文字サイズの変更

児童福祉文化財

  1. 児童福祉文化財 ホーム
  2. 舞台芸術

平成30年度版 児童福祉文化財年報

舞台芸術

  • ジャングル・ブック

    1

    ジャングル・ブック

    夢団株式会社
    規格:ミュージカル 90分
    原作:キップリング
    脚本・演出:秋葉大介
    音楽:安藤“TOKI”崇
    制作:夢団株式会社
    対象:小学生以上、一般(啓発)

    狼に育てられた少年モーグリが、運命に翻弄されながら自分自身の生きる意味を追い求めていくストーリーです。神秘と危険の顔を併せ持つジャングルの世界で、モーグリは成長を経てひとつの答えを見つけます。人は誰でも、自分が何者なのか、何のために生きているのか思い悩む瞬間があるのではないでしょうか。モーグリや動物たちのひたむきに生きる姿には、きっと私たち人間がいきていくうえで大切なヒントが隠されているはずです。「命の大切さ」「友情」「思いやり」などメッセージがたくさん詰まった作品となっています。

  • いまからいえでにいってきます

    2

    いまからいえでにいってきます

    企業組合劇団風の子九州
    規格:ドラマ 60分
    作:山口咲希
    脚色・美術:山ン本佐助
    演出・翻案:あさのゆみこ
    音楽・効果:曲尾友克
    制作:矢野ひとみ
    対象:幼児、小学校低学年、保護者・指導者等、一般(啓発)

    主人公は4歳のあっくん。もうすぐ赤ちゃんが生まれるお母さんはお父さんと病院へ向かいます。一人っ子のあっくんは近所に住むおじいちゃんとお留守番。でもあっくんは機嫌が良くありません。赤ちゃんが生まれるとお父さんとお母さんを取られてしまうので「お兄ちゃんになんかなりたくない」、「赤ちゃんなんか生まれてこなくていい」と思っています。そこで一人で家出をすることにしました。目的地は近所のおじいちゃんの家、初めての冒険です。途中、近くの公園で目の前に飛んできたタンポポの綿毛に導かれて空想の世界に!そこでの不思議なキャラクターとの出会いで命の尊さを学び、お兄ちゃんになる覚悟が芽生えるあっくんの成長の物語です。

  • このゆびと~まれ!

    3

    このゆびと~まれ!

    企業組合劇団風の子九州
    規格:ドラマ 75分
    作・演出:あさのゆみこ
    音楽・効果:曲尾友克
    美術:山ン本佐助、小峯三奈
    制作:仮屋祐一
    対象:小学生、一般(啓発)

    空想あそびが大好きな小学4年生、ヒロ。同じクラスのマモルはなんでも一番の優等生で、母親の期待に応えようとするあまり、思い通りにいかないことがあると自分をコントロールできなくなってしまう。ヒロはそんなマモルをかばい、一緒に遊ぼうと誘う。ヒロの想像力に引き込まれて二人で空想の世界を冒険するうち、ついにマモルはあそぶ力を蘇らせるというお宝「空想珠(くそうだま)」を手にする。それは、小さいころ母親に捨てられてしまった「光る泥だんご」だった。「光る泥だんご」を取り戻し、今度こそ宝物にすると笑顔のマモル。母親との関係にも変化のきざしが見え、大団円を迎える。

  • おじさんとおおきな木

    特別推薦

    4

    おじさんとおおきな木

    劇団なんじゃもんじゃ
    規格:ドラマ 55分
    原作:佐野洋子(『おぼえていろよ おおきな木』講談社)
    脚本:なんじゃもんじゃ
    演出:後藤武彌
    音楽:藤原豊
    美術衣装:坂本真彩
    対象:幼児、小学生、保護者・指導者等、一般(啓発)

    おじさんの家には、春に花を咲かせ、夏に涼しい木陰をつくり、秋には赤い実をつける大きな木がありました。大きな木は春になると小鳥達、夏には虫達の活動の場に。でも秋には庭一杯に木の葉が落ち、冬には雪が積もります。大雪の日おじさんは大きな木を切り倒してしまいます。おじさんにとって思いもよらぬ毎日が始まります。大きな木がなくなってからおきるおじさんの心の変化や、生きるということを小さな子どもたちと考えてみたいと思っています。

  • 夜明けの落語

    特別推薦

    5

    夜明けの落語

    株式会社劇団うりんこ
    規格:ドラマ 90分
    原作:みうらかれん
    脚本・演出:北村直樹
    音楽:ノノヤママナコ
    制作:丹羽美貴
    対象:小学生

    小学四年生の野中暁音が、この世で一番怖い事は人前で話すこと。その暁音に最大のピンチが訪れる。それは、日直の「五分間スピーチ」。悩んでいる暁音に救いの手を差し伸べたのは、転校生の三島朔太郎。朔太郎が暁音の代わりに五分間スピーチで披露したのは、落語の「まんじゅうこわい」だった。その落語に感動した暁音は、朔太郎に誘われ落語「寿限無」の稽古を始める。だが、そのことが原因で親友の初音とは気まずい関係になってしまう。今の自分を変えたい。初音ちゃんに気持ちを伝えたい。暁音は次の五分間スピーチで「寿限無」を披露する決意をする。

