ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働保険審査会 > 主な裁決例 > 平成23年度雇用保険関係

労働保険審査会

平成23年度雇用保険関係

裁決例1 [72KB]

 請求人の自己都合による退職は、正当な理由があることに該当し、給付制限の対象とはならないとして、原処分を取り消した事例

裁決例2 [75KB]

 育児休業給付について、請求人の休業は、「育児休業の申出に係る子について、保育所における保育の実施を希望し、申込みを行っているが、当該子が1歳に達する日後の期間について、当面その実施が行われない場合」に該当するものと判断し、原処分を取り消した事例

裁決例3 [82KB]

 請求人に支給されていた旅費交通費については、食事料や宿泊料に対する実費弁償たる色彩は極めて薄く、運行距離や追加的な労働に対応して支払われる賃金と判断されることから、基本手当日額の算定に含めるべきとして、原処分を取り消した事例

裁決例4 [63KB]

 育児休業給付について、請求人は支給要件である同一事業主の下で1年以上雇用が継続していたとみなすことができるとして、原処分を取り消した事例

裁決例5 [71KB]

 請求人が失業認定に際して虚偽の申告を行ったことは明らかであるとして、請求を棄却した事例

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 労働保険審査会 > 主な裁決例 > 平成23年度雇用保険関係

ページの先頭へ戻る