文字サイズの変更

児童福祉文化財

  1. 児童福祉文化財 ホーム
  2. 出版物

平成29年度版 児童福祉文化財年報

出版物

  • ぼくたちの相棒

    1

    ぼくたちの相棒

    株式会社あすなろ書房
    発行年月: 2015年 11月
    著:ケイト・バンクス/ルパート・シェルドレイク
    訳:千葉茂樹
    絵:杉田比呂美
    ページ数:256p
    定価(税別):1,400円
    対象:小学校高学年以上
    ISBN978-4-7515-2762-7

    10歳の少年レスターは、引っ越してきたばかりで、ひとりぼっち。心を許せるのは、4歳のときから飼っている犬のビル・ゲイツだけ。一方、転入したクラスで出会ったジョージは、自分の犬のバートをとてもかわいがっていて、理科の課題で、バートといっしょに、テレパシーについて調べる実験をはじめようとしていました。それは・・・・・・。

  • 車夫

    2

    車夫

    株式会社小峰書店
    発行年月: 2015年 11月
    作:いとうみく
    ページ数:256p
    定価(税別):1,500円
    対象:中学生以上
    ISBN978-4-338-28706-7

    両親の相次ぐ出奔により高校を中退し、とうぜん大好きだった陸上も辞め、人力車のひき手〈車夫〉として働きはじめた吉瀬走と、彼を支える周りの人たちとの物語。スカイツリーをのぞみ、連日観光客でにぎわう浅草は、多くの人たちの人生が交差する場所。そんな浅草を舞台に、風をきって走る人力車で、自分の人生を切りひらこうとする少年の姿をさわやかに描く青春ストーリー。

  • チポロ

    3

    チポロ

    株式会社講談社
    発行年月: 2015年 11月
    著:菅野雪虫
    ページ数:280p
    定価(税別):1,400円
    対象:小学校高学年以上
    ISBN978-4-06-219745-8

    力も弱く、狩りも上手ではない少年・チポロ。そんなチポロに,姉のような優しさで世話を焼く少女・イレシュ。彼らの住むススハム・コタン(シシャモの村)に、神であるシカマ・カムイが滞在し、<魔物>たちが現れることを告げる。そして、シカマ・カムイの言葉どおり、大挙して現れた魔物たちは、イレシュをさらっていったのだった。イレシュのいなくなった村で、チポロは、北のさいはての港町・ノカピラに、触れたものを瞬時に凍らせ、貧しき人々に食糧を届けてくれる「魔女」と呼ばれる少女が現れたことを商人から伝え聞いた。その少女にイレシュの痕跡を見つけたチポロは、弓の修業を積んだ末、「魔女」がイレシュではないか確かめるため、そして魔物からイレシュを奪還するため、ミソサザイの神とともに、ノカピラを目指すのだった——。

  • うなぎ
一億年の謎を追う

    4

    うなぎ 一億年の謎を追う

    株式会社学研プラス
    発行年月: 2014年 11月
    著:塚本勝巳
    ページ数:200p
    定価(税別):1,400円
    対象:小学校高学年・中学生
    ISBN978-4-05-203612-5

    日本ではとおく万葉集のころから、スタミナ食として口にされてきたウナギ。実はとても謎の多いミステリアスな生き物だ。ウナギの生態を40年間も追い続けて研究し、ついに世界初の天然ウナギの卵を発見した博士のものがたり。国語の教科書(光村図書 四下)にも載っている『ウナギのなぞを追って』の作者、塚本勝巳先生が実際の船の上などで体験してきたことを語る、わくわくドキドキ、科学の謎解きストーリー。

  • はっきょい どーん

    5

    はっきょい どーん

    株式会社講談社
    発行年月: 2015年 9月
    作:やまもとななこ
    ページ数:32p
    定価(税別):1,400円
    対象:幼児・小学校低学年
    ISBN978-4-06-133259-1

