研究報告  厚生労働省ホームページ

平成14年度厚生労働科学研究費補助金厚生労働科学特別研究
「生殖補助医療技術に対する国民の意識に関する研究」
報告書


生殖補助医療技術についての意識調査2003

集計結果




平成15年4月

主任研究者  山縣然 太朗   (山梨大学医学部教授 保健学II講座)
分担研究者  星 和彦   (山梨大学医学部教授 産婦人科学講座)
 平田 修司   (山梨大学医学部助教授 産婦人科学講座)
 武田 康久   (山梨大学医学部助教授 保健学II講座)


目次

I.総括報告
II.調査概要
(1)調査目的
(2)調査方法
(3)結果
  1.回収率
  2.回答者の属性
  3.各技術の利用
  4.各技術の是非
  5.社会的に認める理由と認めない理由
  6.精子卵子の提供について
  7.出自を知る権利
  8.卵子のシェアリングについて
  9.受精卵の提供
  10.年代の違いによる是非
  11.家族観等の違いによる是非
  12.不妊治療患者推計
  参考資料 都道府県別集計

III.単純集計
   自由記述について
資料 調査票およびリーフレット
謝辞


トップへ
研究報告  厚生労働省ホームページ