目次  前へ  次へ

結果の概要


1 施設数・病床数

   平成15年10月1日現在における全国の医療施設総数は、173,013施設で、そのうち「休止・1年以上休診中」の施設を除いた活動中の施設は171,000施設(医療施設総数の98.8%)であり、以下の内容は、その「活動中の施設」について取りまとめたものである。

(1)  施設の種類別にみた施設数(医療施設調査)

 病院は 9,122施設で、前年に比べ65施設(0.7%)減少している。施設数の年次推移をみると、平成2年(10,096施設)をピークにその後減少しており、平成4年からは1万施設を割っている。
 「療養病床を有する病院」は、4,211施設であり、病院の46.2%となっている。
 一般診療所は96,050施設で、前年に比べ1,231施設(1.3%)増加しており、昭和63年以降増加を続けている。その中で有床一般診療所は16.0%であり、有床一般診療所の割合は年々減少する一方、無床一般診療所の割合が増加している。
 歯科診療所は65,828施設で、前年に比べ755施設(1.2%)増加しており、調査開始以来増加を続けている。(図1、表1、表2)

(参考)
統計表1  施設の種類別にみた施設数・病床数及び人口10万対施設数・病床数の年次推移
統計表11  施設の種類別にみた動態状況の年次推移

図1 施設の種類別にみた施設数の年次推移
各年10月1日現在
図1 施設の種類別にみた施設数の年次推移

表1 施設の種類別にみた施設数

各年10月1日現在
  施設数 対平成14年 構成割合(%)
平成12年
(2000)
平成13年
('01)
平成14年
('02)
平成15年
('03)
増減数 増減率(%) 平成14年
('02)
平成15年
('03)
総数 165 451 167 555 169 079 171 000 1 921 1.1
                 
病院 9 266 9 239 9 187 9 122 △65 △0.7 100.0 100.0
 精神病院 1 058 1 065 1 069 1 073 4 0.4 11.6 11.8
 結核療養所 3 3 2 2 0 0.0 0.0 0.0
 一般病院 8 205 8 171 8 116 8 047 △69 △0.9 88.3 88.2
 (再掲)                
  地域医療支援病院 26 29 43 48 5 11.6 0.5 0.5
  療養病床を有する病院 3 167 3 476 3 723 4 211 488 13.1 40.5 46.2
  感染症病床を有する病院 291 289 294 286 △8 △2.7 3.2 3.1
                 
一般診療所 92 824 94 019 94 819 96 050 1 231 1.3 100.0 100.0
 有床 17 853 17 218 16 178 15 371 △807 △5.0 17.1 16.0
 (再掲)                
  療養病床を有する一般診療所 2 508 2 571 2 675 2 639 △36 △1.4 2.8 2.7
 無床 74 971 76 801 78 641 80 679 2 038 2.6 82.9 84.0
                 
歯科診療所 63 361 64 297 65 073 65 828 755 1.2 100.0 100.0
 有床 46 39 59 58 △1 △1.7 0.1 0.1
 無床 63 315 64 258 65 014 65 770 756 1.2 99.9 99.9

注: * は施設によっては重複計上している。

表2 施設の種類別にみた施設数の動態状況


  平成15年
10月1日
現在
増減数(平成14年(2002)10月〜平成15年('03)9月) 平成14年
10月1日
現在
  開設 再開 廃止 休止 種類
の変更
総数 171 000 1 921 6 918 164 △4 552 △609 . 160 079
                 
病院 9 122 △65 168 5 △224 △14 0 9 187
 精神病院 1 073 4 8 - △10 △1 7 1 069
 結核療養所 2 - - - - - - 2
 一般病院 8 047 △69 160 5 △214 △13 △7 8 116
                 
一般診療所 96 050 1 231 4 540 117 △2 971 △455 0 94 819
 有床 15 371 △807 282 18 △289 △87 △731 16 178
 無床 80 679 2 038 4 258 99 △2 682 △368 731 78 641
                 
