戻る

【別紙1】

カドミウム摂取量の推定結果

 本年度、厚生労働科学特別研究において「日本人のカドミウム暴露量推計に関する研究」を実施中。中間解析報告の結果は以下のとおり。

(1)  厚生労働省の国民栄養調査から得られた食品摂取量と農林水産省の実態調査で得られた農産物等のカドミウム含有量のデータ等を基に、我が国における食品からのカドミウム摂取量を推計。
(2)  我が国の現状に関するカドミウム摂取量推計では、JECFAが設定した暫定週間耐容摂取量(7μg/kg体重/週)と比較して、平均値では半分以下、国際的に基準値設定の目安とされている95%値では暫定週間耐容摂取量程度の水準となる。
(3)  コーデックス基準値原案、我が国の修正案を比較したところ、(ア)我が国の修正案においても国際的な基準値設定の目安とされている95%値では暫定週間耐容摂取量を下回っており、(イ)両者において、摂取量に明らかな差異は認められなかった。

カドミウム暴露量の推定結果
カドミウム暴露量 平均値 95%値
コーデックス原案 2.76〜3.07 5.75〜6.10
我が国修正案 2.98〜3.29 6.54〜6.88
(単位:μg/kg体重/週)
(参考)カドミウム暴露量の食品別内訳
米類46〜50%、小麦類11〜12%、大豆類8〜9%、野菜類15〜17%、
果実類0〜2%、肉類0〜3%、魚介類11%
現状のカドミウム摂取量推定結果のグラフ
現状のカドミウム摂取量推定結果


トップへ
戻る