総務部総務課 山口六平太が、
オススメする「労働保険の電子申請」。

『総務部総務課 山口六平太』
ⓒ林律雄・高井研一郎/小学館
正確・スピーディに申請できるのです。
大量の申請書類への記入も、電子申請ならスピーディ。前年度の情報を取り込め、入力チェック機能や自動計算機能で、記入漏れや記入ミスを防げます。
いつでもどこでも手続きが
可能
なのです。
労働局や労働基準監督署の窓口に出向く必要はありません。 窓口での待ち時間がなく、自宅やオフィスにいながら申請や届出ができます。 しかも、24時間365日、いつでも手続が可能です。
ムダな時間移動費などのコストも削減できるのです。
申請・届出用紙の入手は不要。内容によっては複数の手続をまとめて申請できます。また、書類申請のために必要な移動費・手数料・人件費などのコストを削減できます。 さらにマイナンバーカードを使うと、電子証明書の取得費用はかかりません。 (ICカードリーダライタは別途必要です。)

「労働保険の電子申請特別ホームページ」から、
e-Govにアクセスしよう。

さあ、電子申請の
事前準備をはじめよう。

Banner

●市販の電子申請用ソフト(API対応ソフト)を利用すれば、さらにメリットがあります。

  • 労働者の情報をソフト内に入力し保存できます。
  • 当該データを基にワンクリックで様式が自動作成され、あとはそれを送信するだけです。ぜひ、ご利用をご検討ください。

電子申請の手順について

「成立手続」「概算保険料の申告手続」
「年度更新」などに関する電子申請の操作は、
それぞれのマニュアルを参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/sinsei/tetuzuki/e-gov/

Banner

電子申請の等の詳しい内容については、「電子政府の総合窓口(e-Gov)」電子申請のページ
(https://www.e-gov.go.jp)又は厚生労働省HP(「労働保険 電子申請」で検索※)をご覧ください。
※https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/denshi-shinsei.html

Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.