厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

平成17年度 労災保険関係

○業務上外関係

裁決例1

じん肺管理区分「管理3イ、PR2、合併症;続発性気管支炎」と決定され療養していた被災者の死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例2 

じん肺症で療養中に肺炎により死亡した被災者の死亡は、業務上の事由とは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例3 

請求人の急性腰痛症、腰部脊柱管狭窄症は、業務に起因する疾病とは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例4 

請求人の頸肩腕障害は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例5 

近距離輸送トラックの運転手が心疾患により死亡したのは、発症前に長期にわたり業務による過重負荷を受けていたためであり、業務上の事由によるものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例6 

外務営業員が「脳幹梗塞」を発病し四肢麻痺等の障害を生じたのは、長期にわたり業務による過重負荷を受けていたためであり、業務に起因したものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例7 

4トントラックの運転手が運転業務中に死亡したのは、長期間にわたる過重業務が有力原因となったためであり、業務に起因するものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例8 

業務中に発症した「心房粗動・意識障害」について、業務上の負傷が契機となったものであるが、基礎疾患もあったとして、業務上の事由による傷病に対する療養と認められる期間の部分に関して原処分の一部を取り消した事例

裁決例9 

会社の部門長が商談中「脳出血」を発症したのは、発症1か月間において業務による精神的、身体的負荷が特に過重なものであったためであり、業務に起因して発症したものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例10 

営業部長が業務中「くも膜下出血」で死亡したのは、長期間にわたる業務による過重負荷を受けていたためであり、業務上の事由によるものと認められるとして原処分を取り消した事例

裁決例11 

ダンプカーによる砂利等の運搬を業としていた特別加入者が「心筋梗塞」で死亡したのは、長期間にわたる業務による過重負荷を受けていたためであり、業務上の事由によるものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例12 

被災者の「くも膜下出血」による死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例13 

被災者の「急性大動脈解離」による死亡は、被災者の労働時間が過重であった等とは認められないため、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例14 

被災者の「不整脈」によるとされた死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例15 

請求人が作業中に脳梗塞を発症したのは、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例16 

急性心機能不全で死亡した被災者の死亡は、業務に起因するものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例17 

じん肺管理区分「管理4」の者が「うつ病」を発病して自殺したのは、業務上り患したじん肺の悪化に伴う強度の心理的負荷により、「うつ病」を発病し、その病態である希死念慮の出現によって自死したものであり、業務上の事由によるものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例18 

新商品開発等を行う研究開発室長として勤務していた労働者が「自律神経失調症、うつ状態」となったのは、給料の減額支給等が原因となったものであり、業務上の事由によるものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例19 

請求人が寮5階の非常階段から飛び降り負傷したのは、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例20 

請求人が「抑うつ状態」と診断され、さらに転医した医療機関においても「双極性気分障害」と診断されたが、この疾病は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例21 

川の中の調査業務中の労働者が、川に流されていた者を救助しようとして 溺死したのは、業務遂行性が認められ、業務上の事由による死亡であるとして原処分を取り消した事例

裁決例22 

技能職として就労していた労働者が業務中に体調不良となり死亡したのは、高温高湿での就労により熱中症を発症したためであり、業務上の事由によるものであるとして原処分を取り消した事例

○障害関係

裁決例23 

請求人に残存する視力障害(右眼矯正20cm手動弁、左眼0.15(矯正0.3))は、障害等級第8級(1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの)でなく、第7級(1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの)に該当するとして原処分を取り消した事例

裁決例24 

既存障害として左下腿(左下肢)に障害等級第14級の9の神経障害が認められている労働者が、業務上、右肩を負傷し、治癒後に右肩関節の神経障害(障害等級第14級の9)が認められる場合について、2つの障害を同一の部位に生じた障害としてみるのではなく、異なった部位に生じた個別の障害として評価すべきとして原処分を取り消した事例

裁決例25 

通勤途上災害による右肩腱板損傷の治癒後に残存する障害が、「局部に神経症状を残すもの」(障害等級第14級の9)ではなく、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」(同第12級の6)であるとして原処分を取り消した事例

裁決例26 

請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第9級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例27 

請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第10級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例28 

請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第11級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例29 

長期間トンネル工事に従事し、騒音にばく露されたため聴力に障害を受けたとする請求人に残存する障害は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○治癒認定関係

裁決例30 

治癒と認定された請求人が、その後も療養を継続し、休業補償給付の請求をしたが、治癒後の請求であるとして、請求を棄却した事例

○再発認定関係

裁決例31 

請求人の傷病は、先の傷病が再発したものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○労働者資格関係

裁決例32 

会社工事部に所属するタイル張り工が、会社の指揮監督の下で労務を提供し、その対価として賃金を得ており、労働者災害補償保険法上の労働者と認められるとして原処分の一部を取り消した事例

裁決例33 

市の事業団から会社での仕事の提供を受け、会社で就業し、事業団からその報酬として配分金の支払を受けていた事業団の会員が、実態上は就業先の会社との間に使用従属関係があり、労働者災害補償保険法上の労働者と認められるとして原処分を取り消した事例

裁決例34 

会社の協力会所属の大工が作業の具体的内容及び方法について会社から指示を受け、時間外労働に対する2割5分増しの割増賃金まで約定していたこと等からすれば、当該大工は労働者災害補償保険法上の労働者であるとして原処分を取り消した事例

裁決例35 

交通事故により負傷した会社の取締役である請求人について、労災保険法上の労働者とは認められないとして、請求を棄却した事例

○給付基礎日額関係

裁決例36 

業務上死亡した被災者の遺族補償給付に係る給付基礎日額について、実際に支払われていない時間外労働や休日労働に対する賃金も算定基礎に含めるべきとして原処分を取り消した事例

○却下関係

裁決例37 

請求人の再審査請求が請求期間を満了したとして、請求を却下した事例

○通勤災害関係

裁決例38 

退勤途中、けん銃で右臀部を撃たれ負傷した請求人の負傷は、通勤によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○その他

裁決例39 

請求人は、被災者の死亡当時、被災者の内縁の妻であり、生計維持関係もあったとして、遺族補償年金を不支給とした原処分を取り消した事例

裁決例40 

両親の離婚のために被災者と別居していた被災者の子について、被災者の死亡当時、被災者からの収入によって生計を維持しており、遺族補償年金の受給権者に該当するとして原処分を取り消した事例


トップへ