労働委員会命令データベース

(この事件の全文情報は、このページの最後でご覧いただけます。)

[命令一覧に戻る]
概要情報
事件名  東京女学館 
事件番号  都労委平成24年不第101号 
申立人  東京女学館教職員協議会 
被申立人  学校法人東京女学館 
命令年月日  平成27年3月3日 
命令区分  棄却 
重要度   
事件概要   申立人組合と被申立人法人との間で、法人の就業規則中の懲戒処分に関する規定の改正について8回にわたり団交が行われた後、組合が更に団交を申し入れたのに対し、法人が十分に交渉を尽くしたとして拒否したことは不当労働行為であるとして、救済申立てがあった事件である。
 東京都労委は申立てを棄却した。 
命令主文   本件申立てを棄却する。 
判断の要旨   認定した事実によれば、懲戒規定のいずれの条項についても交渉が尽くされていると評価することができ、団交の継続を必要とする事情は認められない。
 さらに、被申立人法人が①申立人組合の意見書の提出期限を後に延ばしたこと、②その間に団交を8回行ったこと、③団交を効率的なものとするため、事前の質問事項や議題の提出を繰り返し要求し、事務折衝についても言及していること、④団交の結果、変更案を複数回、提示していることをも考慮すると、法人の団交における対応が不誠実とはいえず、組合がその後に申し入れた団交に応じていないことには正当な理由があるといわざるを得ない。 
掲載文献   

[先頭に戻る]
 
[全文情報] この事件の全文情報は約356KByteあります。 また、PDF形式になっていますので、ご覧になるにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。