ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働保険審査会 > 主な裁決例 > 平成25年度労災保険関係

労働保険審査会

平成25年度労災保険関係

業務上外関係

事件番号 裁決 事件概要
24労537号 [141KB] 取消 保育園で児童の給食調理業務に従事する被災者が精神障害を発病したのは、業務上の事由によるものと認められるものとして、原処分を取り消した事例
24労560号 [97KB] 取消 運送会社に運転手として勤務していた被災者は部下に刺され死亡したが、加害者が被災者に対して抱いていた怨恨は業務に起因するものであり、被災者の死亡は、業務上の事由によるものと認められるものとして、原処分を取り消した事例
25労344号 [115KB] 取消 父親からの多額の借金を赤字額の補填に充てているなど心理的な負担は極めて大きかったものと推認され、自殺した被災者に発病した精神障害及び死亡は、業務上の事由によるものと認められるものとして、原処分を取り消した事例
25労20号 [82KB] 取消 石綿製品の製造業務に従事下被災者の死亡は、被災者がり患していた石綿肺が肺がん及び間質性肺炎を引き起こす直接的な原因となったものであることから、業務上の事由によるものと認められるものとして、原処分を取り消した事例
24労192号 [109KB] 棄却 被災者は、業務による体調不良の状態は認められず、また、長期間及び短期間について長時間の過重業務を行っていたとは認められないことから、その死亡は業務上のものとは認められないとして、棄却した事例。
24労446、447号 [91KB] 棄却 被災者は、内視鏡検査を自ら行うわけではないなど、日常的な精神的緊張を伴う業務に従事していたとまでは認められないこと、また、注射針の廃棄を巡る一連のトラブルは、過大な精神的な負荷となる出来事とは認められないこと等から、本件死亡は業務上の事由によるものと認められないとして、棄却した事例。
24労455号 [139KB] 棄却 検査技師助手として請求人に対する上司等の助言や叱責は業務指導の範囲内のものであると認められること等から、請求人の保険疾病の発病は業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
24労457号 [74KB] 棄却 看護業務に従事していた請求人に対する師長の叱責や注意は、業務指導の範囲を超えたものとは認められないこと、また、同僚とのトラブルがあったという客観的な事実は確認できないこと等から、請求人に発病した精神障害は業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
24労475号 [74KB] 棄却 「原発性肺がん」の診断で業務上疾病と認定され療養を継続してきた工事管理・安全管理担当者が発病したとする「胃がん」は業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
24労507号 [88KB] 棄却 請求人は、支店総務部においても、また、事業場への転勤後においても、決算期及び中間決算期が忙しかった旨申述しているが、これらの時期においても請求人の時間外労働時間数は50時間ないし60時間程度であり、発症前6か月間の平均時期案外労働時間数が30時間程度であることから、恒常的な長時間労働であったとは認められないとして、棄却した事例。
24労523号 [127KB] 棄却 請求人のシステムの変更に対応するための研修も同僚がついて複数回実施されていること、上司の言動は業務指導の範囲内の叱責であること等から、本件疾病は業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
24労532号 [83KB] 棄却 請求人は、末梢循環障害が認められる等とされた検査において高熱があったこと、また、後の期日に行われた検査結果の方が数値が悪いこと等から、振動障害の認定基準を充足しないとして、棄却した事例。
24労544号 [128KB] 棄却 一部の上司及び同僚の言動は、請求人の人格や人間性を否定するようなものであったとまでは認められないこと、配置転換の理由及び経過には合理性が認められること等から、請求人の本件疾病は業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
24労549号 [110KB] 棄却 プラントの機械担当であった被災者が、主任に昇格したこと、機械を止めてしまうというトラブルを起こしたこと等の出来事の心理的負荷は「弱」であると判断されること、また、上司らの言動の内容、程度は著しく業務指導の範囲を逸脱していたとまでは考えられないこと等から、被災者の死亡は業務上の事由によるものと認められないとして、棄却した事例。
24労567号 [109KB] 棄却 請求人の本社から支社への異動は請求人の将来の人事構想を踏まえて行われたものであると考えられることから、当該出来事の心理的負荷の総合評価は「中」であると判断されることから、請求人に発病した本件疾病は、業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
24労573号 [100KB] 棄却 請求人は、発症前6か月間に著しいと認められる長時間労働に従事していたとは認められず、発症前1か月の2か国への出張も特段、過重業務であったとまではいうことはできないことから、本件疾病が業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
24労587号 [101KB] 棄却 請求人が、駐車場整理の業務を雨の中で終業時刻も分からず遅くまで行った出来事の心理的負荷の総合評価は「弱」と判断されること等から、発病は業務上の事由によるものではないとして、棄却した事例。
24労598号 [115KB] 棄却 工事管理技術者として勤務していた被災者に対する上司である所長の職務における言動について、上司とトラブルがあったとする主張は採用することはできないことから、被災者の死亡は業務上の事由であると認めることはできないとして、棄却した事例。
25労2号 [103KB] 棄却 請求人は、治ゆとなった後、障害等級第14級の9号の障害補償給付を受給していることを踏まえると、腰部の負傷の程度は重傷であったとは認められないことから、請求人に発病した精神障害は業務上の事由によるものとは認められないとして棄却した事例。
25労86号 [134KB] 棄却 被災者の精神障害の発病をうかがわせるような様子の変化や異常な行動等の病像は認められず、被災者に精神障害の発病が認められないことから、被災者の死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
25労111号 [103KB] 棄却 請求人への営業職への転勤の内々示の心理的負荷の総合評価は「弱」であり、本件疾病発症5か月前の80時間以上の時間外労働の心理的負荷の総合評価は「中」であることから、心理的負荷の全体評価は「強」には至らないと判断されるとして、棄却した事例。
25労208号 [69KB] 棄却 請求人は、認定基準以上の聴力低下は認められず、騒音ばく露業務離職後に診断結果が悪化していること等から、聴力障害の悪化の原因が業務上であると認めることはできないとして、棄却した事例。
25労267号 [94KB] 棄却 木材運送業務に従事する請求人が発病した精神障害は、落下事故によるケガも重度のケガであるとは認められないことなどから、業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
25労274号 [106KB] 棄却 被災者がインド出張先で経験したトラブルは、被災者が責任を感じるほど重大なものとは認められないこと、また、被災者は、そのことを十分認識できる状況にあったと判断し得るため、精神障害を発病するほどの強度の心理的負荷があったとは認められないことから、被災者の死亡は業務上の事由によるものとは認められないとして、棄却した事例。
25労288号 [122KB] 棄却 請求人が、人が亡くなっている現場に立ち会ったのは、その状況から、心理的負荷の強度は「中」にとどまること、また、請求人が主張するようなパワハラといえるような言動があった事実を確認することができないことから、請求人の本件疾病は業務上の事由によるものとは認めることはできないとして、棄却した事例。

