無料相談窓口一覧 働き方改革推進支援センター 無料相談窓口一覧 働き方改革推進支援センター
成功の秘訣 中小企業事例集 成功の秘訣 中小企業事例集
MORE!CHANGE!! 働き改革を、もっと前へ。 MORE!CHANGE!! 働き改革を、もっと前へ。

進めよう! ニッポンの働き方改革 進めよう! ニッポンの働き方改革

労務管理のポイント

労務管理のポイント(10分17秒)

働き方改革とは? 働き方改革とは?

「働き方改革」は、働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を
自分で「選択」できるようにするための改革です。

日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「働く方々のニーズの多様化」などの課題に対応するためには、投資やイノベーションによる生産性向上や、就業機会の拡大、意欲・能力を存分に発揮できる環境をつくることが不可欠です。

働く方の置かれた事情に応じて、多様な働き方を選択できる社会を実現することで、成長と分配の好循環を構築し、働く人一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指します。

中小企業の働き方改革はなぜ必要? 中小企業の働き方改革はなぜ必要?

「働き方改革」は、日本国内雇用の約7割を担う中小企業・小規模事業者において、
着実に実施することが必要です。 魅力ある職場とすることで、人手不足の解消にもつながります。

職場環境の改善などの「魅力ある職場づくり」が人手不足解消につながることから、
人手不足感が強い中小企業・小規模事業者においては、
生産性向上に加え、「働き方改革」による魅力ある職場づくりが重要です。

改革に取り組むに当たっては、「意識の共有がされやすい」など、中小企業・小規模事業者だからこその強みもあります。

「魅力ある職場づくり」→「人材の確保」→「業績の向上」→「利益増」の好循環をつくるため、「働き方改革」を進めてより魅力ある職場をつくりましょう!

チェック

中小企業・小規模事業者の皆さまへ

働き方改革に
取り組むに当たって、
以下の対応はお済みですか!?

  • 時間外労働を行うには、サブロク(36)協定が必要です。※36協定届の様式が新しくなりました。

  • 労働契約を締結する際は、労働者に対して、労働条件を書面等で交付する必要があります。

  • 労働者10名以上の場合は、就業規則の作成、届出が必要です。

  • 賃金台帳、労働者名簿などを作成・保存する必要があります。

  • 非正規雇用労働者の方を雇っている場合は、不合理な待遇差がないようにする必要があります。

コマーシャル

CM日本語版

CM日本語版(30秒)

CM英語語版

CM英語版(37秒)