ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 任期付職員 > オンライン化推進専門官の募集について

オンライン化推進専門官の募集について

 厚生労働省では、行政手続のデジタル化に関する業務を行っていただく方を「任期付職員」として募集します。

 職務内容及び募集要領は次のとおりです。

職務内容

1 職種

 オンライン化推進専門官

2 業務内容

医薬品等申請・審査システム及びこれに関連するシステムの整備・運用に関する次の業務を行っていただきます。

  1. (1)システムの構築、改修及び運用保守に関する予算要求に係る企画・立案等
  2. (2)システムの構築、改修及び運用保守に関する調達業務全般の実施(仕様書作成、入札執行、関係部署との調整等を含む。)
  3. (3)システムの構築、改修及び運用保守に係る業務の履行監督
  4. (4)システムに関する行政当局(自治体を含む)・利用者等からの各種照会への対応
  5. (5)その他、システムに関する専門的及び技術的事項に関する企画・立案等

募集要領

1 募集人員

厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課オンライン化推進専門官 1名

2 資格等

  1. (1)大学卒業又は高度な情報処理技術に関する専門的な教育を終了しているもの。
  2. (2)情報処理技術の分野において、情報処理技術者試験(スキルレベル3)と同程度以上の情報処理技術に関する資格を有していること。
  3. (3)民間企業等でICTに関する実務経験(7年以上)及びプロジェクトリーダーとしての実務経験を有しているもの。
  4. (4)当該採用期間にわたり、継続して勤務が可能なこと。

 なお、以下に該当する方は応募できませんので、あらかじめご了承ください。

  1. @ 日本国籍を有しない者
  2. A 国家公務員法第38条により国家公務員になることができない者
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又は執行を受けることがなくなるまでの者
    • 一般職の公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
    • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
  3. B 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)

3 採用形態

 一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律(平成12年法律第125号)に基づき、常勤の国家公務員として採用の予定です。
※ 国家公務員法に基づく守秘義務や兼職制限等が適用されます。

4 給与

 一般職の職員の給与に関する法律(昭和25年法律第95号)に基づき、学歴や就職後の業務内容・経験年数等を勘案して支給します。

5 休暇

 完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)、年次有給休暇、夏季休暇等の特別休暇があります。

6 福利厚生

  1. (1)健康保険、年金は、厚生労働省共済組合に加入することになります。
  2. (2)その他、宿泊施設等の各種福利厚生制度があります。

7 勤務先

 厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課
 (千代田区霞が関1−2−2 中央合同庁舎第5号館)

8 雇用期間

 令和4年9月1日〜令和7年3月31日

9 勤務時間

 9時30分〜18時15分(休憩1時間)
※ 必要に応じて残業があります。

10 応募方法

 次の書類を下記送付先までお送りください。(郵送に限る)

  1. (1)履歴書(写真貼付のこと、様式自由)
    有しているITに関する資格の証書の写しを同封のこと
  2. (2)業績リスト

11 応募期間

 令和4年6月10日(金)〜令和4年6月30日(木)必着

12 試験等

書類選考後、面接試験により合否を決定します。書類選考合格者には、面接日(予定:令和4年7月11日〜7月22日)を個別に御連絡します。

13 その他

 応募の秘密については厳守いたします。
 また、応募書類は返却いたしませんので、ご了承ください。

【問合せ先及び書類送付先】

 厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課(内野、井上)
 所在地 〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
 電話 03−5253−1111(内線2734、2739)
 ※応募の際は、封書に朱書きで「任期付職員応募」と記載してください。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > オンライン化推進専門官の募集について

ページの先頭へ戻る