ制約について以下に示します。
   試験用電子レセプトデータの制約事項(医科用)[50KB]
   試験用電子レセプトデータの制約事項(調剤用)[55KB]
 ※試験用電子レセプトデータには個人情報を含めないようお願いします。

(3)各種番号の件数について
 レセコンメーカーごとに割り当てる各種番号の件数について、1つのメーカーあたり、労災保険指定医療機関番号および労災保険指定薬局番号は
5件ずつ、健康管理手帳番号は50件とします。
 なお、レセコンメーカーごとに試験用電子レセプトデータで使用いただく労災保険指定医療機関番号、労災保険指定薬局番号
 および健康管理手帳番号は参加申し込みの受付後に電子メールで通知します。

(4)各種番号の重複使用について
 各種番号(労災保険指定医療機関番号、労災保険指定薬局番号、健康管理手帳番号)については、レセコンメーカーごとに
割り当てられた番号のみを使用し、同一番号を繰り返し使用することは避けてください。

(5)エラーデータの提供について
 試験用電子レセプトデータには意図的にエラーとなる電子レセプトデータを含めることも可能とします。
そのため、レセコンメーカーにてエラーとなるデータの有無を「試験用電子レセプトデータの指定内容一覧[19KB]」に記入して試験用電子レセプトデータと一緒にご提出してください。
※エラーとなるデータが無い場合もご提出してください。

(6)フォルダ構成
 試験用電子レセプトデータは以下のフォルダ構成で作成してください。


4.妥当性確認試験の結果返却について

 妥当性確認試験の結果については、「試験結果[12KB]」のフォーマットでレセコンメーカーごとに返却します。
エラーが発生した場合の結果は「試験結果詳細[1KB]」のフォーマットでエラー詳細を明示して返却いたします。

<お問合せ先>
労働基準局労災保険業務課
電話番号 03-3920-3311(内線373、323、351)
受付時間 平日:10:00〜17:00
       ※土日祝日、年末年始を除く


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労災補償 > 労災レセプト電算処理システム > アフターケア委託費の電子レセプトデータの妥当性確認試験について

ページの先頭へ戻る