文字サイズの変更

児童福祉文化財

  1. 児童福祉文化財 ホーム
  2. 映像・メディア

平成27年度版 児童福祉文化財年報

映像・メディア

  • 1

    わたしたちの声 3人の物語
    ~「全国中学生人権作文コンテスト」入賞作品をもとに~

    株式会社 桜映画社
    発行年月: 2014年 1月
    原作:浦谷毅/宮原理為智/坪井洸
    監督:寺田秀幸
    音楽・編曲:広田圭美
    編曲:広田圭美
    脚本:寺田秀幸/寺田朋子
    制作:栗田真紗子
    ©法務省人権擁護局/(公財)人権教育啓発推進センター/桜映画社

    本映像は「全国中学生人権作文コンテスト」入賞作品を原作とし、
    一部脚色を加えてドラマ化したのものです。「いじめ」、「風評による偏見や差別」「震災と人権」、「お互いをリスペクト(尊重)すること」をテーマにした3編のドラマから構成されています。作者の中学生が日常生活のなかで「人権」について理解を深めていった〈気づき〉のプロセスを描くことで、視聴者にとっても身近なところから「人権とは何か」「人権尊重とはどういうことか」といった、人権への〈気づき〉を促すことを目的としています。

  • 2

    じんじん

    株式会社プリズム
    原作(企画):大地康雄
    監督:山田大樹
    音楽:吉川清之
    脚本:坂上かつえ
    制作:「じんじん」制作委員会

    絵本を真ん中に人と人の心が通い合う町・北海道剣淵町に農業研修
    の女子高生がやってくる。そこに現れた大道芸人の銀三郎。少しずつ少女たちと打ちとけ合う銀三郎だが、ただ一人彩香だけは心を開かない。銀三郎は彩香が6歳の時に別れた父親だったのだ。偶然の出会いだが、娘と気付かぬ父に彩香は心が揺れる。父との思い出は絵本の読み聞かせ・・・やがて娘と知った銀三郎は、ある約束を交わし再会の日を迎える。彩香のためだけの絵本に無償の愛を込めて・・・。剣淵の広大な大地を舞台に紡がれる親子の愛の物語。

  • 3

    ぼくたちの家族

    株式会社ファントムフィルム
    原作:早見和真
    監督・脚本:石井裕也
    音楽・編曲:渡邊崇
    制作:竹内力

    父母、息子2人の平凡な家族。ある日、母は「脳腫瘍」と診断され、余命1週間の可能性をも示唆されてしまう。動揺する男たち。そして明かされる家族の問題。だが彼らは奇跡を信じて、母を救うため、”悪あがき”を決意する。

  • 4

    マンデラ 自由への長い道

    ウォルト・ディズニー・ジャパン
    原作:ネルソン・マンデラ
    監督:ジャスティン・チャドウィック
    音楽:アレックス・ヘッフェス
    脚本:ウィリアム・ニコルソン
    制作:アナトン・シン

    2013年12月5日に95年の生涯を閉じたネルソン・マンデラ。
    アパルトヘイト(人種隔離政策)下の南アフリカにおいて、国家反逆罪で27年の獄中生活を強いられてもその闘志は絶えることなく、民衆や世論を動かし、融和を持ってアパルトヘイトを撤廃させた。マンデラの自伝をもとに、誰もが知るマンデラの人間の生き様のみならず、若き日の挫折や葛藤、妻ウィニーの知られざる闘争さえも激しく謳いあげた本年度屈指のヒューマンドラマです。

  • 5

    ネクスト・ゴール!
    世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦

    アスミック・エース株式会社
    監督:マイク・ブレット/スティーブ・ジェイミソン
    音楽:ロジャー・ゴウラ

    アフリカ領サモア代表サッカー・チームは、2001年FIFAワールドカップ予選にて、0対31でオーストラリア代表に大敗等10年以上にわたりFIFAランキング最下位だった。米国サッカー連盟より優秀なオランダ人監督指導が任命され、アマチュアの寄せ集め集団だった彼らのもとにやって来る。優秀だが、昔気質で口の悪い監督は、瞬く間に島の反感を買うことに。しかし、その厳しい指導と熱意は次第に選手たちの意識を変え、チームは少しずつ強くなると同時に、監督自身も彼らから刺激を受けていく。

  • 6

    光にふれる

    株式会社クロックワークス
    監督:チャン・ロンジー
    音楽:ウェン・ツーチェ/ホアン・ユイシアン
    脚本:リー・ニエンシウ
    制作:ウォン・カーウァイ