    お相撲の醍醐味がぎゅっと凝縮された痛快な絵本です。小兵の「明の海」が大横綱「武留道山」に挑む大一番が物語の舞台です。気合い充分、さあ、まったなし!みあって、みあって、はっきょい、どーん、とぶつかりあう身体と身体。押し込まれながらも土俵際での粘りを見せる明の海。力をためて横綱を投げ飛ばし、見事に勝利をおさめます。小さくても大きな横綱に勝てる、あきらめない心が子どもに伝わることを願った一作。

  • お静かに、父が昼寝しております

    特別推薦

    6

    お静かに、父が昼寝しております
    ユダヤの民話

    株式会社岩波書店
    発行年月: 2015年 12月
    編訳:母袋夏生
    絵:出久根育
    ページ数:288p
    定価(税別):720円
    対象:小学校高学年以上
    ISBN978-4-00-114229-7

    約2000年ものあいだ、世界各地に散って暮らしてきたユダヤ人は、ユダヤ教の信仰と伝統を守りながらも、同時に、住み着いた土地の人々と交流し、影響しあってきました。各地の伝承と混じりあって生まれ、語り継がれてきたユダヤ民話、ユダヤ教の教えを伝えるたとえ話、創世記から紡がれた物語など38編を収録します。

  • ゆうかんな猫 ミランダ

    7

    ゆうかんな猫 ミランダ

    株式会社岩波書店
    発行年月: 2015年 12月
    作:エレナー・エスティス
    訳:津森優子
    絵:エドワード・アーディゾーニ
    ページ数:128p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校中学年以上
    ISBN978-4-00-115670-6

    アメリカの児童文学作家エレナー・エスティスによる、ローマ時代の町を舞台にした,猫たちの冒険物語。ほこりたかき黄金色の猫ミランダはおだやかな生活から一転、火事で焼けだされたみなしご猫数十匹のめんどうを見ることに。肝っ玉かあさんミランダの知恵と勇気がさえわたります。巨匠エドワード・アーディゾーニの美しい線描画がお話を彩ります。

  • 白い池 黒い池 
イランのおはなし

    8

    白い池 黒い池
    イランのおはなし

    光村教育図書株式会社
    発行年月: 2015年 2月
    再話:リタ・ジャハーン=フォルーズ
    訳:もたいなつう
    絵:ヴァリ・ミンツィ
    ページ数:47p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校中学年
    ISBN978-4-89572-883-6

    継母とその娘にこき使われる毎日のシラーズは、ある日、風に飛んでいった母の遺品の毛糸玉を追い、不気味な家を訪ねた。頼み事をやれば毛糸玉を返すという老婆の言葉に従い一歩ふみ込むと、そこには汚れ放題の台所と庭があった。壊してくれという頼みに逆らい、シラーズは台所も庭も、さらに老婆の髪も美しく整えた。毛糸玉を返してもらい、老婆の言いつけどおり二つの池につかり、家に帰ると・・・。美しい心のあり方を問うイランの民話。

  • あたし、メラハファがほしいな

    9

    あたし、メラハファがほしいな
    さばくのくに モーリタニアのおはなし

    光村教育図書株式会社
    発行年月: 2014年 12月
    文:ケリー・クネイン
    訳:こだまともこ
    絵:ホダー・ハッダーディ
    ページ数:33p
    定価(税別):1,300円
    対象:小学校低学年・中学年
    ISBN978-4-89572-880-5

    ここはサハラ砂漠が広がる国、モーリタニア。頭にターバンを巻いた男の子たちが、ロバに乗っている。丈の長いダッラーアを着た男の人たちが、散歩をしている。色とりどりのメラハファをまとった女の人たちが、街角でおしゃべりしている。お母さんは、家の上でお祈りをしている。星より、ラクダより、あたし、メラハファが欲しいな。だって・・・・・・。イスラーム教徒の女性がまとうベール、メラハファに憧れる少女の姿を色鮮やかに描く。

  • みずたまのたび

    10

    みずたまのたび

    株式会社西村書店
    発行年月: 2015年 3月
    作:アンヌ・クロザ
    訳:こだましおり
    ページ数:40p
    定価(税別):1,300円
    対象:幼児・小学校低学年
    ISBN978-4-89013-949-1

