治療や生活へのサポート

メンタルヘルスの専門家について

精神保健福祉は、医療、看護、福祉など、様々な分野の専門家によって支えられていますが、ここでは、特に関わりの深い2つの資格について御紹介します。
「仕事に復帰したい…」「退院した後の生活が不安…」「カウンセリングを受けてみたい…」など、メンタルヘルスに関する様々な困りごと・悩みを相談することができます。不安なことがあったら、気軽に相談してみてください。


精神保健福祉士(PSW:Psychiatric Social Worker)

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士は、メンタルヘルスに関する困りごとや悩みのある方、精神科病院などで精神障害に関する医療を受けている方や、精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している方の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練など必要な援助を行っています。

活躍の場

精神保健福祉士は、医療(例:精神科病院、精神科診療所)、障害者福祉(例:就労支援事業所、相談支援事業所)、行政(例:精神保健福祉センター、保健所、市町村、保護観察所)、教育(各種学校)、高齢者福祉(例:地域包括支援センター、居宅介護支援事業所)、司法、産業、雇用等様々な場所で相談に応じています。

 

公認心理師(CPP:Certified Public Psychologist)

公認心理師とは

公認心理師は、心理学に関する専門的な知識や技術によって、心に悩みや困りごとを抱えた方に対してカウンセリングやアドバイスなどを行っています。国民が安心して心理的な支援を受けられるようにするため、2017年に国家資格化されました。公認心理師は、その方の心理状態や性格特徴などを整理する、家族など関係者の支援をする、心の健康に関する情報を提供するといったことも行います。

活躍の場

公認心理師は、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働などの分野で活動しています。医療機関で心理検査や相談活動を行う、学校で児童生徒や保護者の相談に応じる、企業内の相談室や私設の心理相談室でカウンセリングを行うなど、様々な場所で心理に関する支援を行っています。

 

 

このページの先頭へ

普及啓発

メンタルヘルスへの理解を広げよう!
普及啓発事業のページはこちら