歯科診療所 65 828 755 2 210 42 △1 357 △140 0 65 073
 有床 58 △1 1 - - △1 △1 59
 無床 65 770 756 2 209 42 △1 357 △139 1 65 014

 
(2)  病床の種類別にみた病床数(医療施設調査)

 病院の病床数は1,632,141床で、前年に比べ10,452床(0.6%)減少している。 平成4年(1,686,696床)をピークに年々減少している。
 病床の種類別にみると、「一般病床」は919,070床で、前年に比べ、47,294床(4.9%)減少しているが、「療養病床」は342,343床で、前年に比べ41,492床(13.8%)と大幅に増加している。
 「精神病床」は354,448床で、前年に比べ1,518床(0.4%)減少している。調査開始以来、平成6年(362,847床)までは増加していたが、平成7年から年々減少している。(図2)
 病院の1施設当たり病床数は178.9床で、前年に比べ0.1床増加している。
 一般診療所の病床数は187,894床で、前年に比べ8,702床(4.4%)減少している。昭和55年(287,835床)をピークに減少傾向である。「療養病床」は24,840床で、前年に比べ40床(0.2%)減少している。(表3、表4、表5)

(参考)
統計表1  施設の種類別にみた施設数・病床数及び人口10万対施設数・病床数の年次推移

図2 病床の種類別にみた病院病床数の年次推移
各年10月1日現在
図2 病床の種類別にみた病院病床数の年次推移

 注:1  「その他の病床」は、平成12年までは旧医療法に規定する「その他の病床」であり、平成13・14年は「一般病床」、「療養病床」及び「経過的旧その他の病床(経過的旧療養型病床群を含む。)」である。
 「一般病床」は、平成12年までは「その他の病床」のうち「療養型病床群」を除いたものであり、平成13・14年は「一般病床」及び「経過的旧療養型病床群を除く経過的旧その他の病床」である。
 「療養病床」は、平成12年までは「療養型病床群」であり、平成13・14年は「療養病床」及び「経過的旧療養型病床群」である。

表3 病床の種類別にみた病床数

各年10月1日現在
  病床数 対平成14年 構成割合(%)
平成12年
(2000)
平成13年
('01)
平成14年
('02)
平成15年
('03)
増減数 増減率(%) 平成14年
('02)
平成15年
('03)
総数 1 864 178 1 856 494 1 839 376 1 820 212 △19 164 △1.0
                 
病院 1 647 253 1 646 797 1 642 593 1 632 141 △10 452 △0.6 100.0 100.0
 精神病床 358 153 357 385 355 966 354 448 △1 518 △0.4 21.7 21.7
   精神病院 259 243 260 189 261 361 262 591 1 230 0.5 15.9 16.1
   一般病院 98 910 97 196 94 605 91 857 △2 748 △2.9 5.8 5.6
                 
 感染症病床 2 396 2 033 1 854 1 773 △81 △4.4 0.1 0.1
                 
 結核病床 22 631 20 847 17 558 14 507 △3 051 △17.4 1.1 0.9
   結核療養所 231 227 179 168 △11 △6.1 0.0 0.0
   一般病院 22 400 20 620 17 379 14 339 △3 040 △17.5 1.1 0.9
                 
 療養病床 241 160 272 217 300 851 342 343 41 492 13.8 18.3 21.0
 一般病床 1 022 913 994 315 966 364 919 070 △47 294 △4.9 58.8 56.3
                 
一般診療所 216 755 209 544 196 596 187 894 △8 702 △4.4 100.0 100.0
  (再掲)療養病床 22 786 23 684 24 880 24 840 △40 △0.2 12.7 13.2
                 
