厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

平成15年度 労災保険関係

○業務上外関係

裁決例1

じん肺管理区分「管理3ロ」(合併症続発性気管支炎)と決定され、療養中であった被災者の死亡は、原発性肺がんによるものと認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例2

請求人が就労中に同僚から暴行を受けて負傷したのは、作業遂行の仕方をめぐって紛議を生じたことが原因であり、業務と暴行との間には相当因果関係があるとして、療養補償給付の一部を不支給とした原処分の一部を取り消した事例

裁決例3

海外派遣された請求人に発症した「熱帯熱マラリア」が、業務上の事由によるものと認められるとして、原処分を取り消した事例

裁決例4

じん肺管理区分「管理4、PR2」と決定され療養していた被災者の死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例5

じん肺管理区分「管理4」とされ療養中に「急性呼吸不全」により死亡した被災者の死亡は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例6

請求人に発症した「腰椎椎間板ヘルニア」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例7

請求人に発症した「両変形性肘関節症」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例8

バス運転手が「心筋梗塞」により死亡したのは、業務上の事由とは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例9

「うつ病」と診断された後、自宅において縊死自殺を図り死亡したのは、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例10

長期間騒音職場で作業に従事したことにより請求人に発症したとする「両感音性難聴」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例11

請求人に発症した「頸椎捻挫」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例12

請求人に発症した「両僧帽筋痛、頸部脊椎症」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例13

請求人に発症した「洞不全症候群」は、業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例14

事業場が主催したいも煮会に参加し、昼食後自由行動でゴーカートから振り落とされ、請求人が負傷したのは業務上の事由によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○障害関係

裁決例15

請求人に残存する障害(1手の母指及び示指の用を廃し、中指を失ったもの)は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第7級に該当するとして、障害等級第8級と認定した原処分を取り消した事例

裁決例16

請求人に残存する障害(臀皮神経及び大腿外側皮神経の支配領域に存在する神経症状)は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第9級に該当するとして、障害等級第12級とした原処分を取り消した事例

裁決例17

請求人に残存する障害としては障害等級第11級の脊柱の変形障害及び障害等級第4級の両下肢等の機能障害が認められ、これらを併合して障害等級第3級に該当するとして、障害等級第4級とした原処分を取り消した事例

裁決例18

請求人に残存する障害としては頸椎に係る障害等級第12級の障害及び腰椎に係る障害等級第14級の障害が認められるところ、頸部には既存障害があるが、腰椎に係る障害については別個の部位の障害とみて当該腰椎に係る障害が加重されたものと認めるのが妥当であるとして原処分を取り消した事例

裁決例19

請求人に残存する障害(左肘関節の機能障害、左上肢の神経症状等)は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級10級に該当するとして、障害等級12級と認定した原処分を取り消した事例

裁決例20

請求人に残存する障害(感音性難聴等)は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第12級に該当するとして、障害等級第14級と認定した原処分を取り消した事例

裁決例21

請求人に残存する障害(脊柱の変形障害、腰痛等の神経症状)は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第11級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例22

請求人には騒音性難聴及び耳鳴りの障害が残存するものと認められるが、その程度は労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級に該当するほどのものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例23

請求人に残存する障害(右下肢の短縮障害等)は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第13級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

裁決例24

請求人に残存する障害(左足関節の機能障害、左腓腹部ないし左足関節部の神経症状等)は、労働者災害補償保険法施行規則別表第1に定める障害等級第12級を超えるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○治癒認定関係

裁決例25

請求人の傷病は、先の傷病が再発したものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○再発認定関係

裁決例26

請求人の傷病は、旧傷病が再発したものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○労働者資格関係

裁決例27

請求人は、労災保険法上の労働者とは認められないとして、請求を棄却した事例

○給付基礎日額関係

裁決例28

原処分庁の算定した給付基礎日額は適正ではなく最低賃金不足額等を加算して給付基礎日額を算定すべきであるとして、休業補償給付の支給に関する原処分を取り消した事例

裁決書29

業務上疾病で休業中に自営にて開業した請求人の通院日は、療養のため労働することができなかったものと認められるとして、休業補償給付を支給しないとした原処分の一部を取り消した事例

○通勤災害関係

裁決例30

請求人に発症した「脳内出血」は、通勤によるものとは認められないとして、請求を棄却した事例

○その他

裁決例31

請求人は、被災者の死亡当時、被災者の内縁の妻であり、生計維持関係もあったとして、原処分を取り消した事例


トップへ