ホーム>治療や生活に役立つ情報>福祉サービス・住まい>障害者自立支援法のサービス一覧と使い方

治療や生活に役立つ情報治療や生活に役立つ情報

 

障害者自立支援法のサービス一覧と使い方

障害者自立支援法のサービスには、住まいのための支援、働くための支援、病院から安心して退院するための支援など、一人ひとりに応じた様々なサービスが利用できます。
そうした上手にサービスを利用するために、以下の点を知っておくと便利です。

  • サービスの利用については、市町村の担当窓口、または各地域の相談支援事業所で相談できます。
  • サービスの内容により、手続きの方法が異なったり、「障害程度区分認定調査」を受ける必要があります。
  • サービスの内容により、利用料がかかるものがありますが、本人や家族の収入等により様々な減免が受けられます。
  • お住まいの地域により提供されるサービスは異なります。市町村の担当職員や相談支援事業所の相談員と十分に相談し、サービスを計画的に利用することをお勧めします。
 
精神障害者が利用できる主なサービス【表1】
1.日中活動のためのサービス
生活を整えたい
生活のため
力をつけたい等
一般企業で働くための準備がしたい等 一般企業で働くことは難しいが、就労の機会を得たい
一般就労はまだ不安等
仲間や日中活動の
場所が欲しい等
●自立訓練事業
(生活訓練)
●就労移行支援事業 ●就労継続支援事業A型
●就労継続支援事業B型
●地域活動支援センター事業
精神障害者が利用できる主なサービス【表2】
2.在宅サービス 3.支援のある住まい 4.ショートステイ 5.住まいを借りるためのサービス 6.退院して地域で暮らし始めるための支援
身の回りのことを支援してほしい等 退院したばかり
単身生活が不安等
少しの間、支援のある住まいで生活したい 保証人がいない
手続きを支援してほしい等
退院したい、
単語の地域生活の準備がしたい等
●ホームヘルプ
●行動援護
●生活介護
●グループホーム
●ケアホーム
●ショートステイ ●居住サポート事業 ●精神障害者
地域移行・地域定着支援事業
(※自立支援法以外のサービス)
厚生労働省