学校トップへ戻る   カリキュラム   学校生活   アクセス

教育理念

   当校は生命の尊厳、人権の尊重と高い倫理観を基盤とした豊かな人間性を養い、人間に対する深い理解と共感を持つことのできる専門職業人を育成します。 科学的な知識に基づき主体的に行動できる看護実践者を育成します。 保健医療福祉の発展に対応できる生涯学習能力、研究的態度を育成します。

教育目的

   看護師として必要な知識・技術・態度を教授し、社会に貢献しうる有能な看護実践者を育成する。

学校の特徴

 本校は国立療養所多磨全生園の一画に昭和43年4月に設立されました。1クラス20名の学級編成は、学生と教官が密接に触れ合い学生一人ひとりがもてる力を十分に発揮することができます。

沿革

昭和28年4月1日国立療養所多磨全生園附属准看護学院 開設
昭和43年3月国立療養所多磨全生園附属准看護学院 閉校
昭和43年4月1日国立療養所多磨全生園附属高等看護学院
(看護婦2年課程・入学定員20名)開設
昭和50年4月2日国立療養所多磨全生園附属看護学校に名称変更
昭和51年4月1日学校教育法82条 第2項に規定する専修学校(専門課程)となる。
平成7年1月23日専門士の称号付与告知 文部省告知番号第7号
平成23年7月在宅室、情報科学室、図書室、男子更衣室増築
平成29年3月31日卒業生924名

                                     


HOMEへ戻る