文字サイズの変更

児童福祉文化財

  1. 児童福祉文化財 ホーム
  2. 舞台芸術

平成27年度版 児童福祉文化財年報

舞台芸術

  • 特別推薦

    1

    賢治のカバン

    有限会社 ひとみ座
    規格:人形劇 80分
    原作:宮沢賢治
    原案・脚色:藤川和人
    脚色・演出:山本幸三・遠藤啄郎
    音楽:佐藤謙一
    対象:小学生・一般

    宮沢賢治の童話から「セロ弾きのゴーシュ」「注文の多い料理店」「やまなし」の三作品を取り上げ、著者の世界観を子どもから大人まで楽しめるように構成しています。全編を通して著者の魅力やメッセージを堪能できるよう、宮沢賢治の紹介や詩の朗読なども挿入しています。「ゴーシュ」は三人遣いによる本格的な人形で、「料理店」は主人公たちを観客が客体化できるよう簡素な人形で、「やまなし」は幻燈を用いて表現しています。

  • 特別推薦

    2

    オペラ 銀のロバ

    オペラシアターこんにゃく座
    規格:オペラ 90分
    原作:ソーニャ・ハートネット
    脚色:いずみ凛
    作曲:萩 京子
    演出:恵川智美
    対象:小学生・中学生

    オペラ「銀のロバ」は2013年8月初演、2014年から各地での公演を開始。5人の歌役者とピアニストが紡ぎ出す、森のなかで繰り広げられる三日間の成長の物語。登場人物は、パスカール、マルセル、ココの3人のきょうだいと、彼らの友人で港で働く足の不自由な青年ファブリース、そして戦場を逃げだしてきたシェパード・チューイの5人。3人のこどもたちと2人の青年の心の交流を描きながら、互いに影響しあい成長していく姿を描きます。

  • 特別推薦

    3

    空の村号

    企業組合 劇団仲間
    規格:ドラマ 85分
    作者:篠原久美子
    音楽:萩京子
    演出:松野方子
    制作:小田芳信
    対象:小学校中学年・小学校高学年・ 家庭・一般

    福島の美しい里山で暮らす酪農家の「楠木空」はひょうきんな小学5年生。
    2011年3月11日の東日本大震災後に起きた原発事故によって家族も村も大きく揺れるなか映画監督と出会う。全村避難指示で家族や友達と別れなくてはならなくなった空は、本当のことなんかひとつも入っていない映画『宇宙海賊船 空号の冒険』を撮ることにした。村を出る日、鯉のぼりが、村ごと宙に浮かんだ放射能も何もない綺麗な空を飛んで行くように見えた。

  • 特別推薦

    4

    言響物語「ユタと不思議な仲間たち」

    株式会社 ルナテミス
    規格:一人芝居 90分
    対象:幼児・小学生・中学生・高校生・ 家庭・一般

    岩手県の民謡をもとにあふれ、都会育ちの一人の少年が田舎への転校をきっかけに逞しく成長していく姿を描いた、笑いと涙あわれ、『絆』『仲間』『チームワーク』を感じられる物語です。宮北結僖が12役を演じ分け、アーティストMYUが芝居に合わせライブで絵を描いていきます。また、BGMはもちろんのこと「赤ちゃんの鳴き声」をヴァイオリンなど、全て生音で表現しています。5歳位のお子様から皆様に楽しんで頂ける構成です。

  • 特別推薦

    5

    おーいペンギンさーん

    有限会社 人形劇団クラルテ
    規格:人形劇 50分
    脚色:松本則子
    演出:西村和子
    音楽:一ノ瀬季生
    制作:古賀恵子
    対象:幼児・小学校低学年・ 小学校中学年・家庭・一般

    初めて1人でお風呂屋さんに出かけた小学1年生の太郎君。「服、間違えんと帰っておいでや」と親に言われ、「間違えるわけないやん」と胸を張って出かけたのに、お風呂から上がったら服がない!『ペンギンの子が間違って着て帰った』そうだ。太郎君はペンギンの子を追いかけて南極まで行ってしまう。1人の少年が、大阪から南極まで行って、「自分の服を着て」帰るまでの、ナンセンスな冒険物語。

