イベント情報

☆採用個別相談会、医療政策セミナー、レジナビの日程を更新しました。

■各種イベント情報をメールでお送りします。(医科のみ)

医系技官を将来の進路として具体的に考えている方の登録を受け付けています。
各種イベントや採用試験に関する情報の他、医師、又は2020年3月時点で医学部卒業見込みで希望される方には、現役医系技官から個別に連絡させて頂きます。

登 録
申込み
登録を希望される方は、医系技官採用メールアドレス(ikeisaiyo@mhlw.go.jp)まで、件名を「医系技官情報登録」として、本文に下記の登録情報(1)~(9)を記載して送付ください。
登録情報 (1)氏名:
(2)卒業年:
(3)卒業大学:
(4)現在の所属機関:
(5)メールアドレス:
(6)電話番号:
(7)連絡を希望する連絡先(メールか電話か):
(8)医系技官関心度合い:以下の番号を記載してください
  1.2020年度の受験を具体的に検討中
  2.まだ受験対象者(2020年5月時点で研修医2年目以上)ではないが、将来の受験を具体的に検討
  3.受験対象者に該当しているが、2020年度の受験ではなく将来の受験は検討
  4.まだ具体的な受験を検討するまでには至っていないが、医系技官を進路の一つとして検討している。
  5.その他( )
(9)現役医系技官からの個別連絡の希望の有無(2020年3月医学部卒業見込み以上の方):

2020年度 採用個別相談会(医科のみ)New

2020年3月時点で医学部卒業見込み以上の方で医系技官採用試験の受験を検討中の方を対象に、業務内容やキャリアパス、処遇等の個別相談を受け付けます。 個別相談は1時間程度です。
カジュアルな服装でお越しください。お越しになる場合には、参加申込みが必要です。

第1回
申込み
受付中
日時:2020年3月14日(土)11:00~13:00
会場:厚生労働省
※医療政策セミナーにも参加希望される方は、医療政策セミナー申し込みフォームから申し込みください。
第2回 日時:2020年8月1日(土)11:00~13:00
会場:厚生労働省
※医療政策セミナーにも参加希望される方は、医療政策セミナー申し込みフォームから申し込みください。
その他

平日に随時受け付けしています。
厚生労働省にお越しいだける都合の良い日時(時間は問いません)を3点程度ご連絡ください。お越しいただくことが困難な方は、電話での個別相談も受け付けています。

会場:厚生労働省

参 加
申込み
参加を希望される方は、 医系技官採用メールアドレス(ikeisaiyo@mhlw.go.jp) まで、
件名を「採用個別相談会参加申し込み」として、本文に下記(1)~(6)を記載して送付ください。
(1)氏名(ふりがな)
(2)性別
(3)年齢
(4)所属(勤務先or大学名)及び、医師・歯科医師は卒業大学
(5)卒業年(見込み年)
(6)連絡先アドレス
(7)開催回・開催日、または、面談を希望する日時(3点程度ご呈示ください)
(8)特にお聞きになりたいこと(あれば)

2020年度 医療政策セミナー(医科のみ)New

毎年応募者が多数の人気企画です。
参加される方々と現役の医系技官がグループとなり、具体的な政策テーマについて
ディスカッションやプレゼンテーションを行います。
医系技官とざっくばらんに話せる機会でもあり、2019年度は全国から約100名の若手医師・
医学生が参加、若手医系技官も20名以上が参加しました。
カジュアルな服装でお越しください。参加申込みが必要です。


こちらから2019年3月2日に開催したセミナーの様子がご覧いただけます。

対 象 実践的な医療政策を真剣に学ぶことを希望する医師(医科のみです)及び医学部学生
第1回
申込み
受付中

日時:2020年3月14日(土)13:00~20:00

・ディスカッションテーマは、決まり次第発表します。
第2回

日時:2020年8月1日(土)13:00~20:00

場 所 厚生労働省会議室(予定)
参 加
申込み
参加を希望される方は医療政策セミナー申し込みフォームからお申し込みいただくか、
下記の申込書をダウンロードのうえ、医系技官採用メールアドレス (ikeisaiyo@mhlw.go.jp) までメールにて送付ください。
申込多数の場合は、先着もしくは抽選となることがあります。

医療政策セミナー申込書 [32KB]

申込み締切
 第1回:2020年3月2日(月)
 第2回:2020年7月13日(月)

2019年度 公開勉強会(医科のみ)

医療政策に関わるテーマを題材にした公開勉強会を開催しています。
医療政策セミナーとの違いは、
(1) 平日夜間(18:30-20:00)に、
(2) お互い顔の見える範囲(最大30名程度)で、
(3) 参加者全員(医系技官を含め)で自由討論 
する点にあります。
カジュアルな服装でお越しください。参加申込みが必要です。