    生まれつき目が不自由ながらも類まれなるピアノの才能をもつユイシアン。そんな彼をいつも近くで見守ってきた母は、彼が自立できるようにと台北の音楽大学に通わせることにする。家族と離れた都会での暮らしや、クラスメイトの間にはだかる壁は彼に大きな戸惑いをかんじさせる。ところが彼の生活はダンサーと夢見る少女や大学で出会った仲間たちにより光に満ち溢れた世界へと変わっていく。

  • 7

    魂のリアリズム 画家 野田弘志

    株式会社パル企画
    監督:日向寺太郎
    音楽:水野敏宏
    制作:鈴木ワタル

    写真のように緻密な絵画、写実主義=リアリズム。世界の美しさ、
    その一瞬の姿を見つめ続ける、日本リアリズム絵画第一人者・野田弘志。三十代で美術界に新鮮なデビューを飾り、常に日本写実絵画界を牽引してきた。七十代の今、北海道の原生林にアトリエを構え、キャンパスに向かい続けている。圧倒的密度の作品完成に必要な期間は、一作品、一年。最新作《聖なるもの THE IV 鳥の巣》の制作過程を四季と共に丹念に迫った。

  • 8

    桃太郎の火あそびやめよう!火の用心

    株式会社 教 配
    企画・制作:株式会社教配

    花火を注意された桃太郎は龍の消防士さんから「煙の怖さ」と「火災
    時の対応」を学び、3つの約束をします。後日、友達の家に集まり遊んでいると、小鬼たちがライターで火あそびをはじめ、火事になってしまいます。桃太郎は龍の消防士さんとの約束を思い出し、みんなを助けます。鎮火後、龍の消防士さんはみんなに、火災は大切なものを一瞬にして奪ってしまうと火遊びの怖さを話し諭すのでした。

  • 9

    幸せのありか

    株式会社パイオニア映画シネマデスク社
    監督・脚本:マチェイ・ピェプシツア
    音楽:バルトシュ・ハイデッキ
    制作:ヴィエスワフ・ウィサコフスキ

    ポーランドのアカデミー賞主要5部門を受賞するなど絶大な支持を受
    け多くの人々の心を限りない感動でつつみ、海外でも、モントリオール国際映画際でグランプリを受賞するなど世界各国から賛辞があとを絶たない感動のヒューマンドラマ。脳性小児麻痺の生涯を持った青年の30年間に渡る人間の誇りと尊厳を描いた真実のドラマ。ハンディを背負いながらも人生に挑み続ける主人公マテウシュの姿をいまを生きるすべての人々に捧げます。

  • 10

    そばにいるよ!~自閉症(オーティズム)と車椅子の監督~

    株式会社 北青山三丁目
    監督・制作:床波ヒロコ
    音楽・編曲:中島まさる
    脚本(構成):島田裕子

    車椅子の槇坪夛鶴子監督が、自閉症児を描いた映画「星の国から孫ふたり~自閉症児のおくりもの~」の撮影に密着取材。槇坪監督が2週間に1度の輸血で”命”を繋いで作った映画に込められた監督のメッセージは何か!そして、現在自閉症を取り巻く環境はどうなのか!さらに自閉症児を療育している家族や学校の様子、親の思い等から大切な事は何か!を描き、自閉症の実態を知って貰い支援の輪を広げる!という社会貢献を目的とした内容。

  • 11

    「ムジカ・ピッコリーノ」

    日本放送協会 制作局音楽・伝統芸能番組部
    編曲:タッカー
    制作:NEP、ディレクションズ
    制作:NHK

    子どもの感性にうったえる、新しいタイプの子ども向け音楽教育番組です。ある歴史的大事件をきっかけに、記憶を失い壊れてしまったモンストロと呼ばれる音楽を奏でる怪獣が存在する架空世界ムジカムンド。音楽=モンストロを救うため、その治療をしてきたドットーレ・マルコとその弟子たちが奮闘する物語が描かれる中で、さまざまな感覚的映像が紹介されて、音楽を感覚的に捉えることができる内容になっています。「四季」「交響曲 運命」から、ビートルズの名曲や民謡まで、さまざまな音楽を楽しむことができます。

  • 12

    アンナプルナ南壁 7,400mの男たち

    株式会社 ドマ
    監督:脚本:パブロ・イラブ/ミゲル・チョモリナ
    音楽:ミケル・サラス
    制作:イゴール・オーツァア

    2008年5月、世界で最も危険な山アンナプルナ南壁7,400mで、スペインの登山家イナキは高山病になる。SOSを受け取った世界10ヶ国12人の登山家達が、命の危険を顧みずイナキを救出に出かける。それから数年後、カメラは、前代未聞の救出劇に参加した12人を世界各国に訪ねる旅にでて、当時の貴重な映像を交えながら、救出活動を振り返る。彼らの言葉には、山に命を預ける登山家たちの揺るぎない信念と、人間の尊厳や生きることの素晴らしさを語った、心揺さぶる力強い言葉にあふれていた。