  • 特別推薦

    6

    笑福亭鶴笑のパペット落語

    有限会社 アサンテプラン
    規格:落語・寄席 60分
    原作・脚色・音楽・演出:笑福亭鶴笑
    制作:トニー山本
    対象:幼児・小学生・中学生・高校生・ 家庭・一般

    落語界初のゆるキャラ”らくごろう”がお客様をグリーティングと簡単な落語解説。続いて本人が登場、巧みなマクラから、落語のしぐさ、小噺の連打、そして古典落語を一席。南京玉すだれ、紙切り、トリに古典落語とパペット落語のコラボ大作”時ゴジラ”と休けい無しですべてをひとりで行う、爆笑寄席です。あいだに海外公演の体験トークを入れるときもあります。

  • 特別推薦

    7

    父と暮せば

    人形劇団むすび座
    規格:人形劇 100分
    作者:井上ひさし
    演出:木村繁
    制作:吉田明子
    対象:小学校高学年・中学生・高校生・家庭・一般

    1948年夏、広島。3年前の原爆により目の前で父を亡くした美津江は、自分には幸せになる資格は無い、自分は生きていてはいけない、でも死ぬ勇気もない・・・と思いながら日々を過ごしていた。そんな彼女の前に父が現れる。そして美津江は、あの日、瓦礫の下から「逃げろ!」と怒鳴った父の想いを、自分の分まで生きてピカのことを後世に伝えて欲しいという父の切なる願いを知り、自分の生きる意味を見出すのであった。

  • 特別推薦

    8

    ハムレット

    有限会社 華のん企画
    規格:ドラマ 120分
    原作:ウィリアム・シェイクスピア
    脚色・演出:山崎清介
    作者:小田島雄志
    制作:峰岸直子
    対象:小学校中学年・小学校高学年・中学生・高校生・家庭・一般

    デンマークの王子ハムレットは、父王の死後すぐに母が叔父と再婚した事に心を痛め、憂鬱な毎日を過ごしていた。
     ある夜、彼は父の亡霊に出会い、父が叔父に殺されたと知る。ハムレットは復讐を迫る亡霊の言葉に悩みながら、真実を知るため奇妙な行動をとる。突然のハムレットの変貌に不安を抱く恋人オフィーリア。その奇行の原因を探ろうとする、オフィーリアの父。
     そんな時、城に訪れた旅回りの役者達に、ハムレットは亡霊が語った父の死の様子を演じさせ、叔父の反応を見て真相を確かめようとするのだった。

  • 9

    おもしろげきじょう
    「いぬうえくんとくまざわくん」
    「ひとがたくん」

    有限会社 人形劇団 京芸
    規格:人形劇 45分
    原作:きたやまようこ
    脚色:安田晋
    音楽:すずきじゅん
    演出:清水正年
    制作:石川幹洋/中田和子
    対象:幼児・小学校低学年・小学校中学年・家庭・一般

    「ひとがたくん」顔のないシンプルな人形が舞台で遊び、得意になったり、やけになったり、演者との掛け合いでコミカルに表現した作品。
    「いぬうえくんとくまざわくん」いつも一人で遊んでいたくまざわくんの前に現れたいぬうえくん、二人は一緒に遊び、一緒に暮らすことになる。自分とは全く違う相手と通じ合ったりわからなくなったりする姿を通して他者との共存、本当に出会う、つながることの素晴らしさ、大変さを温くユーモアをもって表現した作品。

  • 10

    ぐるぐる

    有限会社 劇団CAN
    規格:ドラマ 30分
    作者・演出:浅野佳砂音/中ムラサトコ
    対象:乳幼児(3歳以下)