    わたしはちいさなみずたま。ネコがみずをのんだボウルのそこにひとつぶのこった。おひさまに照らされて、空にまいあがり、雲にのり、雨になって、また土のなかへ。そして、川から海へと旅をつづける・・・。さまざまなかたちにすがたを変えて、いろいろないきものに出会いながら、地球をめぐる“みずたま”の旅。とびきり美しく洗練されたイラストの科学絵本。

  • ともだちになろう

    11

    ともだちになろう

    株式会社西村書店
    発行年月: 2015年 5月
    作:ミース・ファン・ハウト
    訳:ほんまちひろ
    ページ数:26p
    定価(税別):1,200円
    対象:幼児
    ISBN978-4-89013-957-6

    ともだちと出会って、遊んで、けんかして・・・。うまくなかなおりできるかな?どうやって自分の気持ちを伝えたらいいのかは?まっ黒な背景にダイナミックに描かれたゆかいなかいじゅうたちが、シンプルな言葉で、子どもたちのともだちづくりを応援。ともだちができた時の“ドキドキ”に寄りそう「こころ絵本」。

  • 北極 いのちの物語

    12

    北極 いのちの物語

    株式会社偕成社
    発行年月: 2015年 6月
    写真・文:寺沢孝毅
    ページ数:40p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校中学年以上
    ISBN978-4-03-332480-7

    北極に生きる生き物の姿と、命と命のつながりがわかる写真絵本。ホッキョクグマが多くすむノルウェーのスバールバル諸島。中心都市のロングイヤービエンは北極点まで1200キロの北極圏にある。真冬、ホッキョクグマは主食のアザラシをじゅうぶんに食べているようだった。しかし初夏、著者が目にしたのは、その意外な姿だった。さまざまな北極の風景や生き物たち、氷の減少等を見て、北極の生き物たちの生態系や地球温暖化の影響を理解。

  • 北をめざして

    13

    北をめざして
    動物たちの大旅行

    株式会社福音館書店
    発行年月: 2016年 1月
    作:ニック・ドーソン
    訳:いだてつじ
    絵:パトリック・ベンソン
    ページ数:52p
    定価(税別):1,600円
    対象:小学校中学年・高学年
    ISBN978-4-8340-8182-4

    冬の間は氷雪に閉ざされ、暗くて寒い北極。しかし太陽が降り注ぐ季節を迎えると、氷の下で寒さに耐えていたあらゆる命が息をふきかえし、爆発的な勢いでふえます。その恩恵にあずかるために、さまざまな動物たちが、世界のあちこちから北極へと旅立ちます。空を飛び、陸地を歩き、川や海を泳ぎ、危険をかえりみることなく、動物たちは北をめざします・・・。地球規模の生き物のつながり、多くの命を育む極地の豊かな自然を実感できる絵本。

  • ウミガメものがたり

    14

    ウミガメものがたり

    株式会社童心社
    発行年月: 2016年 5月
    作・絵:鈴木まもる
    ページ数:32p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校低学年・中学年
    ISBN978-4-494-00520-8

    だれもいない夏の夜の砂浜。海の中から何かがやってきました。ウミガメのお母さんが卵を生みにきたのです。生まれた子ガメたちは、明るいほうを目指していきます。その先には、ひろいひろい海があるのです。日本から10,000㎞も離れたカリフォルニアを目指して、壮大な旅のはじまりです。ウミガメが成体になり、日本に戻ってくるまでの約20年間が描かれています。厳しくも豊かな自然を生きるウミガメの成長を描いた物語。

  • カルペパー一家のおはなし

    特別推薦

    15

    カルペパー一家のおはなし

    株式会社瑞雲舎
    発行年月: 2016年 6月
    文:マリオン・アビントン
    訳:清水眞砂子
    絵:ルイス・スロボドキン
    ページ数:160p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校中学年
    ISBN978-4-907613-11-2

