厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

平成16年度 労災保険関係

○業務上外関係

裁決例1 

じん肺管理区分「管理3ロ」(合併症続発性気管支炎)と決定され、療養中であった被災者の「悪性リンパ腫」による死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例2 

じん肺管理区分「管理3ロ」(合併症続発性気管支炎)と決定され、療養中であった被災者の死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例3

工事監督をしていた労働者が「急性心不全」で死亡したのは、長期間にわたる過重な業務によるものであり、業務に起因するものと認めることが相当であるとして原処分を取り消した事例

裁決例4

請求人の「くも膜下出血(脳動脈瘤破裂)」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例5

請求人の「脳梗塞、脳梗塞による呼吸障害、低血圧性ショック、胃潰瘍、狭心症の疑い、心房細動、肺炎」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例6

被災者の「急性心不全」による死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例7

被災者の解離性大動脈瘤破裂による死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例8

工事の現場所長が自殺したのは、工事現場での死亡事故に直接関与した状況に極めて近い状況に追い込まれたとともに、事故後1か月間相当過重な労働に従事していたためであり、業務上の事由により「うつ病エピソード」を発症して自殺したものであるとして原処分を取り消した事例

裁決例9

被災者の投身自殺による死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例10

請求人の申し立てる最終事業場での業務は、振動業務とは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例11

請求人の「顔面ヘルペス、帯状疱疹」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例12

業務中の交通事故で負傷した後に発症した「ミオクローヌス」は、当該事故に起因して再発したものであり、業務上の疾病であるとして原処分を取り消した事例

○障害関係

裁決例13

「1手の母指及び示指の用を廃し、中指を失ったもの」という用廃と亡失の組合せ障害について、用廃同士又は亡失同士の組合せ障害に変換した上で、障害等級第7級を準用するのが相当として原処分を取り消した事例

裁決例14

左上肢に残存する障害の程度について、障害等級第12級の12(労働には通常差し支えないが、時には労働に差し支える程度に疼痛がおこるもの)ではなく、同第10級の9(1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの)に該当するとして原処分を取り消した事例

裁決例15

請求人の障害の程度について、両耳に騒音性難聴があるものと認められ、その難聴に伴い著しい耳鳴が常時あるものと認められることから障害等級第12級に該当するとして、同第14級とした原処分を取り消した事例

裁決例16

ピッチ・マッチ検査及びラウドネス・バランス検査により、客観的に耳鳴の存在が評価でき、請求人に残存する障害は「著しい耳鳴が常時ある」(障害等級第12級)に該当するとして原処分を取り消した事例

裁決例17

中枢神経系の障害と認められないケースにおいて、局部に限定した神経症状が、既存障害として存していたのに加え、新たに身体上明らかに別の部位と認められる部位に局部に限定した神経症状が残存することとなった場合には、これらを同一の部位の神経障害とみるのではなく、別個の部位の神経障害とみるのが妥当であるとして原処分を取り消した事例

裁決例18

請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第10級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例19

請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第12級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例20

請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第13級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例21

請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第14級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○治癒認定関係

裁決例22

「術後のリハビリは長くても1年間の実施で十分と考えられる」として休業補償給付の支給の対象となる通院日を限定した原処分について、病院が治癒(症状固定)とした日までの通院日を対象とするのが相当であるとして、その一部を取り消した事例

裁決例23

請求人の請求は、治癒認定後の請求であるとして、請求を棄却した事例

○再発認定関係

裁決例24

請求人の傷病は、再発とは認められないとして、請求を棄却した事例

○労働者資格関係

裁決例25

就労中に強盗に襲われて負傷したシルバー人材センターの会員が就労先会社との関係において労働者災害補償保険法上の労働者であるとして原処分を取り消した事例

裁決例26

平成14年4月1日以前に一人で就業中に受傷した特別加入者について、零細企業では事業主自らが残業せざるを得ない状態にあることは理解できないことではなく、納期も迫っていたとして業務遂行性を認め、原処分を取り消した事例

裁決例27

請求人は、労災保険法上の労働者とは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例28

請求人は、労働基準法上の労働者とは認められないとして、請求を棄却した事例

○給付基礎日額関係

裁決例29

診断によって業務上の疾病の発生が確定した日について、自訴により診断した日ではなく、他覚的所見により確定したと認められる日であるとして、当該日をもって給付基礎日額を算定すべきとして原処分の一部を取り消した事例

休業補償給付の請求に係る期間中において零細な自営業を開業した場合であっても、通院日については、療養のために労働することができなかったことが認められ、休業補償給付の対象とすべきであるとして原処分の一部を取り消した事例

裁決例30

契約時、上棟時、完成時の3回に分けて支給される歩合給について、3か月を超える期間ごとに支払われる賃金に該当せず、平均賃金の算定の基礎に算入すべきとして原処分を取り消した事例

○却下決定関係

裁決例31

労働福祉事業によるアフターケアの審査請求は、保険給付に関する決定に係るものでなく、不適法なものであるとして、請求を却下した事例

○通勤災害関係

裁決例32

交際相手宅から会社へ自家用車で出勤する途中で衝突したことによる被災者の死亡は、通勤によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例33

「急性心筋梗塞による急性心不全」による被災者の死亡は、過去の通勤途上における「頚髄損傷」との間に相当因果関係が認められないとして、請求を棄却した事例

○その他

裁決例34

請求人は被災者と内縁関係にあり、遺族補償給付の受給資格者に該当するとして原処分を取り消した事例


トップへ