障害認定関係

事件番号 裁決 事件概要
24労469号 [85KB] 棄却 請求人のそしゃく障害は、そしゃくに伴う神経障害を含めて準用第12級相当であることから、請求人に残存する障害は、頚部の神経障害(第14級)と歯牙障害(第11級)と併せて併合第10級と判断するとして棄却した事例。
24労509号 [91KB] 棄却 請求人の後遺障害は、右下肢複合性局所疼痛症候群(カウザルギー)により就労可能な職種の範囲が相当程度に制限されることから障害等級第9級の7の2に該当すると判断するとして、棄却した事例。

労働者資格関係

事件番号 裁決 事件概要
24労445号 [96KB] 棄却 被災者は会社の取締役に就任しており、賃金明細書で雇用保険料が控除されておらず、タイムカードがないなど実際の勤怠管理が行われていたとは認められないことから、被災者が労災保険法上の「労働者」に該当するとは認められないとして、棄却した事例
24労479号 [70KB] 棄却 実兄が経営する酒店において移動販売等を行っていた請求人は、移動販売の業務を自らの裁量で行っており、兄の指揮監督下の労働ではなく使用従属関係は認められないと判断され、労災保険法上の労働者とは認められないとして、棄却した事例。
24労484号 [106KB] 棄却 請求人は、会社との間で交わしている請負契約書及び約款において、会社の業務に専属で従事することを求める旨の規定は認められず、会社から業務に関して指揮監督を受けていたとまでは判断できないこと等から、労災保険法上の労働者とは認められないとして、棄却した事例。

給付基礎日額関係

事件番号 裁決 事件概要
24労527号 [106KB] 取消 営業職として勤務した後、系列会社の取締役として勤務し、悪性胸膜中皮腫を発症した特別加入者の給付基礎日額は、疾病発症のおそれのある作業に従事した最後の事業場で支払われた賃金額を基礎として算定すべきであるとして、原処分を取り消した事例
25労247号 [102KB] 取消 請求人がメイト社員から契約社員になるにあたって、雇い入れがあったと判断して給付基礎日額を算定すべきとして、原処分を取り消した事例
25労214号 [75KB] 取消 被災者の算定事由発生日を、診断した発病時点として平均賃金を算定すべきであるとして、原処分を取り消した事例
25労203号 [103KB] 取消 請求人の給付基礎日額について、時間外手当や深夜労働手当等を加味すべきとして、原処分を取り消した事例

却下関係

事件番号 裁決 事件概要
25労286号 [53KB] 却下 本件請求は、請求期間を徒過してなされているとして、却下した事例。

通勤災害関係

事件番号 裁決 事件概要
25労28号 [63KB] 取消 請求人の過去の足首骨折経験から転倒の危険のある階段の昇降を避けるため、平坦な別の経路を数分程度余分にかかったとしても社会通念上不合理な経路であったとはいえないとして、原処分を取り消した事例

その他

事件番号 裁決 事件概要
24労903号 [69KB] 取消 工場の製造過程において石綿ばく露作業に従事した被災者の直接死因である肺がんは業務上の事由によるものと認められるものとして、原処分を取り消した事例

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働保険審査会 > 主な裁決例 > 平成25年度労災保険関係

ページの先頭へ戻る