    デビーのお父さんが、紙を切り抜いて素敵なお家と紙人形を作ってくれました。ハンサムなお父さんと思いやり深いお母さん、4人の男の子と4人の女の子のカルペパー一家です。小さな紙人形から見た世界はなんて不思議と驚きに満ちていることでしょう!本のしおりにされたり、くもの巣にひっかかったりと困った目にもあいますが、いつも家族の力で立ち向かいます。仲良し紙人形一家の愉快な毎日が、いきいきと描かれる楽しいお話。

  • 干したから・・・

    特別推薦

    16

    干したから・・・

    株式会社フレーベル館
    発行年月: 2016年 3月
    写真・文:森枝卓士
    ページ数:34p
    定価(税別):1,400円
    対象:小学校中学年以上
    ISBN978-4-577-04371-4

    食と人の深い関わりを、身近な「干した食べもの」を例にして、解き明かしていく写真絵本。乾物、干物というと「ダサい」「地味」というようなイメージがぱっと思い浮かぶかもしれません。しかし「干す」ということは栄養価値を高め、旨みを凝縮し、なによりも、保存性を上げます。それは「食べる」ということを第一に考えた人間の知恵なのです。現代でも気づいていないだけで、私たちはほぼ毎日「干した食べもの」を口にしています。自分たちが毎日食べているものから、昔から受け継がれてきた知恵、そして生物が光や風といった自然の力を受けて、干され、食べものへと変化する不思議を伝えます。

  • すばこ

    17

    すばこ

    株式会社ほるぷ出版
    発行年月: 2016年 4月
    文:キム・ファン
    絵:イ・スンウォン
    ページ数:32p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校低学年・中学年
    ISBN978-4-593-50582-1

    巣箱は、ひとが作った鳥の家です。小動物のすみかである森が減っていくなか、巣箱をかけることは、簡単で身近な自然保護と言われています。素材も、かたちも、大きさもいろいろな巣箱、もとはドイツの貴族の男性がはじめたものなのです。日本ではまだあまり知られていない巣箱の起源と、その楽しみ方を描いたノンフィクション絵本。巻末に豊富な写真の入った解説つきです。

  • ミミズの謎

    18

    ミミズの謎
    暗闇で光るミミズがいるって本当!?

    株式会社誠文堂新光社
    発行年月: 2015年 11月
    著:柴田康平
    ページ数:128p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校中学年以上
    ISBN978-4-416-11520-6

    校庭や庭の土を掘り返すとニョロニョロ出てくるミミズは、人間にとって身近な存在です。しかし、その生態やなぜ地上に出てきて、干からびて死んでしまうのか、といった謎も多い生物です。著者は、通勤路で干からびたミミズを見ているうちに、なぜ死んでしまうのに地上に出てきてしまうのか不思議に思い、ミミズについて調査を始めました。「干からびミミズ」の数を数え、天候、気温、湿度、風向き、月齢など様々なデータと照らし合わせつつ、学会の仲間と情報交換をしながら、調査・研究を進めていきました。さらに、光るミミズの存在を知り、その分布の調査にも取り組みます。ミミズの研究の過程を紹介することで、データの取り方からその活用、仮説の検証といった、研究の進め方や科学的な考え方を伝える一冊です。

  • トンチンさんはそばにいる

    19

    トンチンさんはそばにいる

    株式会社童心社
    発行年月: 2016年 7月
    作:さえぐさひろこ
    絵:ほりかわりまこ
    ページ数:63p
    定価(税別):1,000円
    対象:小学校中学年
    ISBN978-4-494-01163-6

    ゆうくんは、ときどき思いがけないことを言ったり、言い当てたりすることがあります。わたしのTシャツの水玉模様の数をパッと言い当てたり、晴れてるのに雷が鳴るのがわかったり、毛虫が落ちてくるのがわかったり。「どうしていろんなことがわかるの?」ひなたちゃんがきくと、「トンチンさんが教えてくれる」とゆうくん。ゆうくんが「トンチンさんはそばにいる」というのだから、それでいいとひなたちゃんは思います。そして、自分と友だちのまおちゃんも、ゆうくんのそばにいるよ、と伝えるのでした。