歯科診療所 170 153 187 177 △10 △5.3

 注:1  「一般病床」は、平成12年は「その他の病床」のうち「療養型病床群」を除いたものであり、平成13・14年は「一般病床」及び「経過的旧療養型病床群を除く経過的旧その他の病床」である。
2  「療養病床」は、平成12年は「療養型病床群」であり、平成13・14年は「療養病床」及び「経過的旧療養型病床群」である。

表4 病床の種類別にみた病院の病床数の動態状況


  平成15年
10月1日
現在
増減数(平成14年(2002)10月〜平成15年('03)9月) 平成14年
10月1日
現在
  開設 再開 廃止 休止 増床 減床
病院 1 632 141 △10 452 22 108 299 △21 644 △1 120 907 810 △917 905 1 642 593
 精神病床 354 448 △1 518 2 425 - △2 473 △63 1 897 △3 304 355 966
 感染症病床 1 773 △81 14 - △10 - 55 △140 1 854
 結核病床 14 507 △3 051 58 - △468 - 212 △2 853 17 558
 療養病床 342 343 41 492 9 170 56 △2 800 △65 228 815 △193 684 300 851
 一般病床 919 070 △47 294 10 441 243 △15 893 △992 676 831 △717 924 966 364

 注:  「平成14年10月1日現在」の「一般病床」は「療養型病床群を除いたその他の病床」を含む。また、「療養病床」には「療養型病床群」を含む。

表5 施設の種類別にみた1施設当たり病床数

各年10月1日現在
  平成12年
(2000)
平成13年
('01)
平成14年
('02)
平成15年
('03)
病院 177.8 178.2 178.8 178.9
 精神病院 245.0 244.3 244.5 244.7
 結核療養所 77.0 75.7 89.5 84.0
 一般病院 169.1 169.7 170.2 170.2
         
一般診療所(有床) 12.1 12.2 12.2 12.2

 
(3)  開設者別にみた施設数(医療施設調査)

 施設数を開設者別にみると病院は、「医療法人」が5,588施設(病院数の61.3%)と最も多く、次いで「公的医療機関」が1,382施設(同15.2%)である。「医療法人」は増加傾向にあり、「個人」は減少傾向にある。
 一般診療所は、「個人」が52,118施設(一般診療所数の54.3%)と最も多いが、「医療法人」は増加傾向であるのに対し、「個人」は減少傾向にある。
 歯科診療所は、「個人」が57,292施設(歯科診療所数の87.0%)と最も多く、「個人」が増加傾向にある。(表6、表7)
 開設者の変更状況をみると、病院はこの1年間に69施設が「個人」から「医療法人」に変更している。
 同じく一般診療所は、59施設が「医療法人」から「個人」へ、1,040施設が「個人」から「医療法人」に変更している。歯科診療所は38施設が「医療法人」から「個人」へ、331施設が「個人」から「医療法人」に変更している。(表8)

(参考)
統計表2  開設者別にみた病院数及び病院病床数の年次推移
統計表3  開設者別にみた一般診療所数及び歯科診療所数の年次推移
統計表4  開設者・施設の種類別にみた施設数

表6 開設者別にみた施設数

各年10月1日現在
  施設数 対平成14年 構成割合(%)
平成12年
(2000)
平成13年
('01)
平成14年
('02)
平成15年
('03)
増減数 増減率(%) 平成14年
('02)
平成15年
('03)
病院 9 266 9 239 9 187 9 122 △65 △0.7 100.0 100.0
 国 359 349 336 323 △13 △3.9 3.7 3.5
 公的医療機関 1 373 1 375 1 377 1 382 5 0.4 15.0 15.2
 社会保険関係団体 131 130 130 129 △1 △0.8 1.4 1.4
 医療法人 5 387 5 445 5 533 5 588 55 1.0 60.2 61.3
 個人 1 173 1 085 954 838 △116 △12.2 10.4 9.2
 その他 843 855 857 862 5 0.6 9.3 9.4
                 
