専門的な情報

研究の実施状況と成果

厚生労働科学研究

厚生労働省においては、厚生労働科学研究の振興を促し、もって国民の保健医療、福祉、生活衛生、労働安全衛生等に関し、行政施策の科学的な推進を確保し、技術水準の向上を図ることを目的とし、厚生労働科学研究費補助金等の活用や国立試験研究機関における取り組みにより、その研究の総合的な推進をしています。

そのほかの研究

障害者対策総合研究開発事業

AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)において、障害者が地域社会の一員として安心して生活できるような社会の実現を目的として、障害者対策総合研究開発事業により技術開発等が推進されています。
本事業は、身体・知的等障害、神経・筋疾患、感覚器障害、精神障害の4分野で構成され、精神分野は精神疾患の発症メカニズムの解明、診断法、適切な治療法の確立を目指し、事業が実施されています。



障害者総合福祉推進事業

障害者総合福祉推進事業は、障害者総合支援法(正式名称:「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」)を踏まえ、厚生労働省が指定する障害者施策全般にわたり引き続き解決すべき課題や新たに生じた課題について、現地調査等による実態の把握や試行的取組等を通じた提言を得ることを目的としています。

 

このページの先頭へ