治療や生活に役立つ情報治療や生活に役立つ情報

 

住まいを借りるための支援


賃貸契約でアパートなどに入居する際、保証人がいない等の理由で入居できないことがしばしば起こります。そうした際には、担当者が必要な調整や家主への助言等をする居住サポート事業を利用できます。

●住宅入居等支援事業(居住サポート事業)

【支援内容】
1.入居支援として、物件あっせん依頼、入居契約手続き支援
2.24時間支援として、緊急時等の対応
3.地域の支援体制に係る調整、関係機関等との連絡・調整
市町村によっては必ずしも行っている事業ではありませんので、各市町村にご確認ください。

【利用料】利用料は市町村により異なる

※このほか、公的なサービスではありませんが、保証人がいない場合に、民間の保証会社などによる保証人代行契約等のサービスが利用できることがあります。

 
厚生労働省