一般診療所 92 824 94 019 94 819 96 050 1 231 1.3 100.0 100.0
 国 581 575 586 594 8 1.4 0.6 0.6
 公的医療機関 4 237 4 217 4 186 4 171 △15 △0.4 4.4 4.3
 社会保険関係団体 840 828 828 813 △15 △1.8 0.9 0.8
 医療法人 24 031 25 418 27 108 28 330 1 222 4.5 28.6 29.5
 個人 53 646 53 322 52 326 52 118 △208 △0.4 55.2 54.3
 その他 9 489 9 659 9 785 10 024 239 2.4 10.3 10.4
                 
歯科診療所 63 361 64 297 65 073 65 828 755 1.2 100.0 100.0
 国 1 1 1 1 0 0.0 0.0 0.0
 公的医療機関 331 331 326 320 △6 △1.8 0.5 0.5
 社会保険関係団体 17 15 12 12 0 0.0 0.0 0.0
 医療法人 7 310 7 599 7 499 7 891 392 5.2 11.5 12.0
 個人 55 378 56 017 56 934 57 292 358 0.6 87.5 87.0
 その他 324 334 301 312 11 3.7 0.5 0.5

表7 開設者別にみた施設数の動態状況


  平成15年
10月1日
現在
増減数(平成14年(2002)10月〜平成15年('03)9月) 平成14年
10月1日
現在
  開設 再開 廃止 休止 開設者変更
病院 9 122 △65 168 5 △224 △14 0 9 187
 医療法人 5 588 55 103 2 △114 △10 74 5 533
 個人 838 △116 20 2 △65 △1 △72 954
 その他 2 696 △4 45 1 △45 △3 △2 2 700
                 
一般診療所 96 050 1 231 4 540 117 △2 971 △455 0 94 819
 医療法人 28 330 1 222 756 35 △443 △111 985 27 108
 個人 52 118 △208 3 151 55 △2 140 △291 △983 52 326
 その他 15 602 217 633 27 △388 △53 △2 15 385
                 
歯科診療所 65 828 755 2 210 42 △1 357 △140 0 65 073
 医療法人 7 891 392 226 12 △122 △18 294 7 499
 個人 57 292 358 1 955 28 △1 218 △117 △290 56 934
 その他 645 5 29 2 △17 △5 △4 640

 注: 「その他」は、「国」、「公的医療機関」、「社会保険関係団体」等の開設者である。

表8 開設者の変更状況

各平成14年(2002)10月〜平成15年('03)9月
  開設者変更 他の開設者から変更したもの 他の開設者へ変更したもの
  医療法人
から
個人から その他から   医療法人へ 個人へ その他へ
病院 0 92 1 72 19 △92 △75 0 △17
 医療法人 74 75 69 6 △1 0 △1
 個人 △72 0 0 0 △72 △69 △3
 その他 △2 17 1 3 13 △19 △6 0 △13
                   
一般診療所 0 1 153 62 1 050 41 △1 153 △1 047 △67 △39
 医療法人 985 1 047 1 040 7 △62 △59 △3
 個人 △983 67 59 8 △1 050 △1 040 △10
 その他 △2 39 3 10 26 △41 △7 △8 △26
                   
歯科診療所 0 383 39 333 11 △383 △333 △43 △7
 医療法人 294 333 331 2 △39 △38 △1
 個人 △290 43 38 5 △333 △331 △2
 その他 △4 7 1 2 4 △11 △2 △5 △4

注: 「その他」は、「国」、「公的医療機関」、「社会保険関係団体」等の開設者である。

 
(4)  開設者別にみた病床数(医療施設調査)

 病床数を開設者別にみると、病院の病床数は「医療法人」が819,697床(病院病床数の50.2%)と最も多く、一般診療所の病床数は「医療法人」が97,993床(一般診療所病床数の52.2%)と最も多い。(表9)