    「ぐるぐる」は、2,3歳児に向けたセリフのないフィーリングパフォーマンス。笑う、泣く、怒る、食べる、寝る、歌うという日常体験をモチーフに構成されている。
    ふたりの登場人物は、手作り楽器とボイスパフォーマンス、喃語のような声を使い、あそびながら関係を積み重ねハーモニーにたどり着く。ぐるぐる模様のパネルで囲まれた、円形の客席で親子で観る不思議な体験。

  • 11

    陽気なハンス

    有限会社 劇団 風の子(東京)
    規格:ドラマ 75分
    作者:多田徹
    音楽:菊池大成
    演出:内藤克己
    制作:宮原登志子
    対象:小学生

    中世ドイツの片田舎に数人のマイスターが集い、今日はハンスとマルチーネのお話をすることになりました。
    井戸端で泣いている娘(マルチーネ)に出会ったハンス。
    聞けば、欲張りな主人夫婦に無理難題を言いつけられているらしい。「泣いてばかりいないで、おてんとうさまに向かって笑ってごらん!」と云いながら、知恵と勇気で明るく生きていくことを伝えます。痛快で単純明快なハンスの世界を存分に楽しんでほしいと思います。

  • 12

    ありこさんの紙芝居
    ミュージカル「てじ」

    有限会社 鳥獣戯画
    規格:紙芝居ミュージカル 60分
    音楽:雨宮賢明
    作・演出:知念正文
    対象:幼児・小学校低学年・家庭

    「てじ」は手だけが白い利口な子猿。手白の猿・・・がつまって「てじ」と云う名前に。「てじ」と赤ん坊の「春」は、まるで兄妹みたいに育った。
     そんなある日、誤って春坊に、大やけどを負わせてしまった「てじ」は、村人達に村から追い出されてしまう。けれどその晩、「てじ」は春坊をさらって山の中へ。
    怒りに燃えて後を追う村人達。しかし、彼らがたどり着いたのは猿の温泉。
    そこには、すっかり火傷が癒えた春坊がいた。

  • 特別推薦

    13

    ぴーぷー劇場
    ーしょうぼうじどうしゃじぷたー
    ーせんたくかあちゃんー

    有限会社 劇団風の子北海道
    規格:児童劇 45分
    原作:さとうわきこ
    作者:中島茜
    制作:植村直己
    演出:鳴海輝雅
    対象:幼児・小学校低学年・小学校中学年・家庭

    「ぴー」「ぷー」「ぷー」とへんてこな音をならしながら2人の風の子がやってきます。はじまりは手あそび
    から。子ども達がお話を聞く準備運動です。そして身近な素材、ビニールブクロや紙の袋をつかった短いお話。
    「ぷーぷーこぶた」「ありこのおつかい」。ペットボトルやアキカンをつかった音あそび。大型紙芝居「かえるのおねがい」など短いコーナーが続き、最後はお話となります。お話は「しょぼうじどうしゃじぷた」。大きなポンプ車はみんなに人気で大活躍。でも小さな消防車「じぷた」はなかなか出番がありません。ある日、隣町で山火事が起こり、小さなじぶたが山道を走ることになりましした。橋を越え、トンネルをぬけてじぷたは走ります。昔から子ども達に読まれている絵本が原作です。(後半のお話を「せんたくかあちゃん」に変えることも可能です。)

  • 14

    SKY~あの空の向こうに~

    演技集団 朗
    規格:ドラマ 100分
    原作:新井浩介
    演出:福沢良一
    制作:橋本京子
    対象:小学生・中学生・高校生・家庭・一般

    交通事故で妻子を失い、生きることに絶望していた英一が一人の少年と出会う。少年との交流で英一は生きる意義を徐々に取り戻す。ところが少年は、実は死んだはずの息子、健であり、彼がこの世でやり残したこと・・・それは、父親を感じることだった。「相手を大切に思うこと」から家族、兄弟、友情の「かけがえのない絆」に触れて進んでいく、感動的な作品です。

ページの先頭へ戻る