  • モンスーンの贈りもの

    20

    モンスーンの贈りもの

    鈴木出版株式会社
    発行年月: 2016年 6月
    作:ミタリ・バーキンス
    訳:永瀬比奈
    ページ数:318p
    定価(税別):1,600円
    対象:小学校高学年以上
    ISBN978-4-7902-3317-6

    インド生まれの母とアメリカ人の父をもつ、カリフォルニアの15歳の少女ジャズ。母が育った孤児院のあるインドのプネで、一家はひと夏をすごすことになる。信じていた人に裏切られるという苦い経験のせいで、ジャズの心はちぢこまっていた。遠い異国の地で、少しずつ心を開いたジャズは、自分自身の生き方、家族それぞれの生き方、自分が人にできることはなにか考えはじめ、行動に移す。

  • 知里幸恵物語

    21

    知里幸恵物語
    アイヌの「物語」を命がけで伝えた人

    株式会社PHP研究所
    発行年月: 2016年 6月
    著:金治直美
    ページ数:159p
    定価(税別):1,400円
    対象:小学校高学年以上
    ISBN978-4-569-78564-6

    主人公・知里幸恵(1903-1922)は、アイヌ独自の文化の華ともいえる叙事詩ユカラの日本語訳をアイヌ民族として初めて行った人である。幸恵は、東京の金田一京助博士の家に寄宿し、ローマ字でユカラを表記し、それを日本語訳にする作業を始めたが、4か月後、「アイヌ神謡集」の日本語訳を完成させた直後に夭折する。彼女の短い生涯を追いながら、アイヌ文化の豊かさを伝えるノンフィクション。

  • 春風亭一之輔のおもしろ落語入門

    22

    春風亭一之輔のおもしろ落語入門

    株式会社小学館
    発行年月: 2016年 4月
    著:春風亭一之輔
    絵:山口晃
    ページ数:128p
    定価(税別):1,500円
    対象:小学校中学年以上
    ISBN978-4-09-227182-1

    古典落語から「転失気」「初天神」「堀之内」「鈴ヶ森」「あくび指南」「長屋の花見」「井戸の茶碗」の7本を、子どもが理解しやすいように再構成し、総ルビと、注を補って収録。各噺には、イメージを膨らませる助けとなる挿絵と、理解を深めるための「ひとこと解説」を完備。また、落語の知識を深めるために、その歴史や舞台である江戸の町についての解説、手拭いと扇子を使って演じるしぐさを紹介するページも設けた。

  • 戦火の三匹 ロンドン大脱出

    23

    戦火の三匹
    ロンドン大脱出

    株式会社徳間書店
    発行年月: 2015年 11月
    作:ミーガン・リクス
    訳:尾高薫
    ページ数:264p
    定価(税別):1,600円
    対象:小学校高学年以上
    ISBN978-4-19-864050-7

    1939年9月、英国がドイツに宣戦布告すると、ロンドンに住む12歳のロバートは、妹と共に、遠いデヴォン州に住む祖母の元へ疎開することになった。ペットの犬2匹と猫は、知人が面倒をみてくれるという。しかし、三匹はそこで恐ろしい目にあいそうになり、逃げ出すと、デヴォン州を目指して歩き出した・・・。戦争の始まりがもたらした日常の変化を、ロバートたちの厳しい疎開生活や祖母の老い、動物たちの冒険などを交えながら綴ります。

  • ルイージといじわるなへいたいさん

    24

    ルイージといじわるなへいたいさん

    株式会社徳間書店
    発行年月: 2015年 9月
    作・絵:ルイス・スロボドキン
    訳:こみやゆう
    ページ数:64p
    定価(税別):1,700円
    対象:小学校低学年・中学年
    ISBN978-4-19-864018-7

    ルイージは、国境の近くにすんでいる男の子。毎週土曜日、バスにのってとなりの国にバイオリンを習いに通っています。バスにはいつも、へいたいさんがのりこみ、密輸をする悪い人はいないか、お客さんの荷物を調べます。なかでも、鼻の長いへいたいさんは、ルイージのおべんとうをのぞいたり、ケーキをつぶすようになりました。ルイージのケーキを毎週楽しみにしていたバイオリンの先生は怒って、へいたいさんをこらしめようと・・・?