(参考)
統計表2  開設者別にみた病院数及び病院病床数の年次推移
統計表5  開設者・病床の種類別にみた病床数

表9 開設者別にみた病床数

各年10月1日現在
  病床数 対平成14年 構成割合(%) 1施設
当たり
病床数
平成12年
(2000)
平成13年
('01)
平成14年
('02)
平成15年
('03)
増減数 増減率(%) 平成14年
('02)
平成15年
('03)
病院 1 647 253 1 646 797 1 642 593 1 632 141 △10 452 △0.6 100.0 100.0 178.9
 国 144 649 141 288 136 381 130 754 △5 627 △4.1 8.3 8.0 404.8
 公的医療機関 356 100 356 696 357 720 355 917 △1 803 △0.5 21.8 21.8 257.5
 社会保険関係団体 38 522 38 197 38 410 37 856 △554 △1.4 2.3 2.3 293.5
 医療法人 795 089 802 903 811 961 819 697 7 736 1.0 49.4 50.2 146.7
 個人 101 620 94 907 84 728 74 845 △9 883 △11.7 5.2 4.6 89.3
 その他 211 273 212 806 213 393 213 072 △321 △0.2 13.0 13.1 247.2
                   
一般診療所 216 755 209 544 196 596 187 894 △8 702 △4.4 100.0 100.0 2.0
 国 2 344 2 319 2 331 2 331 0 0.0 1.2 1.2 3.9
 公的医療機関 4 024 3 940 3 694 3 542 △152 △4.1 1.9 1.9 0.8
 社会保険関係団体 38 38 47 45 △2 △4.3 0.0 0.0 0.1
 医療法人 96 953 97 892 98 166 97 993 △173 △0.2 49.9 52.2 3.5
 個人 111 110 103 110 90 312 81 951 △8 361 △9.3 45.9 43.6 1.6
 その他 2 286 2 245 2 046 2 032 △14 △0.7 1.0 1.1 0.2

注: 一般診療所の「1施設当たり病床数」は、有床診療所に対する数値である。

 
(5)  病床の規模別にみた施設数(医療施設調査)

 施設数を病床規模別にみると、病院は「50〜99床」が2,363施設(病院数の25.9%)であり、病院全体の四分の一を占めている。(表10)

(参考)
統計表6  病床の規模別にみた施設数及び構成割合の年次推移

表10 病床の規模別にみた施設数

各年10月1日現在
  施設数 対平成14年 構成割合(%) 1施設
当たり
病床数
平成12年
(2000)
平成13年
('01)
平成14年
('02)
平成15年
('03)
増減数 増減率(%) 平成14年
('02)
平成15年
('03)
病院 9 266 9 239 9 187 9 122 △65 △0.7 100.0 100.0 178.9
 20〜49床 1 392 1 363 1 327 1 304 △23 △1.7 14.4 14.3 37.6
 50〜99 2 419 2 418 2 399 2 363 △36 △1.5 26.1 25.9 72.0
 100〜149 1 459 1 449 1 456 1 468 12 0.8 15.9 16.1 120.7
 150〜199 1 186 1 229 1 241 1 235 △6 △0.5 13.5 13.5 174.3
 200〜299 1 203 1 173 1 165 1 157 △8 △0.7 12.7 12.7 241.1
 300〜399 754 750 750 757 7 0.9 8.2 8.3 335.7
 400〜499 357 361 360 353 △7 △1.9 3.9 3.9 436.8
 500〜599 202 203 197 196 △1 △0.5 2.1 2.1 534.4
 600〜699 125 123 127 131 4 3.1 1.4 1.4 640.0
 700〜799 61 60 57 55 △2 △3.5 0.6 0.6 740.0
 800〜899 34 36 35 34 △1 △2.9 0.4 0.4 835.8
 900床以上 74 74 73 69 △4 △5.5 0.8 0.8 1 095.9
                   
