データ取得 統計表を.xls形式でダウンロードできます。(36KB)


平成17年 人口動態統計の年間推計



 平成17年の年間推計の数値は、「人口動態統計速報」の平成17年1月〜10月分まで及び「人口動態統計月報(概数)」の平成17年1月〜7月分までを基礎資料として、日本における日本人について推計したものである。



厚生労働省大臣官房統計情報部

担当係 :  人口動態・保健統計課 月報調整係
  03-5253-1111 (内線7476)
  03-3595-2813 (ダイヤルイン)



掲載場所:  この資料は、厚生労働省ホームページに掲載しています。
「統計調査結果」→「最近公表の統計資料」→「平成17年人口動態統計の年間推計」
 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei05/index.html



人口動態総覧,前年比較

  実数 平均発生間隔
平成17年(A) 平成16年(B) 差(A)-(B) 平成17年 平成16年 平成17年 平成16年
            分 秒 分 秒
出生 1 067 000 1 110 721 △44 000 8.5 8.8 30″ 28″
死亡 1 077 000 1 028 602 48 000 8.5 8.2 29″ 31″
自然増加 △10 000 82 119 △92 000 △0.1 0.7
死産 32 000 34 365 △2 000 29.1 30.0 16′26″ 15′20″
婚姻 713 000 720 417 △7 000 5.7 5.7 44″ 44″
離婚 262 000 270 804 △9 000 2.08 2.15 2′00″ 1′57″

  注:1)平成16年は確定値、平成17年は推計値である。
2)平成17年(A)及び差(A)-(B)は、1,000人(組)単位でまとめてある。
3)出生・死亡・自然増加・婚姻・離婚率は人口千対、死産率は出産(出生+死産)千対である。
率算出に用いた人口は、平成17年10月1日現在推計日本人人口 126,155,000人(試算値)である。
(総務省統計局推計の同日現在総人口(概算値)から、人口動態・保健統計課で試算)


 出生数は減少

 出生数は106万7000人で、平成16年の111万721人より4万4000人減と推計される。
 出生率(人口千対)は8.5となり、平成16年の8.8を下回る。

 死亡数は増加

 死亡数は107万7000人で、平成16年の102万8602人より4万8000人増と推計される。
 死亡率(人口千対)は8.5となり、平成16年の8.2を上回る。
 なお、3大死因の死亡数は、第1位悪性新生物32万4000人、第2位心疾患17万1000人、第3位脳血管疾患13万2000人と推計される。(次頁参照)
 また、死産数は3万2000胎、死産率(出産千対)は29.1と推計される。

 自然増加数は減少し、マイナス

 自然増加数は△1万人で、平成16年の8万2119人より9万2000人減と推計される。
 自然増加率(人口千対)は△0.1となり、平成16年の0.7を下回る。

 婚姻件数、離婚件数ともに減少

 婚姻件数は71万3000組で、平成16年の72万417組より7000組減と推計される。
 婚姻率(人口千対)は5.7となり、平成16年の5.7と同様となる。
 また、離婚件数は26万2000組で、平成16年の27万804組より9000組減と推計され、離婚率(人口千対)は2.08となり、平成16年の2.15を下回る。



人口動態総覧の年次推移

図



死因順位別死亡数の年次推移

死因
順位
昭和55年 平成2年 12年 16年 17年
死因 死亡数 死因 死亡数 死因 死亡数 死因 死亡数 死因 死亡数
第1位 脳血管疾患 162 317 悪性新生物 217 413 悪性新生物 295 484 悪性新生物 320 358 悪性新生物 324 000
第2位 悪性新生物 161 764 心疾患 165 478 心疾患 146 741 心疾患 159 625 心疾患 171 000
第3位 心疾患 123 505 脳血管疾患 121 944 脳血管疾患 132 529 脳血管疾患 129 055 脳血管疾患 132 000
注:平成16年までは確定値、平成17年は推計値である。



