薬系技官からのメッセージ

医政局総務課 医療情報管理専門官

医薬・衛生分野を舞台に、
前に進めていく仕事

医政局総務課 医療情報管理専門官

平成18年度入省

 薬系技官は、医薬品だけでなく、医療機器、食品安全や化学物質対策等にも関わるので、化学・薬学の知識を使いながら、衛生行政全般で活躍している公務員というイメージを持っています。
 個人的には、医薬品の審査管理の担当をしていた際に、抗がん剤やC型肝炎の経口治療薬が相次いで承認され、また、国内での新薬実用化促進に向けた制度の創設に携わったことを通し、”時代が変わる”ような印象と、そこで微力でも貢献できたのではないか、と思えたことが達成感として残っています。
 一つ一つの仕事の影響が大きいので、様々な立場の方の意見に気を配り、調和のとれた施策を行う”潤滑油”として、また、円滑な制度の運用のための”ひと添え”をし、そして腹を決めて前に進むことを心掛けるようにしています。

薬系技官のどんな部分にやりがいを感じますか?

生命と健康に直結する施策・制度の立案・実施に携わることができる点です。策定に携わった制度が有効に活用されていると苦労が報われますし、日々の業務1つ1つも生活に密接に関わるため、やりがいと励みになっています。

入省案内パンフレット

「薬系技官入省案内パンフレット」を
ダウンロードいただけます。

厚生労働省 薬系技官 採用案内

ダウンロードはこちら[PDF:11.9MB]

パンフレット分割版はこちら