児童扶養手当について

平成31年11月から、支払回数が年3回から年6回に変わります。

平成30年8月から、支給制限に関する所得の算定方法が変わります。

平成28年8月から、児童扶養手当の第2子の加算額および第3子以降の加算額が変更されます。

これまで、公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。

平成24年8月から、児童扶養手当の支給要件に、配偶者からの暴力(DV)で「裁判所からの保護命令」が出された場合が加わりました。

平成22年8月から、父子家庭のみなさまにも児童扶養手当が支給されます。