熱中症を防ぐために知っておきたいこと熱中症予防のための情報・資料サイト

MENU

熱中症予防×コロナ感染防止

マスクの着用により、
熱中症のリスクが高まります

マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調整がしづらくなってしまいます。
暑さを避け、水分を摂るなどの「熱中症予防」と、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。

高温や多湿といった
環境下でのマスク着用は、
熱中症のリスクが高くなる
おそれがあります。

屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動リーフレット