統計表

第1表  人口動態総覧の年次推移

年次 出生数 死亡数 自然増加数 死産数 婚姻件数 離婚件数
昭和22年 2 678 792 1 138 238 1 540 554 123 837 934 170 79 551
   23 2 681 624 950 610 1 731 014 143 963 953 999 79 032
   24 2 696 638 945 444 1 751 194 192 677 842 170 82 575
   25 2 337 507 904 876 1 432 631 216 974 715 081 83 689
   26 2 137 689 838 998 1 298 691 217 231 671 905 82 331
   27 2 005 162 765 068 1 240 094 203 824 676 995 79 021
   28 1 868 040 772 547 1 095 493 193 274 682 077 75 255
   29 1 769 580 721 491 1 048 089 187 119 697 809 76 759
   30 1 730 692 693 523 1 037 169 183 265 714 861 75 267
   31 1 665 278 724 460 940 818 179 007 715 934 72 040
   32 1 566 713 752 445 814 268 176 353 773 362 71 651
   33 1 653 469 684 189 969 280 185 148 826 902 74 004
   34 1 626 088 689 959 936 129 181 893 847 135 72 455
   35 1 606 041 706 599 899 442 179 281 866 115 69 410
   36 1 589 372 695 644 893 728 179 895 890 158 69 323
   37 1 618 616 710 265 908 351 177 363 928 341 71 394
   38 1 659 521 670 770 988 751 175 424 937 516 69 996
   39 1 716 761 673 067 1 043 694 168 046 963 130 72 306
   40 1 823 697 700 438 1 123 259 161 617 954 852 77 195
   41 1 360 974 670 342 690 632 148 248 940 120 79 432
   42 1 935 647 675 006 1 260 641 149 389 953 096 83 478
   43 1 871 839 686 555 1 185 284 143 259 956 312 87 327
   44 1 889 815 693 787 1 196 028 139 211 984 142 91 280
   45 1 934 239 712 962 1 221 277 135 095 1 029 405 95 937
   46 2 000 973 684 521 1 316 452 130 920 1 091 229 103 595
   47 2 038 682 683 751 1 354 931 125 154 1 099 984 108 382
   48 2 091 983 709 416 1 382 567 116 171 1 071 923 111 877
   49 2 029 989 710 510 1 319 479 109 738 1 000 455 113 622
   50 1 901 440 702 275 1 199 165 101 862 941 628 119 135
   51 1 832 617 703 270 1 129 347 101 930 871 543 124 512
   52 1 755 100 690 074 1 065 026 95 247 821 029 129 485
   53 1 708 643 695 821 1 012 822 87 463 793 257 132 146
   54 1 642 580 689 664 952 916 82 311 788 505 135 250
   55 1 576 889 722 801 854 088 77 446 774 702 141 689
   56 1 529 455 720 262 809 193 79 222 776 531 154 221
   57 1 515 392 711 883 803 509 78 107 781 252 163 980
   58 1 508 687 740 038 768 649 71 941 762 552 179 150
   59 1 489 780 740 247 749 533 72 361 739 991 178 746
   60 1 431 577 752 283 679 294 69 009 735 850 166 640
   61 1 382 946 750 620 632 326 65 678 710 962 166 054
   62 1 346 658 751 172 595 486 63 834 696 173 158 227
   63 1 314 006 793 014 520 992 59 636 707 716 153 600
平成元年 1 246 802 788 594 458 208 55 204 708 316 157 811
    2 1 221 585 820 305 401 280 53 892 722 138 157 608
    3 1 223 245 829 797 393 448 50 510 742 264 168 969
    4 1 208 989 856 643 352 346 48 896 754 441 179 191
    5 1 188 282 878 532 309 750 45 090 792 658 188 297
    6 1 238 328 875 933 362 395 42 962 782 738 195 106
    7 1 187 064 922 139 264 925 39 403 791 888 199 016
    8 1 206 555 896 211 310 344 39 536 795 080 206 955
    9 1 191 665 913 402 278 263 39 546 775 651 222 635
   10 1 203 147 936 484 266 663 38 988 784 595 243 183
   11 1 177 669 982 031 195 638 38 452 762 028 250 529
   12 1 190 547 961 653 228 894 38 393 798 138 264 246
   13 1 170 662 970 331 200 331 37 467 799 999 285 911
   14 1 153 855 982 379 171 476 36 978 757 331 289 836
   15 1 123 610 1 014 951 108 659 35 330 740 191 283 854
   16 1 110 721 1 028 602 82 119 34 365 720 417 270 804
   17 1 067 000 1 077 000 △10 000 32 000 713 000 262 000
注:昭和47年以前は沖縄県を含まない。平成16年までは確定値、平成17年は推計値である。


