ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労災補償 > 労災レセプト電算処理システム > 労災レセプト電算処理システムは令和3年3月からアフターケア委託費の電子レセプト化に対応します

労災レセプト電算処理システムは令和3年3月からアフターケア委託費の電子レセプト化に対応します

 現在、労災レセプト電算処理システムでは、労災保険指定医療機関等から労働者災害補償保険診療費(以下「労災診療費」という。)の電子レセプトをオンライン又は電子媒体により受け付けています。
 今般、労災保険制度で規定する社会復帰促進等事業の1つであるアフターケアについても、令和3年3月から労災診療費と同様に電子レセプトによる請求に対応する予定です。
 本ページでは、アフターケア委託費の電子レセプト作成に必要な情報を公開・更新していきます。
 なお、本ページで公開する資料は、令和3年3月からの電子レセプト対応を想定した暫定版となります。令和2年4月以降に令和2年度診療報酬改定等による修正が生じた場合は、内容を更新して掲載する予定です。

※ 電子レセプトによるアフターケア委託費請求を義務化するものではありませんので、令和3年3月以降も現行どおり紙レセプトで請求することも可能です。これは、労災診療費を電子レセプト化している労災保険指定医療機関等についても同様です。

1.電子レセプトの作成

 アフターケア委託費の電子レセプトは、点数表(医科・調剤)ごとに、記録条件仕様に沿って、労災レセプト電算処理マスタコード及び医療保険請求に係るマスタ(基本マスタ)を使用して作成します。

(1)記録条件仕様

改訂履歴はこちらです。

(2)電子レセプトの作成手引

改訂履歴はこちらです。

※令和2年度診療報酬改定を踏まえた記録条件仕様及び電子レセプトの作成手引の改版は、令和2年4月以降に実施します。

2.労災レセプト電算処理マスタコード

 医療保険請求で使用しているマスタファイルと同じフォーマット形式のマスタ及び労災保険請求での取扱いを表すマスタを紹介します。

(1)労災レセプト電算処理システムマスタファイル

 アフターケア委託費の電子レセプトでは、医療保険請求に係るマスタ(基本マスタ)及び労災レセプト電算処理システムで提供しているマスタを使用します。
 ここでは、アフターケア委託費の電子レセプト化対応に伴い、労災レセプト電算処理システムで現在提供しているマスタへ追加するコード等及び労災レセプト電算処理システムで新規に提供するマスタを紹介します。
 なお、本ページで紹介するマスタは、令和3年3月のサービス開始に合わせて、労災レセプト電算処理システムで現在提供しているマスタに統合します。

マスタ 更新日 内容
労災医科診療行為マスタ [2KB]  令和2年1月6日 <既存のマスタへの追加>
 「労災診療費算定基準」に記載されている診療行為について、ユニークなコードを付与したもの
医科診療行為労災補助マスタ [1KB]  令和2年1月6日 <既存のマスタへの追加>
 「診療報酬情報提供サービス」のホームページで公開されている「医科診療行為マスター」及び「労災医科診療行為マスタ」に掲載されている診療行為コードについて、労災保険の取り扱い(四肢に対する特例の取り扱い及び労災保険での算定可否)を表す区分を付与したもの
労災特定器材マスタ [1KB]  令和2年1月6日 <既存のマスタへの追加>
 「労災診療費算定基準」に記載されている特定器材について、ユニークなコードを付与したもの
特定器材労災補助マスタ [140KB]  令和2年1月6日 <新規のマスタ>
 「診療報酬情報提供サービス」のホームページで公開されている「特定器材マスター」及び「労災特定器材マスタ」に掲載されている特定器材コードについて、労災保険の取り扱い(労災保険での算定可否)を表す区分を付与したもの
労災アフターケア委託費対象傷病マスタ [4KB]  令和2年1月6日 <新規のマスタ>
 「社会復帰促進等事業としてのアフターケア実施要領」に記載されている対象傷病について、ユニークなコードを付与したもの

改訂履歴はこちらです。

※労災医科診療行為マスタ、医科診療行為労災補助マスタ、労災特定器材マスタ及び特定器材労災補助マスタの変更年月日並びに労災アフターケア委託費対象傷病マスタの適用開始年月日は、令和3年3月のサービス開始時にご利用いただくマスタを想定したものです。

※労災レセプト電算処理システムで現在提供しているマスタはこちらです。

※医療保険請求に係るレセプト電算処理システムに必要な情報は、診療報酬情報提供サービスに掲載されています。

(2)労災レセプト電算処理システムマスタファイル仕様説明書

労災レセプト電算処理システムマスタファイル仕様説明書(令和2年1月版)[503KB]

改訂履歴はこちらです。

3.今後の予定等

(1)アフターケア委託費の電子レセプトデータの妥当性確認試験

 令和3年3月のサービス開始に先立ち、本ページで公開した情報に基づいて作成された電子レセプトについて、正しく仕様どおりとなっているかなどの妥当性を事前に確認する試験を実施します。実施時期は令和2年9月頃を予定しています。試験は確認を希望する者から電子レセプトデータの提出を受け実施しますが、申込みの方法などの詳細は令和2年8月頃に本ページに掲載する予定です。

(2)労災レセプト電算処理システムのアフターケア用確認試験機能の試行運用

 令和3年3月のサービス開始に先立ち、令和3年1月頃から労災レセプト電算処理システムでアフターケア用確認試験機能を試行的に利用可能とします。アフターケア用確認試験機能をご利用いただくことにより、請求書及びレセプトの点検、帳票のダウンロード等ができます。アフターケア用確認試験機能の試行運用を開始する際はあらかじめ本ページにてお知らせします。

<お問合せ先>
労働基準局労災保険業務課
電話番号 03-3920-3311(内線373、323、351)
受付時間 平日:10:00〜17:00
       ※土日祝日、年末年始を除く


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労災補償 > 労災レセプト電算処理システム > 労災レセプト電算処理システムは令和3年3月からアフターケア委託費の電子レセプト化に対応します

ページの先頭へ戻る