ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働保険審査会 > 主な裁決例 > 平成24年度労災保険関係

労働保険審査会

平成24年度労災保険関係

業務上外関係

裁決例1 [84KB]

 加工作業に従事していた被災者の自殺は、業務による心理的負荷により発病した精神障害によるものと認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例2 [88KB]

 営業職等に従事していた被災者の自殺は、業務による心理的負荷により発病した精神障害によるものと認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例3 [91KB]

 請求人に係る災害及び傷病は、業務のために出勤した際に業務として手伝ったものであり、業務遂行性が認められ、業務上の事由によるものと認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例4 [80KB]

 請求人に発病した精神障害は、業務による心理的負荷により発病したことによるものと認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例5 [88KB]

 被災者の直接死亡原因である「虚血性心疾患」は、業務上の事由による「胸髄損傷」により褥瘡を合併し、悪化したことによるものと認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例6 [70KB]

 配管工事に従事していた請求人に発症した「肺がん」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例7 [93KB]

 設計開発業務に従事していた被災者の自殺は、業務による心理的負荷により精神障害を発病したことによるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例8 [81KB]

 調理師として勤務していた被災者の死亡原因である「急性心臓死」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例9 [92KB]

 請求人に発病した精神障害は、業務上の事由によるものと認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例10 [84KB]

 営業職に従事していた被災者に発症した「心室細動」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例11 [89KB]

 鉄鋼製品製造現場で作業に従事していた請求人に発症した両眼の疾病は、業務に起因したものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例12 [96KB]

 営業職に従事していた請求人に発病した精神障害は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例13 [73KB]

 運搬作業に従事していた請求人に発症した「くも膜下出血」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例14 [93KB]

 看護職員としてデイサービス等の業務に従事していた請求人に発症した「くも膜下出血」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例15 [110KB]

 建設作業員である被災者の自殺は、業務による心理的負荷により発病した精神障害によるものと認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例16 [99KB]

 情報の収集及び分析業務等に従事していた被災者の直接死亡原因である「心室細動」は、業務上の事由によるものとは認められない「ブルガタ症候群」によるものとして、請求を棄却した事例

治ゆ認定関係

裁決例17 [91KB]

 請求人に発病した精神障害は、症状が安定し、医療効果がそれ以上期待し得ない状態にあったものと認められ、治ゆしていたものとして、請求を棄却した事例

再発認定関係

裁決例18 [87KB]

 請求人に発症した右大腿部の腫れ、痛みは、業務上の負傷による原傷病との間に相当因果関係が認められるものの、治ゆ時の症状に比べ再発痔の症状が明らかに増悪しているとは認められず、治療効果も期待できないことから、再発とは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例19 [82KB]

 請求人に発症した「右肩変形性関節症」は、業務上の事由による傷病の再発ではなく、基礎疾患が原因であるとして、請求を棄却した事例

障害認定関係

裁決例20 [82KB]

 請求人に残存する障害(腰部の神経障害、左下肢の神経障害)は、障害等級第12級に該当するとして、既存の障害等級第14級の障害補償額を差し引いて補償したのは、妥当なものであるとして、請求を棄却した事例

裁決例21 [94KB]

 請求人に残存する障害(右下肢の機能障害及び神経障害)は、障害等級第12級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例22 [76KB]

 請求人に残存する障害(右膝関節の機能障害及び神経障害)は、障害等級第8級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

給付基礎日額関係

裁決例23 [60KB]

 請求人の遺族補償給付等に係る給付基礎日額について、誤った始業時刻をもとに算定したものであるとして、原処分を取り消した事例

裁決例24 [66KB]

 請求人の休業補償給付に係る給付基礎日額について、未払いとなっている時間外労働等に対する割増賃金を加えた平均賃金相当額を給付基礎日額として支給すべきとして、原処分を取り消した事例

裁決例25 [71KB]

 請求人の休業補償給付に係る給付基礎日額について、時間外労働に対する割増賃金を算入すべき等として、原処分を取り消した事例

裁決例26 [74KB]

 夜間警備業務に従事していた請求人の仮眠時間は、労働時間とみなすことが妥当であり、給付基礎日額の算定に算入すべきとして、原処分を取り消した事例

裁決例27 [89KB]

 請求人の障害補償年金額算定のための年齢階層別最高限度額の改正を求める主張は、独自の見解にたった異議や意見であり採用できないとして、請求を棄却した事例

受給者資格関係

裁決例28 [68KB]

 遺族補償一時金及び葬祭料の支給を受けた被災者の長男については、被災者との間に生計維持関係は認められないとして、原処分の一部を取り消した事例

裁決例29 [84KB]

 遺族補償年金の受給権の消滅事由の1つである養子縁組の届出については、労災保険法第16の4第1項の趣旨等を総合的に勘案すると、当該届出によって受給資格事由を喪失したものとはならないと解するのが相当として、原処分を取り消した事例

裁決例30 [72KB]

 写真事務所の事業主であり、非常勤講師として写真関係の授業を担当していた請求人は、負傷時、自営業者としての撮影業務のため現場にいたものであり、労災保険法上の労働者とは認められないとして、請求を棄却した事例

通勤災害関係

裁決例31 [80KB]

 会社から自宅への通勤途上において、コンビニエンスストアに立ち寄った際、駐車場の縁石に乗り上げ転倒し負傷したのは、合理的な経路に復した後のものと判断できるとして、原処分を取り消した事例

裁決例32 [72KB]

 通勤途中で忘れ物に気づき自宅に戻り、自宅敷地内で転倒し負傷したのは、一般の人が自由に通行できる「住居」と「就業の場所」との間の通勤経路上の災害ではないとして、請求を棄却した事例

その他

裁決例33 [70KB]

 請求人の再審査請求について、請求期間を超過してされており、その超過したことについて正当な理由があることの疎明がないとして、請求を却下した事例

裁決例34 [56KB]

 労働者災害補償保険審査官に対する審査請求を経ていない再審査請求については、再審査請求をするための要件を満たしていない不適法なものであり、かつその性質上その欠陥を補正することができないものとして、請求を却下した事例

裁決例35 [85KB]

 請求人の休業給付について、医学的には少なくとも一定期間療養が必要と認められ、療養のため労働することができないものに該当するものと認められるとして、原処分の一部を取り消した事例

裁決例36 [84KB]

 請求人の休業補償給付について、本件負傷の程度はかなり重いものであり、骨移植を伴う偽関節手術が行われたことを勘案すると、本件請求期間については、その全日について療養のため労働することができないために賃金を受けない日と認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例37 [84KB]

 請求人に発症した傷病は、本件事故発生後4か月を経て重篤化していることが認められるところであり、本件事故との因果関係を認めることは妥当ではないとして、請求を棄却した事例

裁決例38 [84KB]

 請求人の休業補償給付について、休業を開始した時点における身体の状況は、労災保険法第14条に定める「療養のため労働することができない」には該当するものではないと認められるとして、請求を棄却した事例

裁決例39 [88KB]

 請求人の療養給付(移送費)は、転院の理由を信じるに足る客観的資料もなく、また、療養上の必要性に基づく主治医の指示等もないことから、「移送費」の支給を正当化する理由はなく、労災保険法の移送の範囲とは認められないとして、請求を棄却した事例

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働保険審査会 > 主な裁決例 > 平成24年度労災保険関係

ページの先頭へ戻る