第2表  人口動態総覧(率)の年次推移

年次1) 出生率 死亡率 自然増加率 死産率 婚姻率 離婚率   合計特殊2)
出生率
( 人口千対 ) (出産千対) ( 人口千対 )
昭和22年 34.3 14.6 19.7 44.2 12.0 1.02 4.54
   23 33.5 11.9 21.6 50.9 11.9 0.99 4.40
   24 33.0 11.6 21.4 66.7 10.3 1.01 4.32
   25 28.1 10.9 17.2 84.9 8.6 1.01 3.65
   26 25.3 9.9 15.4 92.2 7.9 0.97 3.26
   27 23.4 8.9 14.4 92.3 7.9 0.92 2.98
   28 21.5 8.9 12.6 93.8 7.8 0.86 2.69
   29 20.0 8.2 11.9 95.6 7.9 0.87 2.48
   30 19.4 7.8 11.6 95.8 8.0 0.84 2.37
   31 18.4 8.0 10.4 97.1 7.9 0.80 2.22
   32 17.2 8.3 8.9 101.2 8.5 0.79 2.04
   33 18.0 7.4 10.5 100.7 9.0 0.80 2.11
   34 17.5 7.4 10.1 100.6 9.1 0.78 2.04
   35 17.2 7.6 9.6 100.4 9.3 0.74 2.00
   36 16.9 7.4 9.5 101.7 9.4 0.74 1.96
   37 17.0 7.5 9.5 98.8 9.8 0.75 1.98
   38 17.3 7.0 10.3 95.6 9.7 0.73 2.00
   39 17.7 6.9 10.7 89.2 9.9 0.74 2.05
   40 18.6 7.1 11.4 81.4 9.7 0.79 2.14
   41 13.7 6.8 7.0 98.2 9.5 0.80 1.58
   42 19.4 6.8 12.7 71.6 9.6 0.84 2.23
   43 18.6 6.8 11.8 71.1 9.5 0.87 2.13
   44 18.5 6.8 11.7 68.6 9.6 0.89 2.13
   45 18.8 6.9 11.8 65.3 10.0 0.93 2.13
   46 19.2 6.6 12.6 61.4 10.5 0.99 2.16
   47 19.3 6.5 12.8 57.8 10.4 1.02 2.14
   48 19.4 6.6 12.8 52.6 9.9 1.04 2.14
   49 18.6 6.5 12.1 51.3 9.1 1.04 2.05
   50 17.1 6.3 10.8 50.8 8.5 1.07 1.91
   51 16.3 6.3 10.0 52.7 7.8 1.11 1.85
   52 15.5 6.1 9.4 51.5 7.2 1.14 1.80
   53 14.9 6.1 8.8 48.7 6.9 1.15 1.79
   54 14.2 6.0 8.3 47.7 6.8 1.17 1.77
   55 13.6 6.2 7.3 46.8 6.7 1.22 1.75
   56 13.0 6.1 6.9 49.2 6.6 1.32 1.74
   57 12.8 6.0 6.8 49.0 6.6 1.39 1.77
   58 12.7 6.2 6.5 45.5 6.4 1.51 1.80
   59 12.5 6.2 6.3 46.3 6.2 1.50 1.81
   60 11.9 6.3 5.6 46.0 6.1 1.39 1.76
   61 11.4 6.2 5.2 45.3 5.9 1.37 1.72
   62 11.1 6.2 4.9 45.3 5.7 1.30 1.69
   63 10.8 6.5 4.3 43.4 5.8 1.26 1.66
平成元年 10.2 6.4 3.7 42.4 5.8 1.29 1.57
    2 10.0 6.7 3.3 42.3 5.9 1.28 1.54
    3 9.9 6.7 3.2 39.7 6.0 1.37 1.53
    4 9.8 6.9 2.9 38.9 6.1 1.45 1.50
    5 9.6 7.1 2.5 36.6 6.4 1.52 1.46
    6 10.0 7.1 2.9 33.5 6.3 1.57 1.50
    7 9.6 7.4 2.1 32.1 6.4 1.60 1.42
    8 9.7 7.2 2.5 31.7 6.4 1.66 1.43
    9 9.5 7.3 2.2 32.1 6.2 1.78 1.39
   10 9.6 7.5 2.1 31.4 6.3 1.94 1.38
   11 9.4 7.8 1.6 31.6 6.1 2.00 1.34
   12 9.5 7.7 1.8 31.2 6.4 2.10 1.36
   13 9.3 7.7 1.6 31.0 6.4 2.27 1.33
   14 9.2 7.8 1.4 31.1 6.0 2.30 1.32
   15 8.9 8.0 0.9 30.5 5.9 2.25 1.29
   16 8.8 8.2 0.7 30.0 5.7 2.15 1.29
   17 8.5 8.5 △0.1 29.1 5.7 2.08
注:1)昭和47年以前は沖縄県を含まない。平成16年までは確定値、平成17年は推計値である。
2)合計特殊出生率(期間合計特殊出生率)とは、その年次の15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計したもので、1人の女子が仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子ども数に相当する。
(実際に1人の女子が一生の間に生む子ども数はコーホート合計特殊出生率である。)