一般診療所(有床) 17 853 17 218 16 178 15 371 △807 △5.0 100.0 100.0 12.2
 1〜9床 7 108 6 808 6 379 5 976 △403 △6.3 39.4 38.9 5.0
 10〜19 10 745 10 410 9 799 9 395 △404 △4.1 60.6 61.1 16.8

注: 一般診療所の「1施設当たり病床数」は、有床診療所に対する数値である。

 
(6)  病床規模の変更状況(医療施設調査)

 この1年間に病床規模の変更をした病院1,165施設のうち320施設が病床を増加、845施設が病床を減少している。(表11)
 病床規模の変更をした一般診療所1,097施設のうち133施設が病床を増加、964施設が病床を減少している。(表12)

表11 病院の病床規模の変更状況

平成14年(2002)10月〜平成15年('03)9月
  病床数変更前の病床規模
総数 20〜
49床
50〜
99
100〜
149
150〜
199
200〜
299
300〜
399
400〜
499
500〜
599
600〜
699
700〜
799
800〜
899
900床
以上
総数 1 165 減845
増320
99   275   187   161   156   123   53   46   18   15   9   23  
病床数変更後の病床規模 20〜49床 136   88 減 66
増 22
42   4   1   1   -   -   -   -   -   -   -  
50〜99 260   10   200 減151
増 49
41   8   1   -   -   -   -   -   -   -  
100〜149 194   1   26   117 減 83
増 34
40   8   2   -   -   -   -   -   -  
150〜199 150   -   4   20   96 減 60
増 36
27   2   -   -   -   -   -   -  
200〜299 146   -   3   4   15   102 減 83
増 19
21   1   -   -   -   -   -  
300〜399 127   -   -   1   1   15   88 減 65
増 23
21   1   -   -   -   -  
400〜499 47   -   -   -   -   2   7   28 減 23
増 5
10   -   -   -   -  
500〜599 45   -   -   -   -   -   3   3   31 減 26
増 5
7   -   1   -  
600〜699 21   -   -   -   -   -   -   -   3   11 減 10
増 1
5   1   1  
700〜799 13   -   -   -   -   -   -   -   1   -   10 減 7
増 3
2   -  
800〜899 8   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   5 減 4
増 1
3  
900床以上 19   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   19 減 16
増 3

 注:
 
は、同規模内における変更(増減)施設数である。

表12 一般診療所の病床規模の変更状況

平成14年(2002)10月〜平成15年('03)9月
  病床数変更前の病床規模
総数 無床 1〜9 10〜19
総数 1 097 減 964
増 133
48 499   550  
変更後 無床 780   407   373  
1〜9 164   32 78 減 58
増 20
54  
10〜19 153   16 14   123 減 72
増 51

 注:
 
は、同規模内における変更(増減)施設数である。

 
(7)  都道府県別にみた病院の人口10万対病床数(医療施設調査)

 「一般病床」の人口10万対病床数は全国で720.2床であり、都道府県別にみると、香川県(1,000.7床)が最も多く、次いで岡山県(999.1床)、大分県(979.6床)であり、埼玉県(484.4床)、千葉県(544.0床)、神奈川県(556.0床)などが少ない。
 「精神病床」の人口10万対病床数は全国で277.7床であり、都道府県別にみると、鹿児島県(566.9床)が最も多く、次いで長崎県(553.7床)、宮崎県(535.2床)であり、滋賀県(158.5床)、神奈川県(165.2床)、埼玉県(182.8床)などが少ない。(図3)

(参考)
統計表9  都道府県−14大都市・中核市(再掲)別にみた病床数及び人口10万対病床数

図3 都道府県別にみた病院の人口10万対病床数

平成15年(2003)10月1日現在
図3 都道府県別にみた病院の人口10万対病床数

 
(8)  診療科目別にみた施設数(医療施設調査)

 一般病院の診療科目別施設数は前年に比べ、「リハビリテーション科」(71施設増)、「神経内科」(57施設増)、「麻酔科」(45施設増)などが増加し、「小児科」(75施設減)、「外科」(72施設減)、「整形外科」(46施設減)などが減少している。(表13)