  • 特別推薦

    13

    うまれる ずっと、いっしょ。

    株式会社インディゴ・フィルムズ
    監督:豪田トモ
    音楽:古田秘馬
    制作:株式会社インディゴ・フィルムズ

    生命の誕生を見つめ、様々な人生の選択とそこから生まれるドラマを追い、40万人以上を動員したドキュメンタリー映画「うまれる」の第2章。今回の作品では、”最愛の妻をがんで失った夫”のグリーフプロセス、”血の繋がりのない父と息子”の絆、”重篤な障害(18トリソミー)を持つ子を育てる夫婦”の3家族の「生と旅たち」を4年に渡りカメラをまわし、「家族とは何か」を問う内容にしあがった。ナレーションは樹木希林。

  • 14

    新美南吉 傑作童話集

    株式会社 トーキョーヴィジョン
    原作:新美南吉
    音楽:株式会社音楽探検隊
    監督・脚本:吉森崇夫
    制作:株式会社 トーキョーヴィジョン

    日本を代表する児童文学者、新美南吉の生誕百年を記念して制作し
    た傑作童話集。代表作の「ごん狐」をはじめ、ふるさと半田を舞台とした作品を中心に4作品(ごん狐・手袋を買いに・でんでんむしのかなしみ・おじいさんのランプ)を紹介します。各童話アニメの間には、ふるさと半田の紹介や、童話にまつわるスポットをドキュメンタリー映像で紹介しています。

  • 特別推薦

    15

    夢は牛のお医者さん

    株式会社 テレビ新潟放送網
    監督:時田美昭
    音楽:笠原厚浩
    制作:室川治久

    昭和62年―新潟県の山あいにある小さな小学校に3頭の子牛が入学した。
    当時、小学3年生だった少女が牛の世話するなか抱いた夢…それは「牛のお医者さん」。
    親しんだ牛との辛い別れを経て、家族や周囲に支え、ふるさとへの強い想いを胸に挑んだ13.5倍の難関。
    ペットではない「家畜」のお医者さんとなったかつての少女は、やがて母となり、かけがえのない「いのち」と向き合いながら今日も闘っている。
    新潟ローカル放送から日本テレビ系列「ズームイン!!朝!」「NNNドキュメント」の全国放送で大きな反響を得た番組の待望の映画化。

  • 16

    アゲイン 28年目の甲子園

    東映 株式会社
    原作:重松清
    監督・脚本:大森寿美男
    音楽:梁邦彦
    制作:「アゲイン」制作委員会

    元甲子園球児・坂町晴彦のもとに、亡くなった元チームメイトの娘・美枝が訪ねてきた。〈マスターズ甲子園〉のスタッフとして働く美枝から大会への参加を勧められた坂町だが、「今さら」と断る。28年前、坂町達が甲子園に行けなかった原因は、実は美枝の父であり、美枝にだけは知られたくなかったからだ。しかし父親の思い出を追い求める美枝と接するうちに、坂町は離れて暮らす一人娘と向き合ってこなかったことに気付く。「あの夏」に決着をつけなければ前へは進めない。坂町は再び人生のグラウンドへ走り出すことに決めた。

  • 17

    アマゾン大冒険
    ~世界最大のジャングルを探検しよう!~

    株式会社 クロック ワークス
    監督:脚本:ティエリー・ラコベール
    音楽:ブリュノ・クーレ

    ジャングルに迷い込んだ一匹の子猿”サイ”が体験する冒険物語。
    世界最大面積を誇る熱帯雨林アマゾンに『ホワイト・プラネット」のフランス人監督ティエリー・ラコベールが2年の歳月を費やし撮影に挑んだアドベンチャー大作。アマゾンでしか見ることのできない動物や植物、昆虫などのダイナミックで美しく貴重な映像は、子どもはもちろんんこと、大人も今まで見たことのない映像に心を躍らせること間違いなしの映画となっております。

  • 特別推薦

    18

    君が僕の息子について教えてくれたこと

    日本放送協会
    制作:寺園慎一/小澤泰山

    日本の自閉症の若者・東田直樹さんの書いたエッセイが20か国以上で翻訳されベストセラーになっている。英訳したのは、イギリスの作家デイヴィット・ミッチェル氏。彼にも自閉症の息子がいる。東団の本を読んでまるで息子が語り変えているように感じたと言う。ミッチェル氏の訳した本は、自閉症の子どもを持つ世界の家族に希望の灯りをともした。日本の自閉症の若者と外国人作家の出会いから生まれた希望の物語である。

  • 19

    マエストロ!