  • なりたて中学生 なりたて中学生 なりたて中学生

    25

    なりたて中学生
    初級編/中級編/上級編

    株式会社講談社
    著:ひこ・田中
    対象:中学生

    初級編
    発行年月: 2015年 1月
    ページ数:255p
    定価(税別):1,400円
    ISBN978-4-06-219323-8

    中級編
    発行年月: 2015年 11月
    ページ数:335p
    定価(税別):1,500円
    ISBN978-4-06-219698-7

    上級編
    発行年月: 2016年 10月
    ページ数:391p
    定価(税別):1,500円
    ISBN978-4-06-220074-5

    ちょっと頼りなくなってええやん。「中学生」のなり方マニュアル、ここに完結!広報委員として「観察して、取材する」中学生活を送るのが信条のテツオは、夏休み中、学校に通って部活見学を始めます。体育祭では集団で同じことをすることに違和感を覚えたテツオですが、あれ?部活に打ち込んでいる級友たちを見ても、不気味じゃない・・・・・・。二学期に入って最初のメインイベント「文化祭」。広報委員会は、各部の出し物をライブ中継することになり、スマホを片手にテツオも、あちこち走り回るハメになるのです——。

  • 〈シリーズ〉サバンナを生きる 〈シリーズ〉サバンナを生きる 〈シリーズ〉サバンナを生きる 〈シリーズ〉サバンナを生きる 〈シリーズ〉サバンナを生きる

    特別推薦

    26

    〈シリーズ〉サバンナを生きる
     ゾウのこども
     ライオンのこども
     キリンのこども
     シマウマのこども
     カバのこども

    株式会社徳間書店
    写真・文:ガブリエラ・シュテープラー
    訳:たかはしふみこ
    定価(税別):各1,800円
    対象:小学校中学年

    ゾウのこども
    発行年月: 2016年 3月
    ページ数:63p
    ISBN978-4-19-864097-2

    ライオンのこども
    発行年月: 2016年 4月
    ページ数:47p
    ISBN978-4-19-864098-9

    キリンのこども
    発行年月: 2017年 1月
    ページ数:47p
    ISBN978-4-19-864331-7

    シマウマのこども
    発行年月: 2017年 2月
    ページ数:47p
    ISBN978-4-19-864338-6

    カバのこども
    発行年月: 2017年 3月
    ページ数:47p
    ISBN978-4-19-864340-9

    アフリカの大地を愛し、野生動物保護区で撮影を続けてきた南ドイツ出身の女性動物写真家による迫力の写真絵本。アフリカのサバンナで生きる動物の親子の姿と、子どもが強くたくましく成長していくさまを、写真を臨場感あふれる文章で生き生きと伝えます。巻末にはそれぞれの動物の特徴や、今日の課題など、細かく詳しい解説があり、子どもたちが環境や地球のことを考えるきっかけとなる写真絵本です。

  • 小やぎのかんむり

    27

    小やぎのかんむり

    株式会社講談社
    発行年月: 2016年 4月
    著:市川朔久子
    ページ数:252p
    定価(税別):1,400円
    対象:中学生
    ISBN978-4-06-220005-9

    厳格で上から物を言う父、それに従う母。中学3年生の主人公・夏芽は、そんな毎日を捨て去るように、遠く離れた山寺でのサマーキャンプに申し込む。だが参加者は、たったひとり。一風変わった住職達や寺に置き去りにされた五歳の雷太の登場で、夏芽は「人は宝である」ということを少しずつ学んでいく。草刈り担当の3匹のヤギを見守る雷太、雷太を救う夏芽、夏芽を応援する人々との夏を丁寧に見つめ、人の優しさを描く、感動作。

