看護系技官のフィールド

大臣官房

国際課 国際保健・協力室

部署の役割

国際社会で、保健・労働・福祉分野における国境を越えた課題への対応・貢献が求められている中で、厚生労働省の国際案件の窓口となるのが国際課です。国際保健・協力室は、特に、保健・福祉分野に係る国際機関等との連携や協力、諸外国との政策対話及び開発途上国への技術協力等を通じた国際協力の推進、日本の取組や貢献に関する国際社会への発信等を行っています。

看護系技官は主に、ASEAN( 東南アジア諸国連合)、APEC ( アジア太平洋経済協力)、WHO(世界保健機関)等に関わる省内外の調整や国際会議への対応、外務省・JICA 等を通じた開発途上国の制度構築や人材の育成等を支援するための協力等に係る業務に携わっています。

厚生科学課

部署の役割

研究開発・科学技術に関する総合的な企画・調整や原因の明らかでない公衆衛生上重大な危害が生じ、又は生じるおそれがある緊急の事態への対処に関する業務を担当しています。

看護系技官は、国民の生活を脅かす突発的な問題や社会的要請の強い諸問題を解決するために、緊急に行政の対応が必要な場合に実施する研究(厚生科学特別研究事業)を担当しています。また、内閣府の「総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)」の省内調整を担い、人工知能(AI)やバイオテクノロジー等、政府の科学技術イノベーションの戦略策定に向けた調整を進めています。国民の安全・安心で質の高い健康生活を実現するための科学的根拠となる研究成果が得られるよう、また科学技術の創出や発展につなげられるよう、厚生労働省内の各部局や他省庁と連携して事業を推進していきます。

医政局

総務課 医療安全推進室

部署の役割

医療安全推進室は、「医療の安全の確保」が医療政策において最重要課題と位置づけられる中で2001年に設置されました。「医療法」に基づいて医療安全に係る施策を所管しており、医療施設および地域等における医療安全文化の醸成に取り組んでいます。

看護系技官は、臨床現場ですでに行われている取組みや、臨床現場で感じる負担感を理解しつつ、一方で、患者、国民の視点も大切にしながら医療安全施策の推進に取り組んでいます。所轄する制度は「医療事故調査制度」や「産科医療補償制度」「医療安全支援センター」等があり、会議や研究事業において専門家や関係団体の方々との意見交換の他、臨床現場と行政の橋渡しができるよう講演を通した普及啓発も行っています。

地域医療計画課 在宅医療推進室

部署の役割

人生の最後まで住み慣れた地域で生活し続けられるよう、在宅医療の推進の観点から、医療と介護の連携や機能強化に向けて予算、制度、報酬の施策を総動員して対策を講じており、その中心として省内関係部局と連携を図りながら進めています。

看護系技官は、在宅医療と訪問看護の推進のための事業に関する企画立案・運営・評価、在宅医療・介護の連携のための省内関係課室や関係団体との連携調整とともに、人生の最終段階の医療・ケアについて繰り返し話し合い、共有する「人生会議」等の普及・啓発にも取り組んでいます。また、災害時に被災地の精神保健医療ニーズに対応するDPATの活動支援や体制整備等を行っています。

看護課

部署の役割

保健師、助産師、看護師及び准看護師の確保に関する需給や定着促進に関すること、養成に関わる看護基礎教育や 国家試験・免許に関すること、経済連携協定に基づく看護師候補者の受け入れなど、看護職員に関する基盤となる制度に関わる業務を行っています。

看護系技官は、看護職員が働き続けるためにより充実した環境の整備や復職支援の企画・立案、将来の医療需要を踏まえた推計方法の算出・検討、看護基礎教育に係る制度設計や検討会の運営、看護職員に関する政策立案を行っています。看護課Facebook を通じて、看護行政に関して情報発信もしています。

看護課 看護サービス推進室

部署の役割

看護サービスの向上に関する施策を企画・立案し、看護職員による質の高い看護サービスの提供を推進することが主な仕事です。看護業務の高度化・専門化の推進のため、看護職員の研修や特定行為研修制度について取り組んでいます。

当室は看護系技官の配置が多く、施策の企画・立案をほぼ看護系技官が行います。新人看護職員研修や特定行為研修といった看護職員の研修に係る施策、看護サービスの質向上に向けた看護業務の効率化を推進する施策等を企画・立案しています。事業内容に応じ、研修会等の開催支援や制度普及のための広報活動、現場の声を政策に反映させるために検討会の運営なども行います。

研究開発振興課 治験推進室

部署の役割

研究開発振興課では、臨床研究の国民の信頼確保等を目的として施行された、臨床研究法の円滑な運用を行っています。また、臨床研究の研究倫理や被験者保護の一層の向上を図るため「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」を策定し、その周知を行っています。

看護系技官は、臨床研究法や倫理指針の策定、運用に携わっています。またその中で、日本発の革新的医薬品・医療機器の創出を推進し、一日も早くより良い医療を届けられるよう、治験・臨床研究の実施体制を整備するためのさまざまな施策に取り組んでいます。

お問い合わせ
〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関 1-2-2
厚生労働省医政局看護課 総務係(内線 2596)
電 話:03-5253-1111(代表)

ページトップへ