ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 患者調査 > 平成26年 患者調査(傷病分類編) > 2 用語の解説及び使用上の注意

2 用語の解説及び使用上の注意

傷病分類

 本調査における傷病は、世界保健機関(WHO)の「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」(ICD)に基づいて定められた「疾病、傷害及び死因の統計分類(ICD-10(2003年版)準拠)」を適用して分類している。
 このICDは、医学の進展に伴い、約10年ごとに改訂が行われており、本調査においては、昭和59年〜平成5年は「国際疾病、傷害及び死因統計分類(ICD−9)」を、平成8年〜17年は「第10回修正国際疾病、傷害及び死因統計分類(ICD−10準拠)」を、平成20年から「国際疾病、傷害及び死因統計分類(ICD−10(2003年版)準拠)」を用いている。
 この第10回修正ICDにおいては、分野体系の大幅な変更等があったため、ICD-9とICD-10については、傷病によっては時系列的に比較できない部分もある。(「傷病分類年次比較について」参照)

傷病名

 入院患者においては、調査日現在、入院の理由となっている傷病、外来患者においては、調査日現在、主として治療又は検査をしている傷病をいう。

推計患者数

 調査日当日に、病院、一般診療所、歯科診療所で受診した患者の推計数。

 千人単位で表章している。(0.0は該当件数50未満をあらわす。)

 数値は単位未満を四捨五入しているため、内訳の合計が総数と合わない場合もある。

受療率

 推計患者数を人口で除して人口10万対であらわした数。

 受療率(人口10万対)=推計患者数/推計人口×100,000

  平成2年は確定人口
平成17年は国勢調査人口
 

総患者数

 調査日現在において、継続的に医療を受けている者(調査日には医療施設を受療していない者も含む。)の数を次の算式により推計したものである。

 千人単位で表章している。(0は該当件数500未満をあらわす。)

 総患者数=入院患者数+初診外来患者数+(再来外来患者数×平均診療間隔×調整係数(6/7))

総患者数

表章記号の規約

計数のない場合
計数不明又は計数を表章することが不適当な場合

傷病分類年次比較について

 昭和59年〜平成5年と平成8年〜26年調査の比較を行う場合、平成5年以前のデータにICD-10でのコードを付与し同じ分類で比較する必要があるが、平成5年以前のデータはICD-9のコードに変換済みのものしか現存しないため、ICD-9コードをICD-10コードへ変換する方法を採らざるを得ない。
 その場合、次のような問題が生じる。

 (問題例)

 これは、調査票記載の傷病名が異なるが、ICD-9では同じコード(011.9)が付与されていたものであっても、ICD-10ではA16.2とA16.9の2つに分類される場合があることを示した図である。
 このような場合、コード(011.9)だけに着目すると、A16.2とA16.9のどちらのコードに変換すべきか判断できないため、事実上コード変換は不可能であることから、年次比較はできないものである。
 これに該当する傷病は「傷病別年次推移表の目次」で一覧できるようになっており、「傷病別年次推移表」では傷病名の左側に「×」を付してあるので注意して利用されたい。

平成23年患者調査について

 平成23年は、東日本大震災の影響により、宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏及び福島県は調査を実施していないため、これらの地域を除いた数値となっている。

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 患者調査 > 平成26年 患者調査(傷病分類編) > 2 用語の解説及び使用上の注意

ページの先頭へ戻る