  • アラビアンナイト
~魔法のランプと明日のヒカリ~

    特別推薦

    6

    アラビアンナイト
    ~魔法のランプと明日のヒカリ~

    株式会社人形劇団むすび座
    規格:人形劇 90分
    脚本:吉田篤司
    演出:大野正雄
    音楽:小塚憲二
    制作:吉田明子
    対象:小学生以上、保護者・指導者等、一般(啓発)

    ある日、魔法のランプと腕輪を手に入れた少年アミンは、ランプの魔人の力で大金持ちになる。しかし、母親想いで働き者だった彼は次第にわがままで思いやりのない人間になってゆく。そしてアミンは、魔法のランプ、お金や財宝、最愛の母親も何もかも奪われてしまう。彼のもとに残されたものは「自分自身」と役に立たない魔法の腕輪だけ…。しかし、アミンは再び立ち上がる。愛する母親を救い出すために。

  • 遍歴の騎士ドン・キホーテ

    7

    遍歴の騎士ドン・キホーテ

    株式会社劇団うりんこ
    規格:ドラマ 110分
    原作:セルバンテス
    脚本・演出:山崎清介
    制作:下出祐子
    対象:小学校高学年以上

    スペインのラ・マンチャ地方に住む下級貴族アロンソ・キハーノは、仕事も忘れて騎士道物語を読みふけり、ついに自分を遍歴の騎士と思い込み、ドン・キホーテと名乗る。騎士に必要なアイテムを揃えるべく、古い鎧を掃除し、やせ馬にロシナンテと名付け、世の不正を正す旅に出る。キハーノは、大まじめであるが、家族や村の人々にとってキハーノの妄想、狂気としか受け取れない。キハーノを正気に戻すべく、村人たちは、キハーノの妄想に付き合い芝居を始める。果たしてドン・キホーテはアロンソ・キハーノに戻る事が出来るのか?

  • プレジャーBのコメディ・クラウン・サーカス

    特別推薦

    8

    プレジャーBのコメディ・クラウン・サーカス

    有限会社プレジャー企画
    規格:クラウン 90分
    演出:LONTO
    制作:兵藤禎晃
    対象:幼児以上、保護者・指導者等、一般(啓発)

    ジャグリングやパントマイム、マジック、空中芸等、バラエティ豊かなステージ・サーカス。日常にあるものも使いながら、すごい技や失敗、コメディを交えながら上演します。開演すると客席に現れるクラウン、自然と舞台に誘います。子ども達の声援やツッコミに答えながら、演目は進み、時には舞台に子供も大人も上がり、時には客席全体を巻き込んで、会場中を温かな笑顔と笑いの空間に変えていきます。

  • サーカスの灯

    9

    サーカスの灯

    有限会社プレジャー企画
    規格:クラウン 60分
    原作:Chang、LONTO
    演出:LONTO
    制作:兵藤禎晃
    対象:幼児以上、保護者・指導者等、一般(啓発)

    汽車に乗り遅れた2人の道化師が繰り広げる、おとぎ話のような日常。影絵で表現されるイントロが終わると和紙でできたサーカスが始まります。和紙の奥がエスカレータになったり、一粒の雨が大海原になったりと想像力を引き立てます。夜空にはたくさんの星達が私たちを見守っています。たくさんの思い出のように、また、ご先祖様のように。星に願いを込めて、フィナーレは華やかなショーで締めくくります。

  • ぱらりっとせ

    10

    ぱらりっとせ

    有限会社劇団風の子
    規格:児童演劇 60分
    演出:中島研
    音楽・監修:曲尾友克
    制作:西川典之
    対象:幼児・小学生、保護者・指導者等

    岐阜から日本中、そして世界へ。遊びとお芝居をつめこんだつづらを背負った三人組が旅をします。お手玉、まりつき、竹馬など、昔ながらの遊びも三人にかかれば新たな遊びに大変身。お芝居「はなさかこぞう」は岐阜の民話を基にした、オリジナル創作民話。一平という男の子と柿から生まれた犬“シロ”がいじわるな殿様から、米の出るひょうたんをとりかえす物語。一平のまっすぐな思いが、殿様の心をかえていく様を、三味線の生演奏と語りにあわせて演じます。

  • ピノッキオ

    特別推薦

    11

    ピノッキオ

    特定非営利活動法人劇場創造ネットワーク
    規格:ドラマ 65分
    原作:カルロ・コッローディ
    脚本・演出:テレーサ・ルドヴィコ
    制作:特定非営利活動法人劇場創造ネットワーク、座・高円寺
    対象:小学校中学年以上、保護者・指導者等、一般(啓発)

    大工のジェペットじいさんは、森でみつけた大きな木の枝で、操り人形をつくります。その人形にピノッキオと名前をつけると、たちまち動きだし、家を飛び出してしまいます。遊ぶの大好き、いたずら大好き、ついつい誘惑に負けてしまう、ピノッキオ。たくさんの人と出会い、たくさんの経験をすることで、ピノッキオの木でできた心は、温かく、やわらかく動きだし、自分が本当に大切にしなければならないことを見つけていきます。

ページの先頭へ戻る