(参考)
統計表7  診療科目別にみた一般病院数の年次推移

表13 診療科目別にみた施設数
(重複計上)
各年10月1日現在
  一般病院 精神病院
平成15年
(2003)
平成14年
('02)
対前年 施設数に
対する割合
(%)
平成15年
(2003)
平成14年
('02)
対前年 施設数に
対する割合
(%)
増減数 増減率
(%)
増減数 増減率
(%)
総数 8 047 8 116 △69 △0.9 100.0 1 073 1 069 4 0.4 100.0
                     
内科 7 344 7 379 △35 △0.5 91.3 686 681 5 0.7 63.9
呼吸器科 2 405 2 381 24 1.0 29.9 17 16 1 6.3 1.6
消化器科(胃腸科) 4 170 4 137 33 0.8 51.8 29 29 0 0.0 2.7
循環器科 3 594 3 553 41 1.2 44.7 27 28 △1 △3.6 2.5
小児科 3 284 3 359 △75 △2.2 40.8 32 33 △1 △3.0 3.0
精神科 1 451 1 430 21 1.5 18.0 1 072 1 068 4 0.4 99.9
神経科 684 679 5 0.7 8.5 896 898 △2 △0.2 83.5
神経内科 1 694 1 637 57 3.5 21.1 86 81 5 6.2 8.0
心療内科 458 435 23 5.3 5.7 193 167 26 15.6 18.0
アレルギー科 408 396 12 3.0 5.1 4 3 1 33.3 0.4
リウマチ科 946 924 22 2.4 11.8 5 5 0 0.0 0.5
                     
外科 5 376 5 448 △72 △1.3 66.8 19 21 △2 △9.5 1.8
整形外科 5 233 5 279 △46 △0.9 65.0 12 11 1 9.1 1.1
形成外科 944 919 25 2.7 11.7 2 2 0 0.0 0.2
美容外科 75 70 5 7.1 0.9 - - - - -
脳神経外科 2 381 2 365 16 0.7 29.6 8 7 1 14.3 0.7
呼吸器外科 490 459 31 6.8 6.1 - - - - -
心臓血管外科 793 774 19 2.5 9.9 - - - - -
小児外科 336 320 16 5.0 4.2 - - - - -
産婦人科 1 524 1 553 △29 △1.9 18.9 - - - - -
産科 191 197 △ 6 △3.0 2.4 - - - - -
婦人科 677 659 18 2.7 8.4 4 3 1 33.3 0.4
眼科 2 500 2 503 △ 3 △0.1 31.1 8 7 1 14.3 0.7
耳鼻いんこう科 2 102 2 112 △10 △0.5 26.1 4 3 1 33.3 0.4
気管食道科 152 154 △ 2 △1.3 1.9 - - - - -
皮膚科 3 011 3 007 4 0.1 37.4 30 27 3 11.1 2.8
泌尿器科 2 803 2 796 7 0.3 34.8 4 4 0 0.0 0.4
性病科 67 65 2 3.1 0.8 - - - - -
こう門科 1 341 1 338 3 0.2 16.7 3 2 1 50.0 0.3
リハビリテーション科 4 920 4 849 71 1.5 61.1 64 61 3 4.9 6.0
放射線科 3 615 3 615 0 0.0 44.9 39 39 0 0.0 3.6
麻酔科 2 471 2 426 45 1.9 30.7 8 7 1 14.3 0.7
                     
歯科 1 248 1 265 △17 △1.3 15.5 208 208 0 0.0 19.4
矯正歯科 128 122 6 4.9 1.6 3 3 0 0.0 0.3
小児歯科 132 130 2 1.5 1.6 2 2 0 0.0 0.2
歯科口腔外科 671 642 29 4.5 8.3 6 6 0 0.0 0.6


トップへ
目次  前へ  次へ