    アスミック・エース株式会社
    原作:さそうあきら
    監督:小林聖一郎
    音楽:上野耕治
    脚本:奥寺佐渡子

    若きヴァイオリニスト香坂のもとに舞い込んだ、解散した名門オーケストラ再結成の報。だが、練習所は廃工場、集まったのは再就職先も決まらない「負け組」楽団員たちアマチュアフルート奏者のあまね。そこに現れた謎の指揮者天道だった。天道の自分勝手な進め方に、楽団員誰もが猛反発するが、次第に彼が導く音の深さに皆引き込まれていく。ただ一人、香坂を除いて。そして迎えた復活コンサート当日、楽団員が知らなかった、天道が仕掛けた”本当”の秘密があきらかになる。

  • 20

    鬼来迎
    -鬼と仏が生きる里-

    株式会社 桜映画社
    監督・脚本:村山正実/片岡希/井上実
    音楽:徳永由希子
    制作:山本孝行
    ©(公財)ポーラ伝統文化振興財団/桜映画社

    千葉県山武郡横芝光町にある虫生集落では、毎年8月16日の盆の施餓鬼供養のあとに演じられる仮面劇「鬼来迎」が受けつがれている。鬼や亡者、仏に扮するのは、集落に住むわずか25戸の男たちである。稽古風景から劇本番へ。自然の恵みの豊かな農村風景を交えつつ、役作りに励む人々の姿を追った。そこには、親から子、子から孫へと世代を越え、どんな時も途絶えることなく伝統芸能を守り受けついできた先達の思いがあった。

  • 21

    劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

    株式会社 ファントム・フィルム
    原作:トーベ・ヤンソン
    監督:グザヴィエ・ピカルド/ハンナ・ヘミラ
    音楽:ヴィルジニー・ミッチェル
    編曲:ジャン=リュック・サヴァリノ
    脚本:レスリー・スチュアート/アンニナ・エンケル/ハンナ・ヘミラ/グザヴィエ・ピカルド
    制作:ハンナ・ヘミラ/グザヴィエ・ピカルド/ソフィア・ヤンソン

    ムーミン一家は、ムーミン谷を抜け出し、南の海へとバカンスにやってきました。わくわくしていた気分もつかの間、フローレンとムーミンパパは貴族の豪華で贅沢な暮らしにすっかり虜になってしまいます。そんな二人に腹を立てたムーミンとムーミンママはホテルから飛び出してしまいます・・・!果たしてムーミンたちはこのままバラバラになってしまうのでしょうか?

  • 22

    くちびるに歌を

    アスミック・エース株式会社
    原作:中田永一
    監督:三木孝浩
    音楽:松谷卓
    脚本:持地佑季子/登米裕一

    長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、”15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かす。

  • 23

    サムライフ

    有限会社ビターズ・エンド
    原作:長岡秀貴
    監督:森谷雄
    音楽:原田智英
    脚本:及川拓郎
    制作:森本友里恵

    半身不随と恩師の死、そして周囲の反対を乗り越え教師になったナガオカ。27歳になった彼は、学校設立という夢を叶える為、高校教師を辞める。そんな彼の元に4人の元教え子が集結。しかし、ナガオカの彫金は725円。学校設立の資金を集める為、彼らはショットバーの開業とナガオカの自伝出版で起死回生をはかる。

  • 特別推薦

    24

    奇跡のひと マリーとマルグリット

    株式会社スターサンズ
    監督:ジャン=ピエール・アメリス
    脚本:ジャン=ピエール・アメリス/フィリップ・ブラスバン

    聾の少女たちが暮らす修道院もやってきた、生まれつき目と耳が不自由な少女マリーは、まるで野生動物のように獰猛で誰にも心を開かなかった。不治の病を抱えた修道女マルグリットは、その命が全てを賭けてマリーに”世界”を与えるべく教育係となることを決意する。やがて困難の末、”世界”を知る糸口を掴むマリーだったが、二人の別れは目前に迫っていた。19世紀末、フランスに実在した少女の知られざる奇跡を描いた真実の物語。

  • 特別推薦

    25

    隣る人

    アジアプレス・インターナショナル
    監督:刀川和也
    企画:稲塚由美子
    制作:野中章弘/大澤一生

    「子どもたちと暮らす」ことを実践する児童養護施設、「光の子どもの家」の生活に8年間密着し、その日常を淡々と丁寧に描いたドキュメンタリー。子どもに寄り添い続ける保育士たち。離れて暮らす子どもとふたたび生活できるようになることを願い人生を修復しようともがく実の親など、生命力に溢れる人々が瑞々しく描かれ、どこにでもありそうな日常なのに、観る者を笑いと涙、人と人とのぶつかり合いの温もりで包み込む。

ページの先頭へ戻る