看護部の理念

当園に勤務する看護部職員は各自の役割を自覚し、入所者が安心できる、心のこもった適切な看護・介護を提供する。

看護部の基本方針

入所者中心の看護・介護が継続して実践できるように、看護職員が自らの専門性を高め、心豊かな職業人として知識・技術の習熟をはかる。

看護部長あいさつ

一人ひとりの人生に寄り添う看護の原点があります

 

 多磨全生園では、まさに、今の社会に求められている看護を実践しています。高齢者の心身の機能を察知し、必要な医療・看護をアセスメントし提供する体制が整っています。
 入所者の人生サポートの担い手として、「医療」と「生活」の両方の視点を持って、全体を見通し、状態の変化に合わせて、必要な時に必要なサービスが必要な場所で提供できるように、医療・介護などのサービス全体を統合的にマネジメントして入所者の暮らしをコーディネートできる自立した看護師の育成を目指しています。
 多磨全生園での経験は、今後の社会において活躍するためのスキルを学ぶ良い経験となることは間違いありません。真に「寄り添う」ということを共に考え、誇りを持って看護を実践したいという仲間を募集しています。

 

                          国立療養所多磨全生園 

                           看護部長 松岡 宣代