  • 零戦パイロットからの遺言

    28

    零戦パイロットからの遺言
    原田要が空から見た戦争

    株式会社講談社
    発行年月: 2016年 9月
    著:半田滋
    ページ数:190p
    定価(税別):1,200円
    対象:中学生
    ISBN978-4-06-287022-1

    志願して軍に入り、憧れの戦闘機パイロットになった軍国少年は、「効率よく大量の人間を殺せ」という使命に何の疑問も抱きませんでした。しかし、戦争でむごたらしく奪われる命、国家の非情で引き裂かれる仲間たちの人生を目の当たりにして、何かが変わっていったのです——。99歳という高齢、重篤な病という状況にあって、原田さんは最期の気力をふりしぼってインタビューにのぞみ、2016年5月に99歳で亡くなりました。原田さんが次世代に託したのは、口先だけの「反戦」では決して伝わらない、「戦争の真実」です。

  • 16歳の語り部

    特別推薦

    29

    16歳の語り部

    株式会社ポプラ社
    発行年月: 2016年 2月
    著:雁部那由多/津田穂乃果/相澤朱音
    監修:佐藤敏郎
    ページ数:224p
    定価(税別):1,300円
    対象:中学生以上
    ISBN978-4-591-14822-8

    2016年3月11日、東日本大震災から5年。津波で甚大な被害を受けた宮城県東松島市に、3人の高校生たちがいる。彼らは、あの日を「ただのつらかった過去」にせず、「学び」に変えるために立ち上がった語り部だ。彼らは何を思い、歩んできたのか。なぜ、あの日のことを語ろうとするのか。そこには、生き残った彼らなりの使命感と葛藤が存在する。本書はあの日、小学5年生だった子どもたちが歩んできた3.11の記録であり、未来への希望だ。

  • あおのじかん

    30

    あおのじかん

    株式会社岩波書店
    発行年月: 2016年 6月
    文・絵:イザベル・シムレール
    訳:石津ちひろ
    ページ数:42p
    定価(税別):1,700円
    対象:小学校中学年以上
    ISBN978-4-00-111259-7

    太陽がしずみ、夜が訪れるまでのひととき、空の青色はだんだん深まっていきます。「マジック・アワー」「ブルー・アワー」とも称される、1日のうちでもとくべつ美しいひとときを描いたフランスの絵本です。水色から濃紺へうつりゆく空のもとで、アオカケスやアオガラ、コバルトヤドクガエルやシロナガスクジラなど、たくさんの「青い」生き物たちや植物が夜をむかえる姿を描きます。

  • 青空のかけら

    31

    青空のかけら

    鈴木出版株式会社
    発行年月: 2016年 10月
    作:S・E・デュラント
    訳:杉田七重
    絵:ケイティー・ハーネット
    ページ数:286p
    定価(税別):1,600円
    対象:小学校高学年
    ISBN978-4-7902-3318-3

    身寄りのない姉弟ミラとザックの願いは「家族」ができることでした。児童養護施設スキリー・ハウスで暮らすふたりを、いっぺんに養子にしてくれるという人はなかなかあらわれません。ほかの子たちが次々ともらわれていくなかふたりは古株になっていきます。ところがある夏、チャンスが訪れ・・・。ミラとザックが家族を見つけるまでの思いが丁寧につづられます。

  • アイヌのむかしばなし

    特別推薦

    32

    アイヌのむかしばなし
    ひまなこなべ

    株式会社あすなろ書房
    発行年月: 2016年 8月
    文:萱野茂
    絵:どいかや
    ページ数:32p
    定価(税別):1,400円
    対象:小学校中学年・高学年
    ISBN978-4-7515-2819-8

    アイヌでは万物に神が宿ると考えられ、中でもクマは特別な存在。肉や毛皮をもたらしてくれるお礼に、感謝の気持ちをこめて、にぎやかな宴を開きます。あるとき、そんなすばらしい宴の席で、クマの神は、踊りの上手な、不思議な若者に出会うのですが、その若者は・・・・・・?

ページの先頭へ戻る