ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 生活習慣病を知ろう! > 脂質異常症ホームページへようこそ > 脂質異常症ってどんな病気?

脂質異常症ってどんな病気?


脂質異常症ってどんな病気??


脂質異常症は、血液中の脂質が増えすぎる病気なんだ
 脂質異常症というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪(代表的なものはトリグリセリド)が、多過ぎる病気のことです。「血液の中にアブラなんかあるの?」って思うかな。だけど、血液中にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質がとけこんでいるんです。
 ところが、血液中の脂肪が異常に増えても、ふつうは、痛くもかゆくもないんです。だから、自分では全然気づかないし、「脂質異常症です」といわれても、それが何を意味するのかピンとこない人が多い。それで、そのまま放置してしまうんですね。
 じゃあ、放置したらどうなるんだろう。増えた脂質がどんどん血管の内側にたまって、動脈硬化になってしまいます。ところが、動脈硬化になっても、まだ自覚症状がありません。ついには、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして、やっと脂質異常症の重大さに気づくというわけですね。
脂質異常症(放置する)→動脈硬化(放置する)→心筋梗塞・脳梗塞(放置する)→最悪の場合、死亡
中性脂肪またはコレステロールが多いタイプ、両方とも多いタイプがあるよ
 血液中にある4種類の脂質のうち、多過ぎると問題なのは、コレステロールと中性脂肪です。脂質異常症には、

(1) LDLコレステロールが多いタイプ(高LDLコレステロール血症)
(2) HDLコレステロールが低いタイプ(低HDLコレステロール血症)
(3) トリグリセライド(中性脂肪)が多いタイプ(高トリグリセライド血症)

の3タイプがあります。
 血液中のLDL(悪玉)コレステロールが多過ぎると、動脈の壁にくっついて動脈が厚く硬くなります。だから、高コレステロールが動脈硬化にとって大問題なことは明らかですね。
 中性脂肪は、それ自体は動脈硬化の原因にはなりません。だけど、中性脂肪が多いと、HDL(善玉)コレステロールが減ってLDLコレステロールが増えやすくなるんです。だから、間接的に動脈硬化の原因となります。また、中性脂肪の多い人は、あとで話す「メタボリックシンドローム」と呼ばれる危険因子をいくつも持っていることが多いんですね。
 どのタイプかによって治療も違ってくるので、お医者さんは患者さんがどのタイプかを、きちんと診断して、指導や治療を行います。
 



質問コーナー
ウサギ
Q1 脂質異常症の原因になるコレステロールや中性脂肪って、悪いものなの?
   
フクロウ博士
いいや。多過ぎることは問題だけど、コレステロールや中性脂肪自体は大事なものなんですよ。
ふつう、血液中に含まれているものは、からだになくてはならないものです。脂質も大切な栄養素で、コレステロールは細胞や細胞膜の重要な成分だし、ホルモンや胆汁酸などの材料にもなっているんです。
イノシシ
Q2 太るとお腹のまわりに増えてくるのは、中性脂肪なんですか?
   
フクロウ博士
人の体にある体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。太ももやお尻につくのは皮下脂肪が多く、太るとおなかのまわりに増えてくるのはおもに内臓脂肪です。
体脂肪は脂肪細胞がたくさん集まったもので、脂肪細胞にはあまった中性脂肪がたくわえられています。いわば非常用のエネルギーの貯蔵ですね。また脂肪細胞は、内臓のまわりについたりもします。
太ると目の敵にされる体脂肪ですが、少なすぎてもこまります。寒さや熱から身を守る断熱材や、振動や衝撃から内臓を守るクッションの役割も果たしているためです。女性の場合、ダイエットしすぎて体脂肪が極端に減ると生理が止まることもあります。





厚生労働省トップへ   生活習慣を知ろう!へ

脂質異常症ってどんな病気? 脂質異常症の人って多いの? 脂質異常症は何がこわいの? 脂質異常症を防ぐ食事
脂質異常症を防ぐ日常生活 脂質異常症は検査で発見 脂質異常症の治療法 リンク

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 生活習慣病を知ろう! > 脂質異常症ホームページへようこそ > 脂質異常症ってどんな病気?

ページの先頭へ戻る