労働委員会命令データベース

(この事件の全文情報は、このページの最後でご覧いただけます。)

[命令一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名 エッソ石油(薬物規制団交)
事件番号 中労委平成10年(不再)第31号
再審査申立人 スタンダード・ヴァキューム石油自主労働組合
再審査被申立人 エクソンモービル有限会社
命令年月日 平成21年7月15日
命令区分 棄却
重要度  
事件概要 本件は、会社が、従業員アルコール・薬物に関する基本方針(以下「本件基本方針」)を定めて実施し、その後、特定職務についての同意書(以下「同意書」)の提出を求め、本件基本方針に基づくアルコール・薬物等検査(以下「薬物等検査」)を実施したところ、①組合から申入れのあった本件基本方針に関する団体交渉(以下「団交」)に実質的に応じず、団交を拒否し続けたこと、②組合の合意を得ることなく、本件基本方針を定め、組合員に対して同意書の提出を求め、組合員らに薬物等検査を強制したことが不当労働行為であるとして、大阪府労委に救済申立てがあった事件である。
大阪府労委は、本件救済申立ては、会社の行為のあった日から1年を超えてなされたものであるとして、組合の救済申立てを却下したところ、組合はこれを不服として再審査を申し立てた。
命令主文 本件再審査申立てを棄却する。
判断の要旨 (1)本件基本方針の制定、同意書の提出指示及び薬物等検査の実施について
本件救済申立ては5年12月27日になされたものであるところ、本件基本方針は元年12月6日に制定、同月15日に実施に移され、組合員に対する同意書の提出指示及び薬物等検査の実施は、4年2月4日以前になされたものであるから、これらの会社の行為に係る本件救済申立ては、労働組合法第27条第2項の申立期間を徒過していることが明らかである。
(2)本件基本方針及び同意書に関する団交について
組合は、会社が本件基本方針は組合との協議事項でないとして、事実上、組合との団交を拒否していたものであり、また、組合が2年11月19日以降も本件基本方針に関する団交要求の趣旨あるいは意思を継続していたにもかかわらず、会社は団交拒否を続けていたのであるから、同団交拒否は継続する行為に当たり、申立期間を徒過していない旨主張する。
しかしながら、同日までの間、会社と組合の間で本件基本方針及び同意書に関する団交が6回にわたり行われ、同日の団交は両者の主張が対立したまま終了しているところ、組 合は同日以降、同議題に関する団交を会社に対して申し入れていない。
そうすると、本件において、会社が団交を拒否したとはそもそもいえず、それが継続していたとみることもできない。したがって、団交拒否に係る本件救済申立ては申立期間を徒過したものである。
また、組合が、元年12月13日から2年11月19日の間に行われた6回の団交における会社の対応を誠実団交義務違反として問題にしているとしても、本件救済申立ては、最後の団交の日から1年を超えてなされているので、この場合においても、申立期間を徒過していることは明らかである。
(3)結論
上記のとおりであり、救済申立てを却下した初審命令は相当である。
掲載文献  

[先頭に戻る]

顛末情報
事件番号/行訴番号 命令区分/判決区分 命令年月日/判決年月日
大阪地労委平成 5年(不)第82号 却下 平成10年 8月19日
 
[全文情報] この事件の全文情報は約128KByteあります。 また、PDF形式になっていますので、ご覧になるにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。