イベント情報

■各種イベント情報をメールでお送りします。(医科のみ)

医系技官を将来の進路として具体的に考えている方の登録を受け付けています。
各種イベントや採用試験に関する情報の他、医師、又は2022年3月時点で医学部卒業見込みで希望される方には、現役医系技官から個別に連絡させて頂きます。

登 録
申込み
登録を希望される方は、医系技官採用メールアドレス(ikeisaiyo@mhlw.go.jp)まで、件名を「医系技官情報登録」として、本文に下記の登録情報(1)~(9)を記載して送付ください。
登録情報 (1)氏名:
(2)卒業年:
(3)卒業大学:
(4)現在の所属機関:
(5)メールアドレス:
(6)電話番号:
(7)連絡を希望する連絡先(メールか電話か):
(8)医系技官関心度合い:以下の番号を記載してください
  1.2022年度の受験を具体的に検討中
  2.まだ受験対象者(2022年5月時点で研修医2年目以上)ではないが、将来の受験を具体的に検討
  3.受験対象者に該当しているが、2022年度の受験ではなく将来の受験は検討
  4.まだ具体的な受験を検討するまでには至っていないが、医系技官を進路の一つとして検討している。
  5.その他( )
(9)現役医系技官からの個別連絡の希望の有無(2022年3月医学部卒業見込み以上の方)

採用個別相談(医科)

2022年3月時点で医学部卒業見込み以上の方で医系技官採用試験の受験を検討中の方を対象に、業務内容やキャリアパス、処遇等の個別相談を受け付けます。 個別相談は1時間程度です。

受付中

オンラインまたは、電話相談を平日に随時受け付けしています。
都合の良い日時(時間は問いません)を3点程度ご連絡ください。

申込み
方法
相談を希望される方は、 医系技官採用メールアドレス(ikeisaiyo@mhlw.go.jp)まで、
件名を「採用個別相談申し込み」として、本文に下記(1)~(8)を記載して送付ください。
(1)氏名(ふりがな)
(2)性別
(3)年齢
(4)所属(勤務先or大学名)及び、医師は卒業大学
(5)卒業年(見込み年)
(6)連絡先アドレス
(7)相談を希望する日時(3点程度ご呈示ください)
(8)特にお聞きになりたいこと(あれば)

2022年度 業務説明会(医科、臨床医2年目以上のみ)

 新型コロナウイルス感染防止対策の観点から、 今年度もオンライン業務説明会を開催させていただきます。今年度は、前年度と同様、参加していただく皆さんに医系技官の仕事を理解していただけるよう、以下のプログラムを予定しています。
・ オムニバス形式の業務説明・質疑応答(3テーマ)
・ ブレイクアウトセッション(医系技官と少人数グループでの意見交換)
参加には以下のリンクから申込が必要です。皆様のご応募をお待ちしています!

※昨年度は定員を大幅に超過する方々にご応募いただき、会を分けざるをえませんでした。今回は当初から、臨床医2年目以上の方(今年受験可能な方)と、臨床医1年目・医学生の皆様向け(6月以降の夏を予定)の2回に分けて企画・募集させていただきます。ご説明コンテンツは同じものを予定していますが、質疑応答・ブレイクアウトセッションはLIVEとなりますので、ご参加いただく皆様の問題意識に合わせてご回答できればと思っております。

対 象 実践的な医療政策を真剣に学ぶことを希望する医師(医科のみ)※今回は、臨床医2年目以上のみ
開催概要

日時:令和4年4月29日(金・祝) 終了しました。
全てオンライン(ZOOM)で実施

(参考)当日の予定
予定しているセッション・時間
開始時間(目安)
セッション テーマ
13:10
Ⅰ 医系技官について (政府全体の中での役割、業務紹介、質疑応答)
14:00
Ⅱ 海外勤務・海外留学
留学帰国者と、現在海外にてJICA専門家として勤務している者で、国内行政を理解した上で、海外での学び、海外でのキャリアの魅力についてお話致します。
14:50
Ⅲ 令和4年度診療報酬改定
2年に一度行われる診療報酬改定においては、多くの医系技官がチームになって作業に当たります。今回の改定のコンテンツもさることながら、どのような体制、心構えで臨んだかも含め語っていただきます。
15:40
Ⅳ 新型コロナウイルス対策(ワクチン編)
今回は、新型コロナウイルスワクチンに焦点をあて、国での対策、市での対策(医系技官の出向者)をそれぞれお話しし、それぞれの立場を理解しつつ、どのように仕事を進めていくかお話戴きます。
16:30
V ブレイクアウトセッション
医系技官と数名の少人数グループに分かれて、ざっくばらんにお話いただける機会です。大人数では聞きづらいことや、自分の思いの丈でも何なりとご相談ください!
17:10
Ⅵ 総括(受験案内等)

※セッション間に5分程度の休憩を挟む予定です。
※進行状況により、Ⅲ以降は、開始時間が前後する可能性があります。
※Ⅱ・Ⅲ・Ⅳは現役医系技官2名からのショートプレゼンの後、質疑応答に時間を割く予定です(事前のご質問も受け付けています!)。

定員
最大80名
(定員を上回る場合は、先着順とさせていただきます)
締切等 終了しました。

New2022年度 医師・医学生向け夏の職場経験(医科のみ)

 医系技官を将来の進路として具体的に考えている方を対象に職場を経験していただく機会を設定いたしました。
下記のリンクからお申込ください。皆様のご応募をお待ちしています!

対 象 医系技官を将来の人生の選択肢と考えている医師・医学生(医科のみ)
開催概要

日時:令和4年7月25日(月)~令和4年9月2日(金)の間

定員 課室毎に受入人数に限りがありますので、受入期間と志望動機等を元に決定いたします。

受入の可否は、後日メールで連絡いたします。
受入予定課室 大臣官房:厚生科学課、大臣官房国際課
医政局:地域医療計画課、医事課、医療機器政策室、研究開発政策課
健康局:健康課、がん・疾病対策課、結核感染症課、移植医療対策推進室
医薬・生活衛生局:生活衛生・食品安全企画課
子ども家庭局:母子保健課
障害保健福祉部:精神・障害保健課
老健局:老人保健課
保険局:医療課
政策統括官付:保健統計室
締切等 7月25日(月)~8月5日(金)の間の職場経験については7月14日(木)まで※締切りました
8月8日(月)~9月2日(金)の間の職場経験については7月21日(木)まで
注意事項
必ず確認ください

・本職場経験に参加するために必要となる経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については、各自で負担です(厚生労働省では負担できません。)。

・大規模な災害が発生した場合や、新型コロナウイルスの流行状況によっては、期間を短縮したり、受入が中止となる可能性があります。

応募方法 医師・医学生向け向け夏の職場経験応募フォーム

厚生労働省職場体験実習(インターンシップ) 

インターンシップとは、厚生労働省で仕事を体験するものです。本省において実務を体験することにより、 厚生労働省への理解を深めてもらうことを目的としています。 大学生および大学院生を対象としており、夏期休暇を利用して1 週間~ 1ヶ月程度の期間、保健医療政策に関わる部署などで働くことを体験できます。 令和4年度募集の詳細は、7月中旬に インターンシップのページに掲載予定です。