第3表 人口動態総覧(率)の国際比較

国名 出生率 死亡率 婚姻率 離婚率   合計特殊
出生率
(人口千対)
日本 '05)  8.5 '05)  8.5 '05)  5.7 '05)  2.08 '04) 1.29
韓国 '04)  9.8 '04)  5.1 '04)  6.4 '04)  2.9 '04) 1.16
シンガポール '04)  10.1 '04)  4.3 '03)  6.4 '03)  1.91 '04) 1.24
アメリカ '03)  14.1 '02)  8.5 '02)  7.8 '02)  4.0 '03) 2.04
フランス '01)  13.0 '01)  9.0 '02)  4.7 '01)  1.90 '01) 1.90
ドイツ '01)  8.9 '01)  10.1 '02)  4.8 '01)  2.40 '01) 1.35
イタリア '02)  9.3 '02)  9.7 '02)  4.6 '01)  0.69 '01) 1.24
スウェーデン '02)  10.7 '02)  10.6 '02)  4.3 '02)  2.39 '02) 1.65
イギリス '02)  11.3 '02)  10.2 '00)  5.1 '00)  2.58 '01) 1.63
注: 日本の2005年は推計値である。
資料:(1)韓国は、韓国統計庁資料
(2)シンガポールは、シンガポール統計局資料
(3)アメリカは、NCHS,National Vital Statistics Reports
(4)ヨーロッパの各国は、UN,Demographic Yearbook 2002



平成17年人口動態統計の年間推計について


 人口動態統計について

 人口動態統計とは、出生・死亡・婚姻・離婚及び死産の5種類の「人口動態事象」を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的としている。
 出生・死亡・婚姻及び離婚については「戸籍法」により、死産については「死産の届出に関する規程」により、市区町村長に届け出られる各種届書等から「人口動態調査票」が市区町村で作成される。調査票は、保健所長及び都道府県知事を経由して、厚生労働大臣に提出され、厚生労働省ではこれらの調査票を集計して人口動態統計を作成している。


 本年間推計について

 対象 : 日本における日本人

 項目 :
 (1)出生、死亡、婚姻、離婚及び死産
 (2)3大死因

 推計方法 : 「人口動態統計速報」 の平成17年1月〜10月分まで及び 「人口動態統計月報(概数)」の平成17年1月〜7月分までを基礎資料として、平成17年の1年間を推計している。
 「人口動態統計速報」の数値は、調査票の作成枚数であり、日本における日本人、日本における外国人、外国における日本人及び前年以前に発生した事象を含むものである。
 「人口動態統計月報(概数)」の数値は、日本における日本人について集計したものである。



図1 出生数及び合計特殊出生率の年次推移
図


図2 死亡数及び死亡率の年次推移
図


図3 自然増加数の年次推移
図


図4 婚姻件数及び婚姻率の年次推移
図


図5 離婚件数及び離婚率の年次推移
図

トップへ