対 象 医系技官を進路として検討中の医師(医科のみです)及び医学部学生 ※定員あり
場 所 厚生労働省内会議室
第1回
日時:4月19日(金)18:30~20:00
テーマ:外国人に対する医療について
講師 :高崎室長(医政局研究開発振興課医療技術情報推進室)

訪日外国人は2000万人を突破し、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催も控えるなか、政府は、観光先進国の実現に向けて、2020年4,000万人、2030年6,000万人の訪日外国人観光客数達成の目標を掲げて、訪日外国人観光客の誘致、受入環境の整備に取り組んでいます。
増え続けている外国人患者がさらに増加することが予想されるなか、医療機関はもとより、宿泊業・旅行業・救急搬送等の関連する現場において、言語、文化、支払慣習の相違等に起因して多くの課題が生じ、対応に悩む施設や地域も多いのではないでしょうか。
この状況に対応するため、医療機関にとどまらず、各都道府県の衛生部局、観光部局等、管内の市町村や医師会・関係団体が連携した、体制づくりが求められます。
全国の医療機関の実態を調査したデータに基づき、どのような課題があるかを議論し、導かれる施策についてともに考えていきませんか。

申込み締切:4月16日(火) 終了しました
第2回
日時:6月28日(金)18:30~20:00
テーマ:医師の働き方改革
講師 :堀岡室長(医政局医事課医師養成等企画調整室)

今年の4月から働き方改革で民間企業に残業規制が適用されました。
これは平成29年頃から議論してきたことの結果ですが、医師の働き方改革についても並行して議論がされてきました。
民間と同じような規制をすると医療が成り立たない実態もある一方で、働き過ぎの医師をどのように守っていくかが課題です。
これまで3年来議論してきた内容を踏まえて、医師の働き方についてともに考えていきませんか。

申込み締切:6月26日(水)終了しました
第3回
日時:9月13日(金)18:30~20:00
テーマ:感染症のまん延を防ぐための手立てを考える ~風しん対策を例に~
講師 :原澤課長補佐(保険局医療課)

感染症の流行は、いつ、どのような形で起こるか、予想がしにくいものです。
一方で、適切な対策を考え、実施することにより、その拡大を防ぎ、抑えることが可能な場合もあります。
今回の公開勉強会では、昨年から、国内で報告数が増加している「風しん」について、どのような経緯で対策が立案されてきたか、参加者の皆さんに「担当者」として追体験していただく形で、感染症対策の考え方や、施策立案の面白さ、難しさを感じていただきたいと考えています。
行政の仕事に興味のある方、感染症対策に興味のある方、風しん対策をもっとこうしたいと思われている方、この案内文を読んで「何となく面白そう」だと思っていただけた方…皆様のご参加をお待ちしております!

申込み締切:9月10日(火)終了しました
第4回
日時:2020年1月24日(金)18:30~20:00

テーマ:親と子の健やかな成長を目指す母子保健政策のあり方
講師 :知念課長補佐(子ども家庭局母子保健課)

少子化が進み、子どもの数が減っている社会にあって、1人1人の子どもが健やかに育つことは極めて重要な課題です。一方で、子どもの虐待などの痛ましい事件は後を絶たず、親子や子育てを取り巻く環境の厳しさを物語っているともいえます。
母子保健政策は古い歴史のある施策ですが、現代の日本が抱える問題を改めて捉え直し、時代に応じた政策へと進化していくためには、どのような取組が必要でしょうか。皆さんそれぞれの視点で、これからの親子・家族支援を考えてみてください。多くの方のご参加をお待ちしております!


申込み締切:1月20日(月) 終了しました

2020年 医学生・医師向けイベントへの出展(予定)New

公衆衛生医師(厚生労働省)のブースにて、医系技官についての説明を行っています。現役の医系技官も複数参ります。お気軽にお越し下さい。

東京
民間医局 レジナビフェア スプリング 2020 東京 研修医向け~専門研修プログラム~
 日時:2020年6月14日(日)12:00~17:00
 会場:パシフィコ横浜 
民間医局 レジナビフェア 2020 東京 医学生向け~臨床研修プログラム~
 日時:2020年9月13日(日)10:00~17:00
 会場:パシフィコ横浜 
大阪
民間医局 レジナビフェア 2020 大阪 医学生向け~臨床研修プログラム~
 日時:2020年7月5日(日)10:00~17:00
 会場:インテックス大阪 

厚生労働省職場体験実習(インターンシップ) 

インターンシップとは、厚生労働省で仕事を体験するものです。本省において実務を体験することにより、 厚生労働省への理解を深めてもらうことを目的としています。 大学生および大学院生を対象としており、夏期休暇を利用して1 週間~ 1ヶ月程度の期間、保健医療政策に関わる部署などで働くことを体験できます。 例年4 月下旬から受付を開始し5 月下旬~ 6月初旬が〆切です。 募集の詳細は、4月下旬~5月上旬に インターンシップのページに掲載予定です。